ダレノガレ、芸能人の薬物検査「事務所側がやるべき」 自身も率先して検査を宣言し称賛の声

ダレノガレ、芸能人の薬物検査「事務所側がやるべき」 自身も率先して検査を宣言し称賛の声

 タレントのダレノガレ明美が自身の所属する事務所に、所属タレントへの薬物検査を実施するよう掛け合ったと明かし、称賛を集めている。

 事の発端となったのは、合成麻薬MDMAを所持していたとして女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕された翌17日のタレント・JOYのツイート。沢尻の逮捕以前にも、電気グルーヴのピエール瀧がコカイン使用の容疑で逮捕されたり、KAT-TUNの元メンバーの田口淳之介が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたりしていたが、JOYはこの状況について、「これだけ芸能人の薬物逮捕が多いなら半年なり1年に一度の薬物検査のルールを設けたらいいのに。抜き打ちでもいいですし」と、薬物検査の必要性について言及した。

 ダレノガレは同日、このツイートを引用し、「事務所側がやるべきだと思う!」と同意。「頭髪検査をしっかりして番組、ドラマ、関係者のみなさんに迷惑がかからないようにするべき!」「何もしてない私達までが薬物どうせお前らもやってるだろ!って思われるのが本当に悔しい」と芸能人に対する偏見を解くためにも検査が必要だとしていたが、19日になって「事務所に所属している方すべてを検査しましょう!っと話しました!」と実際に事務所に掛け合ったと報告。まず、後輩に姿勢を示すためにもまずダレノガレ自身が検査を受けるといい、「一部の事務所では昔からやってるみたいですね!やっぱりやったほうが安心できる」とコメントしていた。

 この発言に対し、ダレノガレのツイッターの元には、「素晴らしいですね!」「いい取り組みだと思います!」「タレントと事務所との信頼が生まれますね」といった称賛の声が多く集まっていた。

 「もともと、ダレノガレは沢尻逮捕直後に『エリカ様…』『お会いした事ないですが、1リットルの涙から大好き女優さんです!』とツイートし、『自分の立場考えて』『同じ芸能人なんだから軽率な発言はやめたほうがいい』と苦言を集めていました。それだけに、自ら行動を起こし、率先して検査を受けるという姿勢には感心の声が寄せられ、一転して好感度を上げた形となりました」(芸能ライター)

 ダレノガレのこの呼びかけをきっかけに、業界全体の薬物への意識は変わるだろうか。期待が集まる。

記事内の引用について
ダレノガレ明美公式ツイッターより https://twitter.com/The_Darenogare


関連記事

リアルライブの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る