6月15日放送の『デカ盛りハンター』(テレビ東京系)に出演した元SKE48のメンバー・松井珠理奈の「空気を読めていない」行動に非難が相次いだ。

 番組中盤に「総重量で勝負!大食いドリームマッチ」と題して、もえあず(もえのあずき)率いる大食い美女ハンター軍団と、現役大相撲力士が対決した。

 勝負はチームの3人が順番にファミレスチェーンの「華屋与兵衛」で1人30分間、好きなものを注文
する形式。3人の食べたものの重さを合計して勝敗を決めた。

 松井は美女ハンター軍団に加わり、トップバッターとして参戦。松井は大食いロケは未経験というが「食べる量には自信がある」とした。

 だが、対戦相手の力士・大奄美関がうどん、ネギトロ丼など炭水化物5種類を一気に注文した一方、松井はあまり今回の大食いルールを把握していなかったのか、最初のオーダーはうどん、味噌汁、ミニサラダ。通常の食事メニューと何ら変わらなかった。

 >>『水ダウ』出演の大食いアナに「やる気なさすぎ」全然食べず批判相次ぐ スタジオでも触れられず?<<

 松井がサラダと味噌汁を頼んだ理由を「お腹に優しくて消化にいいから」と語り、食べ終わった後は、チョコレートパフェに枝豆、さつま揚げ、イカゲソ揚げと少量のものしか頼まず。結果的に力士チームに大差をつけられる結果となった。

 松井は途中まで「まだ食べられる」「まだ腹三分目くらい」「おつまみ大好き」と述べていたが、明らかにチームの足を引っ張る形に。モニターから戦況を見つめた三四郎の小宮浩信は「重量勝負に枝豆はないって!」と声をあげたほか、ネットでも「普通の食事じゃん」「何しに来たの?」「重量を競う勝負なのに枝豆とかミニサラダとか意味不明」といった声が相次いだ。

 松井は大食いキャラではなく、過度な期待は禁物だ。だが終始余裕のありそうな表情を見せておきながら、さほど重量のあるものを食べていなかった。また松井の対戦相手・大奄美関は「ミニ白玉あずき」を連続して食べるなど超人的な食べっぷりを見せていた。松井も助っ人で入るなら、多少の無茶は必要だったのかもしれない。

 SKE48卒業後、ピンではあまりパッとしない松井。大食いキャラ転向は無理がありそうだ。