元V6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦のユニット「20th Century(トニセン)」が14年ぶりの全国ツアーを開催することを、各スポーツ紙が報じた。

 各紙によると、来年1月16日のビルボードライブ東京公演を皮切りに、6都市で計21公演を開催。サブタイトルは「僕たち 20th Centuryです!」で、改めて自己紹介を含め、トニセンの魅力を伝えるツアーになるという。

 ​>>タッキー、キンプリ退所にコメントの東山、社長就任には厳しい条件があった?<<​​​

 昨年11月のV6解散以来、ユニット初のツアー。ビルボードライブ東京での有観客公演はジャニーズ初。12月19日にはツアーに先駆け「ツラいチャプター」、「メイプルと君と」の新曲2曲も配信リリースする。

 滝沢秀明氏の後任として「ジャニーズアイランド」の新社長に就任し、個人でも新たな門出を迎えた井ノ原は、「原点に戻り、自己紹介のつもりで全国まわります。仲間たちと思いっきり楽しむつもりです」とコメントしているが、トニセンの始動により、かなり多忙な日々を送ることになりそうだ。

 「まず、社長として来年1月のジャニーズJr.の公演を仕切ることになる。MCとしてテレビ東京系の『出没!アド街ック天国』の収録をこなし、俳優として来春にテレビ朝日系の主演を務めるドラマシリーズ『特捜9』の新シーズンの撮影に入ることになる。そして、トニセンの活動で異例の四刀流でやっていくことになってしまった」(芸能記者)

 滝沢氏の後任を務めることになったのは、複雑な社内事情も関係しているようだ。
 「同年代か先輩で適任者がほかにいなかったので、とりあえず〝中継ぎ〟の就任。とはいえ、実質的には本体・ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子氏が指揮を執り、少年隊の東山紀之と堂本光一がサポートするので、井ノ原はあまりやることがないのでは。なので、トニセンのツアーの準備をする時間もある」(音楽業界関係者)

 イノッチ社長が忙し過ぎてパンクすることはなさそうだ。