政府は東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に対する緊急事態宣言の期間を今月25日から来月11日までとする方針を固めました。23日に正式に決定します。

菅首相「ゴールデンウイークを中心に集中的に対策を講じて感染拡大防止をなんとしても措置したい」

菅首相は22日夜、東京・京都・大阪・兵庫の4都府県に対する緊急事態宣言をめぐって関係閣僚と協議を行い、期間について今月25日から来月11日までとする方針を固め与党幹部に伝えました。

また、新たに愛媛県に対して「まん延防止等重点措置」を今月25日から来月11日まで適用するほか、すでに重点措置が適用されている宮城県と沖縄県について来月5日までの期限を11日まで延長する方針です。

また、焦点だった飲食店への対応について、酒類の提供を自粛することを求める方向で調整が行われています。

百貨店やテーマパークなどについては休業要請を行う方向で、要請の対象をどこまで広げるか詰めの協議が続いています。

政府は23日に専門家の意見を聞いた上で国会に報告し対策本部を開いて正式に決定する方針です。