5月24日に放送された、日本テレビ系のバラエティ番組『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』でのスタッフの「謎演出」が話題になっている。

 この日の『オモウマい店』は、青森県内で営業している大盛りのマグロ丼が名物のお店を紹介。この店主はサービス精神旺盛で、店を訪れる人に過剰なほどにお土産を渡す癖があり、それは取材に来た『オモウマい店』のスタッフ陣も同様で、青森の名産品の缶詰のほか、軽食用のおにぎりや弁当、団子、まんじゅうに野菜など、スタッフ全員が食べきれないほどのお土産を渡してくれていた。

 ​>>『オモウマい店』ゲスト小倉優子に「もう呼ばないでほしい」厳しい声 山形県民を敵に回す?<<​​​

 さらに、翌朝には「朝ごはん」として、中型のダンボール箱一箱分の大量の鳥の手羽先を持たせてくれたのだ。

 青森の滞在先へ戻ったスタッフは、さっそく店主のくれた手羽先を朝食代わりに食べ始めたのだが、ここで番組は「まさか」の展開となる。

 なんと、無言で手羽先を食べ続ける男性スタッフのVTRが、およそ4分間に渡りノーカットで放送されたのだ。

 男性スタッフは、手羽先を口に入れ器用に骨を外すなどの小技を見せていたが、所詮は男性の食事風景であり、これにはスタジオでVTRを見ていたヒロミやバイきんぐ・小峠英二も「誰に向けて流してんだよ」「なんだよコレ!」と延々と流れる手羽先の咀嚼シーンへツッコミを行っていた。

 このような「謎演出」は、『オモウマい店』ではよく放送されており、ネットでは「ツッコミしかなくて笑う」「手羽先に尺取りすぎろ」「何故、手羽先を食べるだけの映像を見させられているんだ?」といった番組ファンの声が多く上がった。

 だが、その一方、男性が手羽先の骨をしゃぶるVTRを4分近くも見させられた事に嫌悪感を示す視聴者もいて、「気持ちが悪い」「思わずチャンネルを変えてしまった」「単に面白くない」「バカにしている」「放送事故だろ」といった怒りの声が上がり、この「手羽先」の演出には賛否あったようだ。

 番組としては、手羽先の本場・愛知県の中京テレビスタッフの手際の良い「手羽先の食べ方」をプッシュしたのかもしれないが、残念ながら万人には伝わる演出ではなかったようだ。