【1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド Vol.2】

 日本で1980年代に大流行した「ピラーレス4ドアハードトップ」。4ドアボディながらセンターピラーを省き、美しいフォルムと開放感のあるキャビンを実現したスタイリングだ。トヨタが1985年に発表したカリーナED(以下ED)も、スタイリッシュなデザインで男性のみならず女性からも非常に人気が高かった。

【1】から続く

 ただ、全高の低さは居住空間に直結する。前述した通り、EDは量産4ドア車で最も低い全高だ。

 当然、一般的な4ドアセダンより室内は狭く、利便性も劣る。しかし、バブルに沸く当時は室内の広さや使い勝手うんぬんよりも、流麗なフォルムや斬新なコンセプトがユーザーに注目され、受け入れられた。

エレガントさとスポーティーさを高次元でバランスさせた室内空間など【写真17枚】

 このように、スタイリッシュなデザインやラグジュアリーテイストなど、デートカーに必要な要素をふんだんに持ち合わせていたEDだが、適度なスポーティー感を取り入れていたことにも注目したい。

 室内は6連メーターやバケットタイプシートなど、走りを意識させるアイテムを装備。エンジンも、1.8L SOHCのほか、セリカやコロナなどにも採用された2LDOHCのスポーツユニット3S‐GE型を搭載するなど、クルマ本来の楽しみが味わえることも、多くのファンに愛された理由のひとつだろう。


1987年式 トヨタ カリーナED Gリミテッド(ST162)
SPECIFICATIONS 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4475×1690×1310
ホイールベース(mm) 2525
トレッド前/後(mm) 1465/1455
車両重量(kg) 1160
エンジン型式 3S-GELU型
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1998
ボア×ストローク(mm) 86.0×86.0
圧縮比 9.2:1
最高出力(ps/rpm) 160/6400
最大トルク(kg-m/rpm) 19.0/4800
変速比 1速2.810/2速1.549/3速1.000/
4速0.706/後退2.296
最終減速比 3.731
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション ストラット(前後とも)
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 195/60R14(前後とも)
発売当時価格 215.0万円



【3】に続く