17日から始まった、東京・大阪の大規模会場での新型コロナワクチン接種の予約は、18日朝までに2会場合わせて7万人近くが予約しました。

今月24日の大規模接種センター開設を控え、防衛省は17日から最初の1週間分の予約を居住地を限定して開始しました。大阪の予約枠はすでに埋まっていますが、防衛省によりますと、東京は18日午前7時の時点で5万ある予約枠のうち4万4000が予約されているということです。

また、架空の接種券番号を入力しても、予約ができてしまう問題について、岸防衛相は、市区町村コードなどについて正しい情報が入力されたか確認できるよう、システム改修を早急に実施する考えを示しました。

その上で、不正な手段での予約は「ワクチンを無駄にしかねない悪質な行為」だとして、行わないようよびかけました。