ウワサのTC24をソレックス3連キャブとともに240ZGに! そう聞けば、カリカリのチューニングモデルを連想しがちだが、なんとクーラーとパワステまで付いたコンフォート仕様というから、逆に驚きだ。美しいGノーズ付きのボディを優雅に走らせるための武器としてTC24-B1Zを選ぶ。そんな新たなるL型ツインカムの楽しみ方を大公開! 


【1972年式 日産 フェアレディ 240ZG Vol.1】

TC24-B1Z搭載車第2弾はクーラー付き!?   数年前からL型チューニング業界をザワつかせている、OS技研発の「TC24-B1Z」。なにせ、メーカーですら手を出さなかったL型6気筒用のツインカムヘッドとして、1980年にデビューした幻のヘッド「TC24-B1」の現代版なのだから、L型愛好家ならば気にならないワケがない。


▶▶【画像20枚】クロスフローになるため、通常とは逆サイドにソレックス50PHHが並ぶエンジンなど


 OS技研が所有する試作&テスト用のデモカー以外で、TC24-B1Zを搭載したのは、「プロショップ ナカガワ」が製作したMOTEC+ダイレクトイグニッション採用のイマドキなチューニングメニューを投入したハコスカ(本誌VOL・006で紹介)。そして、今回紹介するのは国内では2番目の車両。しかも、ソレックスキャブを使ったS30Zだ。




【2】【3】に続く