風間俊介、大河出演で独立説? 異色のジャニーズのスタンス確立を導いた人物は

風間俊介、大河出演で独立説? 異色のジャニーズのスタンス確立を導いた人物は

 来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の追加キャストが発表され、話題となっている。メンバーは尾野真千子、向井理、風間俊介、伊吹吾郎の4名。中でも注目なのは、徳川家康を演じる風間だろう。

 風間と言えば、ジャニーズ事務所所属ながら、いわゆる「歌って踊れる」アイドルグループを経ていない点にある。1999年放送の『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)で、心に闇を抱える裏表のある生徒役が話題となり、以降はドラマや映画出演を主に、俳優業として活動してきた。さらに、2018年10月からは『ZIP!』(日本テレビ系)の月曜パーソナリティーを務めるなど、MCとしての活動にも力を入れている。これは、元TOKIOの山口達也氏の実質的な後任枠であり、やんちゃな山口氏に対して、安定したイメージのある風間が選ばれたのだろう。

 実際に風間は、女性ファンへ配慮してか、結婚や恋愛の話に関しては実質的にタブー視する空気があるジャニーズタレントの中で、早くから既婚者を公言し、最近では子持ちの報道も出ている。

 そんな風間のジャニーズタレントらしからぬ独自のスタンスを築き上げた人物こそ、先日亡くなったジャニー喜多川さんだった。

 「歌の活動をメインとしないジャニーズタレントと言えば、風間のほかにも、生田斗真、山下智久などがいますが、これに長谷川純を加えたユニット『Four Tops』がかつて存在していました。これはジャニーさんの意向で、それぞれの分野で頑張って欲しいメンバーを集めたものです。風間の俳優をメインとする活動は、ジャニーさんの中にあったプランだったとも言えるでしょう」(芸能関係者)

 当然ながら風間は、ジャニーズ事務所の中においては「ジャニーさん派」に括られていたと言える。今回の大河出演で、より俳優としての貫禄が高まることは間違いない。今後は新たな活動を模索するため、ジャニーズ事務所を飛び出す選択肢もありそうだ。TOKIOの長瀬智也ほか退所が噂されるメンバーに、風間が続く可能性もあるかもしれない。


関連記事

リアルライブの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索