妊娠9カ月までコートサイドに立つ。監督・竹下佳江の求心力の源は何か。

妊娠9カ月までコートサイドに立つ。監督・竹下佳江の求心力の源は何か。

 昨年12月15日から開催された天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンドは、2016年に発足したプロチーム、ヴィクトリーナ姫路にとって初の全国の舞台だった。

 姫路の竹下佳江監督は、コートサイドでじっと戦況を見つめていた。常に冷静なまなざしは、全日本の司令塔として活躍した現役時代と変わらない。ただ、まもなく妊娠9カ月になろうかというお腹のふくらみは、チームジャージを着ていてもはっきりわかった。

 ベンチには監督席があるが、竹下監督は試合中ずっと立ち続けていた。

「みんな心配してくれるんですけど、普段の練習の時も常に立っていますから。なるべく選手に近いところにいて、選手のことが一番わかる監督でありたいという思いがあるので」

 引き受けたからには、決して妥協はしない。

 ただ、監督を引き受けることは竹下にとってとてつもなく大きな決断であり、そこに至るまでには様々な葛藤があった。

当初は断っていた監督の依頼だったが……。

 当初は、監督の依頼をかたくなに断り続けていた。家族との生活を第一に考えていたからだ。

 竹下は当時、プロ野球・広島カープの投手だった夫の江草仁貴氏と、2015年5月に誕生した長男と共に広島で暮らしていた。監督を引き受ければ姫路に住むことになり、家族が離ればなれになってしまう。また、思い描いていた通りの子育てもかなわなくなると考えた。

「やっぱり家族で一緒にいたかった。監督になると生活が完全に変わってしまう。子供も、3歳になるまでは保育園に入れないで自分の手元に置いておきたいと思っていましたが、働くとなると、そうはできないわけじゃないですか。世のお母さんたちも、たぶんそこの壁にぶつかるんだと思うんですけど」

 しかし姫路からの熱心な誘いを断り続けることはできなかった。「私しかいないんだって言われると、どうにもできなくて」と苦笑する。

夫と離れて長男とともに姫路へ移り、チームに参加。

 姫路が、女性が働きやすい環境作り、選手やスタッフが結婚や出産を経ても続けられる体制作りを掲げていたことも後押しして、竹下は重責を引き受ける決意をした。

 そして2016年6月に監督に就任。チームが本格始動した2017年には、夫と離れて長男とともに姫路に移り住み、子供を保育園に預けて練習に参加する毎日が始まった。

「毎日の生活や練習のサイクルがだいたい決まってくるので、その流れをつかめば、子供が元気な時は全然大丈夫なんですけど、問題は子供が病気をした場合ですよね。たぶん私だけじゃなく、お母さんみんながぶつかるところだと思うんですけど、そこも含めてチームが理解を示してくれて、チームの中に、そういう場合に預かってくれるスタッフを置いてくれたので、本当に周りに恵まれて、助けられました」

 姫路にはアスリートマインダーと呼ばれる、保育士の資格を持ったチームスタッフがいて、保育園が休日の時や、子供が病気になって保育園に預けられない時などはそのスタッフが対応して支えた。

契約にも盛り込んだ、「第2子」の希望。

 監督を引き受けるにあたって、竹下にはもう1つ、どうしても譲れないことがあった。第2子を授かりたいという望みだ。契約を結ぶ際に、竹下はその希望をチーム側にハッキリと伝えていた。

「指導者をするからといって、犠牲にしないといけないことはたくさんあるとは思うけれど、でもやっぱりそこは、私たち家族の中ではちゃんと考えておきたいことでした。だから、私はそういうことを望んでいるので、そこは絶対に(契約条件に)入れてくださいということは最初から言っていました。それを(契約に)入れておかないと、それこそ契約違反になりますから」

 そして昨年、竹下は第2子を妊娠した。産休、育休中は中谷宏大コーチが監督代行を務める。

 ただ、だからといってすべて解決、という単純な問題ではない。

「葛藤する部分は正直ありますけど、割り切らないといけないし、という感じですかね。上の子はある程度、2歳近くまでは自分の手元に置けたんですけど、下の子に関してはそうもいかない。本当はここまでは母乳で育てたいとか、理想はありますが、そこもできないんだなーと思うとすごく……残念というか、嫌だなと思う部分はあります。でもそこも自分で割り切らないといけないとは思います」

東北福祉大には勝ったものの、久光製薬には完敗。

 母親と監督という立場の狭間で、竹下の中にはさまざまな葛藤がある。バレー界で、トップカテゴリーを目指すチームの監督としては初めてのケースだろう。

「それに、自分が働くということ以前に、やはりチームを強くしていかないといけない。そういう意味では、本当に一歩一歩です」と噛みしめるように言う。

 一歩一歩前進して、ようやくたどり着いたのが、12月の皇后杯ファイナルラウンドだった。

 1回戦で東北福祉大にセットカウント3−0で勝利した姫路は、2回戦で、今季のV・プレミアリーグで首位を独走する久光製薬スプリングスと対戦した。

 結果はセットカウント0−3の完敗。しかし、まだ実戦の機会が少なく、あっても相手は大学生という状況の姫路にとっては、貴重な経験となった。

「現状把握をできたのは非常に大きかった。全部において差が見えました。この(プレミアリーグの)レベルでしっかり戦えなければいけないチームだと私は思っているので、その意味では現状は非常に厳しい」と指揮官は冷静に現実を受け止めた。

