15日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、関口宏の江川卓氏に対する発言に一部から批判が上がった。

 番組は11日の福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ戦で、ソフトバンクの東浜巨投手が史上84人目となるノーヒットノーランを達成した様子を紹介し、江川氏に見解を求める。

 >>『サンデーモーニング』関口宏の発言が物議「よくわかりません」達川光男氏の解説に不満?<<

 江川氏は「今、落ちるボールが非常に主流なんですね。ですからバッターとしては、落ちてくるボールが多くなってくるので、早めに打ちたいっていうことになるんですね。早めに打つことによって、ピッチャーの自分のペースになりやすいっていうことが起こるので、こういうことが重なって起きるっていう可能性がちょっとあるんですね」と分析した。

 話を聞いた関口は「ピッチャーが良い年だなと思いますが」と話した後、「江川さんは高校時代、学生時代はすごい記録を出しているのに、プロ野球では完全試合もノーヒットノーランもない。それはなぜなんですか」と質問する。

 困惑気味な江川氏は「えーっと、なぜなんだって。レベルが上がったからできなくなったんだと思いますけど」と笑う。関口が「そうなのかなあ」とつぶやくと、江川氏は現役時代に「主力打者以外には手を抜いている」と批判されたこともあってか、「学生の時はシステムが違うので、勝ち点制で2つ先発したらリリーフをしなければいけないので、全力で投げてっていうわけにはいかないんですよね。それを覚えちゃったからだと思いますね」と話した。

 関口はゴルフの話題でも、江川氏に「一時イップスになってたよね。イップスってクラブが振れなくなるんですよ。僕それを見ているんですよ。上がるけど下りないんだよね。気の毒だったけど笑いました。江川さんがそんなことになるんだ」と話し、即CMに入る場面もあった。

 江川氏への振る舞いに、一部視聴者からは「ちょっと失礼すぎないか」「完全試合やノーヒットノーランなんて経験者の方が珍しい。もっと勉強をして」「わざわざ出てくれたゲストになんてことを」「イップスを笑うなんて」「イップスは心の病気が体に現れるもの。笑うのは失礼だよ」と疑問や批判の声が上がる。

 一方で、先週も達川光男氏に同様の振る舞いを見せていただけに、「これが関口流の司会でしょ。騒ぐことじゃない」「いちいち文句を言うなら見なければいいのに」などの擁護も出ていた。