ロシアのプーチン大統領が、24年ぶりに北朝鮮を訪問しました。異例の歓迎ムードのなか行われた首脳会談で、金正恩総書記は両国の関係について、「史上最高の全盛期」だと強調しました。

    ◇

19日夜、北朝鮮の平壌で、晩さん会が開かれました。

北朝鮮 金正恩総書記

「世界がうらやむ朝露親善関係の不滅を願い、繁栄のために杯を上げましょう!」

一日中、その“親密ぶり”を見せ続けた、北朝鮮の金正恩総書記と、ロシアのプーチン大統領。

午後には、2人並んでコンサートを鑑賞し、金総書記が歌を口ずさむ場面も…。

日テレNEWS NNN

19日午後、コンサートの前に行われた首脳会談では──

ロシア プーチン大統領

「我々はウクライナ問題を含め、(北朝鮮の)ロシアの政策への揺るぎない支援を高く評価しています」

北朝鮮 金正恩総書記

「朝露関係は、朝ソ時代とも比べられない、最高潮を迎えています」

日テレNEWS NNN

“史上最高の全盛期”という両国の関係。

それを誇示するかのような一日が始まったのは、午前3時前。未明(の到着)にもかかわらず、金総書記は自らプーチン大統領を出迎えました。

2人でプーチン大統領の専用車に乗り込み、ロシアの国旗と大統領の肖像が並ぶ通りを走り、到着した先は、プーチン大統領の宿泊先。金総書記が空港から同行し、案内したのです。

日テレNEWS NNN

プーチン大統領

「きれいなところですね」

金総書記

「重要な会談や行事は、ここでやります」

プーチン大統領

「素晴らしい」

日テレNEWS NNN

夜が明け、19日の昼ごろ、金日成広場で「歓迎式典」が開かれました。

「歓迎プーチン! 歓迎プーチン」

ロシア国旗の“白・赤・青”の色を身にまとう市民や、3色の波を打つポンポンのようなもの。

会場を去る際は、一緒にオープンカーに乗り込みました。

午後には、プーチン大統領がハンドルを握り、助手席に金総書記を乗せて走る場面も…。

庭園での散歩を含む、1対1の首脳会談が行われました。

会談後、両首脳は新たに「包括的戦略パートナーシップ条約」に署名。そして、軍事面の関係を強化していくことを明らかにしました。

日テレNEWS NNN

プーチン大統領

「本日署名した条約には、『どちらかの国が攻撃された場合、お互いを支援する』と規定している」

金総書記

「両国の関係は、“同盟関係”という新たな高い水準に上がる」

“史上最高の関係”という、ロシアと北朝鮮──。連携を強め、欧米に対抗していく構えです。

(6月19日放送『news zero』より)