関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子が7月28日、横浜アリーナでライブを開催し、11月12日にCDデビューすることが発表された。

 各スポーツ紙によると、所属レーベルは嵐らも所属するジェイ・ストーム。ジャニーズ事務所のグループのデビューは、2020年1月22日のSixTONESとSnow Man以来、1年10カ月ぶりとなる。

 同グループはいずれも関西ジャニーズJr.の人気メンバーである西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也で構成。先輩にあたる関ジャニ∞の大倉忠義がプロデューサーを担当している。

 ​>>日曜昼にジャニーズ番組が増えたワケ 裏側にはあの人気番組の影響か<<​​​

 Jr.ながらその人気はすさまじく、19年8月に大阪・あべのハルカスから行うはずだった日本テレビ系「24時間テレビ」の中継はファン殺到により中止になっていた。

 「最近、音楽番組に出演した際の扱いはほかのJr.のグループとは別格。そのためCDデビューは近いと言われていた。同グループのデビューが晴れて決まったことで、以前から退所のうわさが流れていた大倉も事務所に残って全力でプロデュースを手掛けることになるだろう」(芸能記者)

 ジャニーズは滝沢秀明副社長が陣頭指揮をとってJr.の各グループの売り出しに力を入れているが、その体制になってからのCDデビューは3組目。そこで気になるのが、次にCDデビューを果たすグループだ。

 「現在、関東のJr.が2組、関西が1組デビュー。釣り合いを持たせるためにも、次のデビューは関西では。そうなると、事務所がプッシュしているAぇ! groupのデビューが有力視される。とはいえ、圧倒的に関東のグループが多いので、先に関東となれば、美 少年あたりが来るのでは」(音楽業界関係者)

 デビューしていないグループのファンたちの期待が高まっているはずだ。