【GREAT RACE 2015 cross THE AMERICAN Six STATES Vol.2】

グレートレース2015に参戦、9日間で4000kmを駆け抜ける!  
6月20日から9日間にわたってアメリカで開催されたクラシックカーイベント「グレートレース2015」。
名古屋と東京にショールームを持つ中古車専門店「ビンゴスポーツ」から、スカイライン2000 GT-Rが参戦。
ナビゲーターとしてこのGT-Rに乗り込んだ自動車ライターの西川 淳さんに、レースのリポートをお願いした。

【1】から続く
ハコスカGT-Rでアメリカ大陸を走破 〜第2回〜  そんなこんなで、今年の6月半ば、1969年式KGC10スカイライン2000GT-Rと武井社長(ドライバー)、そして筆者(ナビゲーター)は、ビンゴレーシングのスタッフを伴って、ミズーリ州セントルイス郊外の街・カークウッドでスタートの日を迎えたというわけだ。

日本から参加した、フェアレディZ432、SR311ダットサン2000、510ブルーバード1600SSS、トヨタ2000GT後期型等、8台の国産旧車など【写真21枚】

 参加資格があるのは、1972年以前に製造されたクラシックカー。今年は総勢130台がカークウッドに集まった。ミズーリ州をスタートし、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州を抜け、ゴールのカリフォルニア州サンタモニカまで、なんと約4000kmもの道のりを9日間かけて走破するという雄大さである。

 もちろん、ラリーというからには競技もあって、いわゆるレギュラリティーランが1日、5〜7ステージ用意される。そのルールは至ってシンプル。コマ図で指定された速度で目印(たいていは道路標識や看板)と目印の間をいかに正確に走り切るか、を競う。頼るは、コマ図と公式マイル速度計とアナログ時計のみ(カーナビやスマホなどの電子機器は一切禁止)。発進や停止、カーブなどにおける加減速を考慮に入れつつ、指定された速度(25〜50mph)で走る、ただし、次の目印が出てくるまで何マイルあるか、そしていつ計測チェックされるかは分からない、という仕掛け。とてもシンプルだけれども、ハマるとのめりこんでしまうルールだ。



【3】に続く