 一方で、「予選からすごく苦しんでここまで来たことに関しては、非常に選手は頑張ったと思います」と選手たちをねぎらった。

異なるキャリアを持つ選手を、1つのチームに。

 この1年は、ゼロからチームを作り上げる難しさを痛感してきた。

「ベースがあるわけじゃなく、何もないところにみんなが入ってくるチームなので、個々の集まりで、なかなかチームらしくなっていかない。特に(先発で)コートに立っている選手は、それぞれ企業チームでプレーし、一度は引退して復帰していたり、すごく個性がある。それはいいことなんですけど、やっぱりバレーボールって個が融合して1つのチームにならないと。

 自分はこの企業でやっていた、こうやって頑張っていたというプライドが邪魔している部分もきっとある。でもここに来た以上はゼロからのスタートなわけなので、みんながちょっとずつお互いを認めていかないと」

竹下が選手に突きつけた「レベルが低すぎる」。

 そんなチームが変わるきっかけは、昨年9月に行われた近畿総合選手権大会だった。その1回戦で、姫路は関西大学に敗れた。

 試合後、竹下監督は選手たちに「レベルが低すぎる」と現実を突きつけた。

「選手が個々で動いていて、バラバラでチームじゃないから戦いきれない。本人たちも気づいて、そこからちょっとずつチームらしくなってきましたね」

 姫路は、竹下と北京五輪やJTでチームメイトだった河合由貴や、元デンソーの片下恭子、元久光製薬の筒井視穂子などの元Vリーガーもいれば、トライアウトで入団した経験の浅い選手もいる。年齢も35歳から18歳まで幅広い。

V・チャレンジリーグ仙台とのチーム譲渡騒動。

 昨年9月には、仙台ベルフィーユから3人の選手が加入した。

 そこに至るまでには紆余曲折があった。昨季までV・チャレンジリーグIに所属していた仙台は、昨年6月、財務状況の悪化を理由にVリーグ機構から退社勧告を受けた。

 仙台のオーナーは姫路にチーム譲渡を持ちかけており、姫路はそれを受け入れたことで、仙台が保持していたチャレンジリーグIの出場資格を引き継ぎ、今季からチャレンジリーグIに出場することになった。

 しかし何も知らされないまま全体移籍の話を進められた仙台の選手たちには、不信感が募った。結果的に姫路への移籍を希望する選手が少なかったため譲渡が無効とされ、今度は姫路のチャレンジリーグ参加が取り消された。

 事情を知らなかったのは、姫路の選手たちも同じだった。あくまでも仙台のオーナーと姫路のフロントの間で行われた交渉で、選手はもとより竹下監督も交渉には関わっていない。その中でチャレンジリーグ参戦が突然決まっては消え、姫路の選手たちも振り回された。竹下監督は言う。

「選手たちが一番かわいそうでした。『私たち、悪者になっちゃうよね』とうちの選手が言っていたので、『見え方としてはそうかもしれないけど、でも私たちが何か悪いことをしたわけじゃないから、見られる目はちょっと厳しいかもしれないけど、頑張っていれば少しずつみんなの目も変わってくるよ』という話をしました。選手たちはよく我慢して、えらかったなと思います」

移籍を決断した選手に竹下は「守るから」。

 その出来事の中、仙台から姫路へ移籍することを決断した選手の1人、髙橋咲妃惠はこう振り返る。

「すーごく迷って、最初は断るつもりでした。でもやっぱり声をかけてもらっているのはすごくありがたいと思った。周りからどういう目で見られるかというのを最初はちょっと気にしたんですけど、やっぱりどう思われても、自分の人生なので。吹っ切れました」

 そう覚悟を決めたものの、姫路に合流する日は緊張で固まっていた。その髙橋の心をほぐしたのは竹下監督の言葉だった。

「いろいろあったのをすごく理解してくれていて、『守るから』と言ってくれた。それがもう、すごく心強かったです」

 竹下監督は、「いろんな事情の中で悩んで決断して、うちのチームに来てくれたことはすごく嬉しいことだし、でもすごい葛藤があるのもわかる。何を言われようと選手は悪くない。じゃあ、その盾になるのは私たちでしかないから、という思いは常に持っています」と言う。

 何もなかったところに、様々な境遇の選手が集まり、少しずつ1つのチームになってきた。それは竹下佳江という大きな求心力があったからこそだろう。竹下自身も葛藤を抱え、悩み、その都度覚悟を持って乗り越えてきたからこそ人はついていく。いったん産休に入るが、これからも指揮官・竹下はチームの核であり続けるだろう。

文=米虫紀子

photograph by AFLO SPORT

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索