開幕投手はエースでなくてもいい?菊池雄星、則本昂大の“内定”に思う。

開幕投手はエースでなくてもいい?菊池雄星、則本昂大の“内定”に思う。

 プロ野球キャンプが始まると、ルーキーや若手、移籍選手たちの動向が話題になる。これは新戦力の台頭でローテーションやレギュラー争いが激しくなることを見越してのもの。そしてもうひとつ、この時期に紙面をにぎわすのが開幕投手だ。

 早くも、昨季パ・リーグ2位の西武と同3位の楽天が内定したという報道が出た。

 菊池雄星と則本昂大である。

 日本球界には「開幕投手はチームでベストの投手が務める」という不文律がある。両球団の開幕投手内定はこの流れを踏まえたものだが、実は最近は状況が変わりつつある。

開幕投手はエースではなく、総合的に考えて……。

 評論家の野村弘樹氏は、古巣であるDeNAを引き合いに出してこう語っている。

「我々の時代の開幕投手は“1年間、エースとしてローテーションの軸を務める投手”というイメージでした。だけど今は、そういう時代じゃないかもしれない。当然、信頼度が優先順位になりますけど、そこに相性など様々な要素が加わる。開幕戦の次のカードが前年の上位チームだったら、開幕投手候補をそちらに回すかもしれない。

 相性や次のカード、その後のローテーションの組み合わせなどを総合的に判断して、開幕投手を決めるのだと思います。DeNAのラミレス監督は、そういうタイプ。今季は今永昇太、石田健大、濱口遥大、ウィーランド、井納翔一とたくさん開幕候補がいるので、次の阪神戦を睨みながらデータで決めるんじゃないかな」

 相性、対戦データ、先を見据えた先発ローテのマネジメント。まさにラミレス監督が考えそうなことだが、開幕投手を予想する際に野村氏の言葉は大いに参考となる。

 ちなみに今季の開幕カードはこうだ。

 日本ハムvs.西武、ロッテvs.楽天、ソフトバンクvs.オリックス、巨人vs.阪神、DeNAvs.ヤクルト、広島vs.中日。

 開幕から伝統の一戦になる巨人vs.阪神は菅野智之とメッセンジャーのエース対決で決まりそうだが、他カードを見ると「チームNo.1以外」の選択肢もありえそうだ。

西武、菊池が乗り越えるべきはソフトバンク。

 代表例が、開幕投手を決定したばかりの西武だ。個人的には開幕戦は菊池以外の投手でもいいのかもしれないと思っている。

 もちろん、西武のエースは誰が何と言おうと菊池だ。昨季すべての成績でキャリアハイをマークし、投手2冠を達成した。沢村賞候補にも挙げられた菊池が「開幕投手」の大役を3年連続で務めることに異論はない。野上亮磨と牧田和久がチームを去った投手陣において、実力、実績ともに図抜けた存在だ。

 しかし、西武がリーグ優勝を目指すうえで忘れてはいけないことがある。

 それは西武の“ソフトバンクアレルギー”だ。昨季はビジターでは1勝12敗。ホームでの戦績も含めても9勝16敗と大きく負け越し、リーグ優勝も本拠地で見せつけられた。なにより、エースの菊池はプロ入り後ソフトバンクに12連敗中なのだ。

 そんな天敵を、今年の西武は乗り越えなければならない。

 西武の日程を見ると、開幕2カード目の相手がソフトバンクである。さらにその後も、ソフトバンク戦は週の前半に集中している。菊池が開幕戦に登板し、その後もローテーション通り週末の登板が続けば、ソフトバンク戦に登板する機会は少なくなる。スムーズにローテーションを再編できるのは、交流戦やオールスターブレイクといったタイミングしかない。

 登板間隔を調整して菊池をソフトバンク戦に先発させる手もあるが、その際は前後の登板で球数やイニングに制限がかかることになる。

 西武の目標が3位以内を確保してCSを突破することなら、定石通り菊池が開幕投手でもいいだろう。だがレギュラーシーズン1位を狙うなら、王者ソフトバンクを倒さねばならない。エースの菊池がソフトバンクという壁を乗り越えてこそ、優勝は見えてくるはずだ。

菊池に次ぐ投手を生み出すための働きかけにも。

 菊池以外の投手を開幕投手に立てる意味は、もう1つある。それは、菊池に次ぐ先発投手陣の意識への働きかけだ。

 菊池は早ければ今オフにも、メジャー挑戦を表明すると報じられている。

 そうなった際にエースを誰が務めるかは、今から考えておくべき問題だ。野上らを引き留められなかったチームは、素早い育成のサイクルが必要なのだ。

 菊池本人も同じ戦略で成長した。2016年はエース・岸孝之(現・楽天)を得意のソフトバンク戦で登板させるために、菊池に白羽の矢が立った。菊池を育てる意味での開幕投手抜擢は、今思えば成功だったといえる。

井口新監督のロッテは涌井か、それとも二木か?

 他カードでは、井口資仁新監督が就任したロッテの開幕投手も見ものだ。

 エースと考えれば涌井秀章で決まりだが、5年目の二木康太という選択肢もある。二木は昨季の楽天相手に5試合を投げて、防御率1.97。一方の涌井は4試合投げて3敗、防御率7.89と苦しんだ。井口監督の船出となる試合で、未来のエース候補に開幕マウンドを任せるのは悪くはないはずだ。

 DeNAは昨季までは開幕投手を早々に決めていたが、今季はまだ発表されていない。今永、石田、濱口の左腕3枚に加えて、ルーキーの東克樹も先発ローテ候補だ。ウィーランド、井納、飯塚悟史もそこに加わるが、開幕のヤクルト戦にどれほど重きを置いてくるのかは興味深い。

 DeNAは3〜4月にかけて、週前半に巨人と5試合、阪神と広島それぞれ3試合が組まれている。週末よりもウィークデーにより自信がある投手を持っていった方が得策かもしれない。

 ラミレス監督が昨シーズン終盤、しきりに口にしていた言葉がある。

「チームにとって大事なことはどう始めるかではなく、どう終わるかである」

 各チームの指揮官の哲学や、いかに。

文=氏原英明

photograph by Kyodo News

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索