GSOMIA期限延長NSCは文統領も出席

日本と韓国が軍事機密を共有するための協定(=GSOMIA)について、韓国大統領府は22日午後会見し、GSOMIAを破棄するとした通告を停止すると発表した。

韓国大統領府、金有根国家安保室第1次長、キムユグン「我が政府はいつでも、韓日軍事秘密保護協定の効力を終了させることができるという前提条件の下で、2019年8月23日の終了通報の効力を停止させることにし、日本政府はこれに対する理解を示した」

金第1次長はこのように述べた上で、日本が半導体の原材料3品目の輸出管理を強化した措置についても、「対話が正常に進んでいる間は、WTO(=世界貿易機関)への提訴の手続きを停止する」と述べた。

韓国大統領府関係者によると、22日に行われたNSC(=国家安全保障会議)には、文在寅大統領自身も出席したと言うことで、これは異例のこと。韓国側は日韓関係が正常に復元されることを希望し、継続的に努力するとしている。

ただ、いわゆる元徴用工をめぐる問題などで、両国の溝は深いままでこれで関係改善が進むのか、予断を許さない状況。


関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る