タレントの伊集院光の発言が話題だ。3月8日深夜放送の『伊集院光深夜の馬鹿力』(TBS系)内で、昼間の帯番組『伊集院光とらじおと』(同)で起こった事件を赤裸々に語ったのだ。

 昼間の番組には多くのスタッフが関わっており、あるスタッフの仕事の質が伊集院の満足しないものだった。だが、良いところを探そうと褒めるLINEメッセージを送ったところ、「今日はムチきつかった分、アメが甘いっす」というスクリーンショット画像が送られてきた。どうやらスタッフの間で、伊集院の悪口を言い合う裏アカウント的なLINEグループがあるようで、その内容が“誤爆”されたようだ。

 伊集院はこのエピソードを、笑いを交えながらも微に入り細に入り語った。もちろん、タレントの悪口を裏で共有しているスタッフも悪いが、それをラジオで公開処刑のように披露する伊集院に、ネット上では「もう少し大人になれないものか」「これは聴いていてキツイ」といった声が聞かれた。

 だが、伊集院は元々自他ともに認める気難しい神経質な気質の持ち主と言える。それが端的に現れたのが、講談師の神田伯山(当時・神田松之丞)との共演NGエピソードだろう。雑誌の対談で顔を合わせた二人だが、その場でオフレコ的に出た、伊集院の番組の構成作家の男性に関する話を、神田がラジオ番組で披露してしまったため、伊集院が「ルール違反」と怒りを示したのだ。さらに、「(神田が)“伊集院さんに憧れてます”っていうスタイルで組んでくるんですけど、こんなもん俺の損しかないです」と共演NGを通達している。

 ​>>伊集院光「100ワニ」炎上に同情?“作られたブーム”の実体験、アイドルプロジェクトの真相を語る<<​​​

 伊集院はラジオ番組に関しては、事前の打ち合わせやリサーチを徹底して詰める。田中裕二の代打で『爆笑問題の日曜サンデー』(同)出演時も、何の打ち合わせもなかったと苦言を示していた。太田光はそんな伊集院を「神経質なデブ」と呼んでいた。

 このほか、伊集院はテレビ・昼ラジオの出演を「白伊集院」、対して深夜ラジオを「黒伊集院」と自負している。テレビ・昼ラジオの伊集院しか知らないファンが近づくと冷たい態度を取るという。

 もちろん、これが伊集院の味と言えるが、すでにベテランの域に達している存在なのは確かであり、気難しすぎるのも考えものだろう。