アメリカが主催する気候変動サミットに出席した菅首相は、これまでの日本の温室効果ガスの削減目標を大幅に引き上げた新たな削減目標を世界に向けアピールしました。

菅首相はオンラインで開催された気候変動サミットに出席し、温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロとする政府目標に向け、「整合的で野心的な目標として2030年度に温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指す」と述べました。これは26%としていた現在の目標を大幅に引き上げるものです。

菅首相「2030年度の削減目標について2013年度から46%削減をすることとし、さらに50%の高みに向けて挑戦を続けていくことといたしました。トップレベルの野心的な目標を実現し世界の世論をリードしていきたい」

菅首相はまた、「世界の脱炭素化は国際社会が一致団結して取り組まなければならない課題だ」と強調し、国際社会の連帯を呼びかけました。