12月5日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、俳優の村田充との離婚を発表した女優の神田沙也加の話題となった。

 NEWSの小山慶一郎は、自身は結婚をしていないので、本当の気持ちはわからないとしながらも「結婚を決めた時に描く未来と、した後に見えてくる未来が変わってくるのではないか」と背景を察した。これには、ネット上では「確かに理想と現実は違うものな」「すれ違いを埋めるって手段もあるけど、それができなくなる段階もありそう」といった声が聞かれた。独身アピールの小山に、お姉タレントのナジャ・グランディーバが「私との結婚は?」と問いかけると、小山が軽くあしらい、笑いを誘っていた。

 また、橋本マナミも「女性は出産とかになると仕事を休まないといけなくなる。神田さんは『アナ雪』とかで仕事を忙しくされていたので、タイミングが違ったのかなと思いますね」とコメントした。これには、ネット上で「確かにこの2人って別に不仲になったわけでもなさそうなんだな」「やっぱりタイミングっていうのは大事なのかも」といった声が聞かれた。

 橋本が指摘するように、神田沙也加は、テレビドラマや映画の出演ばかりではなく、近年では舞台活動にも力を入れている。ミュージカルの『アナと雪の女王』にも断続的に出ている。さらに、2017年度には、優れた演劇作品と役者に贈られる菊田一夫演劇賞を「キューティ・ブロンド」で受賞している。本業は舞台役者とも言えるだろう。やはり、彼女の中には家庭より仕事といった思いがあったのかもしれない。

 橋本は先ごろ結婚を発表した新婚タレントとして知られているが、結婚にあたっては「女優OK、グラビアOK、朝の見送りなし」の三条件を確認している。神田の件を見ると、芸能人の結婚には、こうした確認が必要なのかもしれないとも感じさせるのは、確かだろう。