ウワサのTC24をソレックス3連キャブとともに240ZGに! そう聞けば、カリカリのチューニングモデルを連想しがちだが、なんとクーラーとパワステまで付いたコンフォート仕様というから、逆に驚きだ。美しいGノーズ付きのボディを優雅に走らせるための武器としてTC24-B1Zを選ぶ。そんな新たなるL型ツインカムの楽しみ方を大公開! 


【1972年式 日産 フェアレディ 240ZG Vol.2】

【1】から続く

 クルマの解説に入る前に、元祖「TC24-B1」と、新型「TC24-B1Z」の違いについて軽くおさらいする。基本的には、元祖も新TC24も同じヘッドといえる。ただし、新TC24では各部の設計が見直されており、元祖では弱点とされたブラケット式のカムホルダーとバルブ周辺のオイル潤滑が対策された。カムホルダーをキャップ式にすることでコンパクト化、メンテナンス性の向上、フリクションロスの軽減を生み出すことに成功。オイル潤滑についても、カムからのオイル給油をやめ、ロッカーシャフトとロッカーアームからの給油に変更し、高回転域での焼き付き防止の対策が施されているのだ。


▶▶【画像20枚】油温の管理も重要なポイント。Gノーズの内側に装着された13段のオイルクーラーなど


 また、「1万回転!」を目標とするOS技研・岡崎匡治会長の意をくんで、カム駆動方式もダブルチェーンから高回転時に安定性をもたらすギアトレーン方式を採用。バルブ調整も、バルブステム上に位置するシムの交換でできるようになり、ロッカーアームの先端で調整していた元祖と比べて慣性重量が減り、高回転型ヘッドらしい仕様へ変ぼうしている。




【3】に続く