森コーチとの別れと秋山翔吾の助言。西武の結束を、2018年も見たい。

森コーチとの別れと秋山翔吾の助言。西武の結束を、2018年も見たい。

 これまで何年か埼玉西武ライオンズの戦いぶりを記者として追ってきたが、2017年シーズンほど、「野球はチームスポーツだ」と思い知らされる機会が多かった年はない。

 もちろん2桁勝利を挙げる投手の存在はそれだけでチームにとって大きな戦力であるし、1本の本塁打であっという間に逆転する戦い方も豪快ではある。

 しかし、2017年のライオンズは、そうした個人能力だけではなく、間違いなく「チーム」として戦っていた。投手は前に投げた投手の思いをくみ取り、次に登板する投手に託す。打線の誰もがランナーのこと、次の打者のことを考え、ランナーに出た選手は打席にいるバッターの気持ちを考える。そうやって、結束して戦う試合をたくさん見せてくれたと思う。

年下の選手の伸び悩みに「思うところがあった」。

 打線の中心となったのは、首位打者にも輝いた秋山翔吾だ。

 シーズン終盤、秋山にチームの走塁について尋ねると、「源田(壮亮)におんぶにだっこ」と表現したが、そのルーキーの源田や金子侑司など、若手選手たちと密にコミュニケーションを図り、けん引した。

 2017年シーズンの開幕前、秋山はこんなことを言っていた。

「2016年時点で僕と、浅村(栄斗)は、試合に出させてもらうようになってすでに6年経っていたし、僕らより若い選手にはがんばってもらわないとチームは強くならないという危機感は抱いていました。僕らより年下の選手が、入団してきてはいるもののレギュラーをつかみきれてないという現実を見ると、いろいろと思うところはありましたよね。

 僕も若手のときは、もちろん打順によって自分の役割は認識していましたけど、それ以外は“思い切ってやれよ”と先輩方に言っていただいていた。2番を打っているときも、そう言ってもらえて、すごく気持ちが楽になった覚えがあるので、年下の選手が試合に出るようになったら、自分も言ってあげられるくらい成長していないといけないと思っています」

秋山が続けた会話によって打線は「線」になった。

 秋山の言う通り、レギュラーを狙う選手がなかなか頭角を現してこなかった2016年に比べると、2017年は内、外野ともに若い選手が躍動した。

「やはり会話は必要なんですよね。打順の役割の会話もそうだけど、相手ピッチャーの対策などは、自分で持っている情報だけではなく、自分以外の選手の考え方を聞いてハッとすることも多いんです。もうバッティングが完成している人はいいけれど、若い選手は特に、いろいろな人の考え方や情報を知って、その中から選択する力もつけたほうがいいと思っています」

 シーズン前に語っていたことを有言実行した形となった。

「僕がシーズン最多安打記録を作れた2015年は、1番を打っていた栗山(巧)さんが粘って、僕がやりやすいように、いろいろ手助けしてくださったという体験がありました。そのときの経験があったから、自分も誰かのためにプレーできたんだと思います。“今度は自分の番だ”と思えました。チームのために、後輩のためにってことをより真剣に考えるようになったんだと思います」

 試合前の会話に始まり、直前の練習中にも若い選手に声をかけ続けた。打線をその名の通り「線」として機能させた秋山の功績は大きい。

森コーチが亡くなって以降、チームの空気は変わった。

 そして、投手陣の結束を強めたのは、悲しい出来事が発端だったのではないかと思う。

 6月28日、急逝した森慎二コーチとの別れは、あまりに突然のことで、衝撃的だった。

 追悼試合の当日、記者席で顔見知りの記者仲間に会っても「信じられない」という言葉しか出てこなかった。皆、黒いスーツや黒の洋服に身を包んでいるものの、あまりにも突然のことに、誰もが実感が全く湧いていない様子だった。チームも同様だったのではないか。

 追悼試合は0−3で敗れたが、最終回には1死満塁と相手を最後まで苦しめた。

 森コーチが亡くなった日から、チーム内に漂う空気が変わったように筆者は感じた。正直言うと、2016年まで3年連続でBクラスに低迷していたシーズンは、戦いぶりに「粘り」が感じられなかった。リードを許すと、そのままずるずると後続の投手が失点を重ね、打線も反撃できないまま敗れる試合が多かったように思う。

「89」のワッペンをつけ、13連勝を飾った。

 それが、徐々に変化を見せる。

 7月1日、2日の試合に敗れて5連敗を喫したが、直後の日本ハム戦には3連勝。平井克典、牧田和久、野田昇吾、武隈祥太、シュリッターや増田達至といったブルペン陣は連日、総動員でマウンドに向かった。連投も多く、ブルペン陣にとっては苦しい試合が続いたが、なんとかしのいだ。ブルペンには常に、森コーチの背番号である89のユニホームが飾られていた。森コーチの現役時代のように、シーズン中盤のブルペン陣はタフで、そのピッチングは鬼気迫るものがあった。

 7月6日、球団は森コーチへの哀悼の意を込めて、シーズン終了まで全選手、コーチの帽子に「89」のワッペンをつけることを発表する。10日のロッテ戦よりシーズン終了まで着用することを決めた。その後、7月21日から8月4日まで、球団新記録となる13連勝を記録したのである。1958年以来、59年ぶりとなる13連勝で、7月19日の時点で11開いていた首位とのゲーム差を一気に5.5まで詰めることとなった。結果的にはこの連勝が大きく影響し、2位でクライマックスシリーズ進出を決めることとなった。

それぞれあえて言葉には出さなかったが……。

 もちろん連勝の裏には、開幕から辻発彦監督が辛抱強く起用してきた若手選手が、その期待に応え、結果を出し始めたことも関係していただろう。しかし、どの選手も、あえて自分から言葉には出さなかったが、それぞれが心の中に、森コーチへの思いを強く抱き、グラウンドに向かっていたのではないかと今では思っている。

 少なくとも筆者にとって森コーチの急逝は「明日が必ず訪れるとは限らない」という、当たり前だが、忘れがちな事実を思い出す出来事だったからだ。

 野球がチームスポーツであることを、改めて示してくれた埼玉西武ライオンズの2017年シーズン。来季も結束することの大切さ、チームとして戦うライオンズを見たいと思う。

文=市川忍

photograph by Kyodo News

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索