女優の松下奈緒が、11月11日放送のテレビ朝日系木曜ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第5話にゲスト出演することを、各メディアが報じた。

 女優の米倉涼子が主演を務める大ヒットドラマの第7シリーズ。今作では、フリーランス外科医・大門未知子が、100年に一度のパンデミックで新局面を迎えた大学病院「東帝大学病院」を舞台に新たな戦いへと身を投じる姿を描いている。

 第5話では、松下演じる「ナース版・大門未知子」とも言えるフリーランスのスーパー看護師・那須田灯が未知子の前に出現。

 ​>>米倉涼子『ドクターX』枠の後の松本潤主演ドラマ、妻役に思惑? 代表作となるか<<​​​

 灯は、看護師としての腕は超一流で、過去に一緒にオペをした未知子も一目置く存在。「ドクターX」ならぬ「ナースX」とも言える謎多き灯は、愛想が悪く、患者以外の人間に対しては態度も横柄。

 そんな灯が突然「東帝大学病院」に雇われることになるが、彼女がオペ看を務め、アメリカ仕込みのスーパー脳外科医・興梠広(要潤)が執刀したオペで、なぜか手術ミスが発覚。それがきっかけとなり、未知子と灯が真っ向から激突してしまう設定だという。

 米倉と初共演した松下は、「大門先生と最初に会ったときは、本当に感激しました!米倉さんは本当にきれいでカッコよくて、お優しくて…!しかも、すごくチャーミングな方なので、撮影合間のおしゃべりも楽しいです」とコメントを寄せている。

 「松下といえば、デビュー時から、主演かヒロインクラスの役柄しか受けなかった。にもかかわらず、ここにきていきなりゲスト出演を快諾。かなりキャラの濃い役柄だけに、今後も再登場することがあるのでは」(芸能記者)

 たしかに直近の松下の主演ドラマは、昨年1月期のフジテレビ系「アライブ がん専門医のカルテ」で、全11話の平均世帯視聴率は7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 しばらく主演ドラマのオファーはなさそうで、売り方を変えたのも納得だ。