後藤厚生労働相は14日午後、新型コロナウイルス・オミクロン株の濃厚接触者の待機期間についてこれまで14日間としてきたのを短縮し10日間とすると表明しました。

またエッセンシャルワーカーに関しては6日目に検査を受けて陰性の場合、待機を解除できるとしました。