アンタッチャブルの山崎弘也と柴田英嗣が2日、『太田伯山(お願い!ランキング)』(テレビ朝日系)に出演。コンビの今後について聞かれ、山崎が思わず本音を漏らす場面があった。

 >>10年ぶりの復活でも外れなし、アンタッチャブル快進撃の理由<<

 爆笑問題・太田光と講談師・神田伯山がゲストの悩みを深堀りする同番組。女性問題などが週刊誌に報じられ、山崎とのコンビ活動を10年ほど休止していた柴田だが、神田に「山崎さんがピンでガーっていったとき、どういう気持ちだったの」と聞かれると「でしょうね、でした。山崎を見て家で笑ってました、ゲラゲラ(と)」と返答。そんな柴田の答えを聞き、太田は「(柴田は)そういう人なんだよ、何の裏もないんだよ。いやらしい部分がゼロ」と納得していた。

 そして話がアンタッチャブルの今後の展望に及ぶと、爆笑問題の田中裕二が「ラジオは芸人の精神衛生上いい」という理由でラジオ番組に出るよう提案。田中によると、コンビだとラジオを通じてコンビ間の言いたいことを本音で言えるそうで、爆笑問題もラジオを通して言い合うことがあるという。

 しかしその提案を聞いた山崎は「ただね、ラジオをやりたい反面、急にいなくなられる恐怖もまだ残ってるんだよね」と一言。柴田が活動休止したことがトラウマになっているかのようで、「大変なんですよ」と思わず本音を漏らしていた。山崎の本音を聞いた柴田は苦笑いしながら「すみません!」と答えるしかなく、そんなアンタッチャブルの2人のやりとりを見て、共演者らは笑っていた。

 普段、おふざけキャラであまり本音を話すことがない山崎の思わぬ本音を聞き、ネット上では「ザキさんがもどかしい」「ザキヤマがちゃんと喋ってるの見るの、割と貴重で嬉しい」「急にいなくなっちゃう柴田さん笑」「大丈夫! 怖いかもしれないけれど、隣には相棒がいるよ! 柴田さんという相棒がちゃんといるから」といった声が挙がっていた。

 思わず漏らした山崎の本音を耳にし、さらにアンタッチャブルを応援したくなった人も多いだろう。