北朝鮮は金正恩総書記の立ち会いのもと、戦術弾道ミサイルの試験発射を行ったと明らかにしました。

北朝鮮メディアによりますと17日、金総書記が立ち会う中、新たな誘導システムを取り入れた戦術弾道ミサイルの試射を行ったということです。

北朝鮮は17日午後、日本海に複数の短距離とみられる弾道ミサイルを発射していて、これを示しているとみられます。

金総書記は「システムの独自開発と結果の成功による軍事戦略的な価値に大きな満足を示した」ということです。

この日、金総書記は軍需企業の生産状況を視察しました。公開された写真では、弾道ミサイルや移動式発射台を金総書記が視察する様子が確認できます。

視察を受け、金総書記は「敵の無謀な軍事的な対決の策略により、核戦争抑止力を高める必要性を認めざるを得ない」と指摘し、生産の加速を求めました。

その上で「実感しがたい我が国の核戦闘態勢を目撃すれば、敵が恐れ、火遊びをする気もなくなる」と主張しています。