7月4日放送のフジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』に出演した新山千春の発言が話題になっている。

 この日、新山は娘のタレント・もあと一緒に出演。先日、マッチングアプリで出会った14歳年下の恋人との仲を語った。

 新山は1カ月限定でマッチングアプリに登録。最初に出会ったのが今の恋人だったと明かした。交際当初は恋人がサンフランシスコに住んでいる関係から、新山がアメリカまで会いに行ったこともあったという。

 ​>>ひっそりと女優デビューしていた大物女優のまな娘 過去にもバラエティ番組に出演<<​​​

 再婚については「(高校生になる)娘が幸せになることが私の中で一番大事なこと」と言いつつも「女性として今の男性が大事なので幸せになりたいな、という気持ちもある」と、複雑な心境を口にした。

 また、将来的には交際男性との間に子どもを授かりたいという願望もあるようだ。新山は「いつかは子どもも産めたらいいな」としながらも「娘が妹弟を拒むなら絶対に産みたくない」という気持ちもあるとした。

 一方、娘のもあは既に精神的には自立しているといい「その気遣いが逆に負担になるくらい…(気遣いは)いらないよって思う」と母・新山を応援し続けると誓った。

 このやりとりに対しネットでは賛否が分かれていた。「良い娘さんだね」「娘さんが精神的に独立してて凄い」と、もあを称える声が続出していた。

 一方、新山の「いつかは子どもも産めたらいいな」という発言には、「両親が離婚した娘さんの前にキツい話だろ」「ちょっと浮かれすぎじゃない?」「娘が拒むなら産みたくないって、それを目の前で言うの?」「高校生の娘にそれを聞くのは重すぎる」と、テレビのバラエティ番組で娘に決断を求めるのは気の毒だと考える視聴者の声もあった。

 「子どもを産みたい」とカミングアウトをした新山の決断は立派だが、本当に娘のためを考えるのであれば、娘は同席しない方が良かったのではないだろうか……。