“右打者キラー”の阪神・藤浪に突きつけられたラストチャンスとは

“右打者キラー”の阪神・藤浪に突きつけられたラストチャンスとは

 今年もダメか…。復活を目指す藤浪晋太郎(24)が3月12日のオープン戦(対中日)に先発登板したが、矢野燿大監督(50)をガッカリさせてしまった。

 4イニングを投げ、被安打ゼロ、失点1(自責ゼロ)。数字だけを見れば、「好投」ということになるが、四死球4、暴投2。71球も投じる不甲斐なさだった。その後、藤浪の二軍降格が決定している。

 しかし、今回の二軍落ちはこれまでとは、中身がちょっと違うようだ。

 「これまでの二軍調整には『お目付け役』みたいな人がついていたんです。二軍コーチの誰かが付き、制球難克服のためのアドバイスもしてきたんですが、今回は、基本的に一人でやることになりそう」(球界関係者)

 昨季までは、藤浪のお目付け役の中に矢野監督も入っていた。二軍指揮官として、彼が目指す方向などを聞いていた。また、捕手出身の指揮官としても、「藤浪の魅力はスピードボール。真っすぐ中心の投球を続けるべき」などの助言も送っていたそうだ。

 今回、二軍調整の期間は無期限。完全復活するまで昇格はないという。本人が「トコトンまでやってみたい」と矢野監督に直訴したそうだが、“お一人サマ”の調整で本当に復活できるのかどうか、疑問だ。

 投手出身のプロ野球解説者がこう言う。

 「前回のオープン戦登板(3月2日)での藤浪は投球内容も良かった。でも、キャンプ終盤で投球フォームをスリークオーターに変えました。こんな時期にやる? 2日時点ではスリークオーターで結果を出したとか、前向きな報道がありましたが、12日の自滅は予見されていました。迷っているから、キャンプ終盤になって投球フォームを変えるんです」

 それを裏付けるような証言もある。12日、中日は「全員左バッター」という変則打線で臨んでいる。中日の与田剛監督らは「藤浪対策」と言っていたが、さらに詳しく聞くと、

 「だって、ぶつけられたら、大変でしょ? 開幕戦は今月の29日。こんな時期にぶつけられて怪我でもさせられたら…」

 と、返ってきた。藤浪は右バッターにぶつけてしまうことが多い。“付焼き刀”の不安定な新投球フォームの巻き添えを食らったら、たまったものではないと、中日サイドは見ていたわけだ。

 今後の藤浪について、こんな声も聞かれた。

 「ナンヤカンヤ言っても、ドラフト1位で指名した選手。チームの看板選手である以上、無下にはできません」(在阪記者)

 一部メディアにあるトレード放出は考えにくいというわけだ。

 とはいえ、「お一人サマ」で投球フォームのことを考え、練習して復活できるのだろうか。まあ、二軍の他選手が練習パートナーを務めてくれるだろうが、復活までかなりの時間を要するはず。

 「復活のめどがつかなければ、経営陣、編成部も『今後のこと』を考え始めると思います。ドラフト1位の看板選手を育てられないのは、球団の恥です」(前出・プロ野球解説者)

 ひょっとしたら、藤浪は球団のメンツに縛られ、永遠の二軍暮らしなんてことにならないか? 藤浪の今回の二軍降格は、プロ野球人生を大きく左右するものになりそうだ。(スポーツライター・飯山満)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

リアルライブの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索