“つたない英語”が高木美帆を変えた。オランダ人コーチが支えた銀メダル。

“つたない英語”が高木美帆を変えた。オランダ人コーチが支えた銀メダル。

 両手を挙げながら表彰台に跳び乗った。メダルを狙うという覚悟で五輪の大舞台に臨み、そして、メダルを獲った。十分に晴れがましい笑顔だった。

 江陵オリンピックオーバルで行なわれたスピードスケート女子1500m。高木美帆(日体大助手)が銀メダルを勝ち取った。

 15歳で出た2010年バンクーバー五輪では、銀メダルに輝いた女子チームパシュートの一員でありながら、準々決勝から決勝までの3レースで一度も出番がなく、1人だけメダルを授与されなかった。小平奈緒、田畑真紀、穂積雅子から、表彰式の後にそっとメダルをかけてもらうと、あどけなさの残る顔を少しゆがめ、複雑さの混じる笑みを浮かべた。

 それから8年。どん底から這い上がった少女は、いつしか闘うアスリートの顔になっていた。

「もうちょっと行けたんじゃないかな? って」

「率直には、掲示板で2番という結果を見たときは、メダルを取れたといううれしさがあった。でも、ブストのタイムとコンマ2秒差というのを見たときに“もうちょっと行けたんじゃないかな?”って感じて……」

 優勝したイレイン・ブスト(オランダ)との差は0秒2。銀メダルに沸く応援団からの歓声を耳にしながらリンクを流しているうちに、気持ちが変わった。

「金メダルを逃したという実感が湧いてきて、悔しい思いが後からこみ上げてきた」

 2位では満足できない自分がそこにいた。

 15歳で五輪の舞台を経験したが、世界を相手にまったく刃が立たず、19歳で迎えるはずだった2014年ソチ五輪では国内選考で敗れ、代表落ちの屈辱を味わった。

「悔しさを晴らしたり、雪辱を果たせるのは五輪しかない」

 そう思い、スケートに人生を懸けようと決意したのはソチ五輪の後だ。おりしも、日本スケート連盟はメダルゼロに終わったソチ五輪から強化体制をガラリと変えた。2014年夏にナショナルチームを発足。高木美帆もすぐさまそこに入った。

コーチのシンプルな英語で、考え方がシンプルに。

 転機となったのは、ナショナルチーム立ち上げから1年が過ぎた後の2015-2016シーズン。オランダから来たヨハン・デビットコーチの指導を受けるようになってからだ。

 小さな体格でいかに世界で勝っていくかを追求するがため、技術論が多くなりがちだった日本スケート界において、ヨハンコーチの指導は新鮮だった。選手別に数値を示しながら行なう綿密なフィジカルトレーニングはモチベーションを一気に高めてくれた。

 そんな中、高木美帆に大きな変化をもたらした意外なキーワードがある。

“つたない英語”だ。

「ヨハンが来たことでナショナルチームの練習の雰囲気が変わったんです。英語を上手に聞き取れないので、ヨハンの言葉にひとつひとつ耳を傾ける。こちらがつたない英語で一生懸命話したら、ヨハンが歩み寄って聞き取ってくれる。

 そうやってヨハンがシンプルな英語で説明してくれるうちに、自分の考え方もシンプルになっていった。大学2年(2014-2015シーズン)まではいろいろと考えすぎていたのですが、そこにシンプルな言葉が乗ったことで、考えがうまくまとまったんです」

全力でいくところと抑えるところを考えられるように。

 ヨハンと出会ってから2年目の2016-2017シーズン、高木美帆はすべての距離で自己ベストを塗り替えた。ほとんどが4、5年ぶりのベストだった。

「技術面でシンプルになったことで、戦略面でペース配分もできるようになった。やみくもにスピードを出そうとするのではなく、全力でいくところと抑えるところを考えられるようになった。そこが一番変わったと思います」

 そして3年目の今季。高木美帆は、バンクーバー五輪シーズンに見せた才能が本物であったことを示した。今季はW杯1500mで4戦4勝。金メダルを目指せる実力で平昌五輪1500mのレースを迎えた。

「美帆の結果は、誰もが誇りに思うべきものだ」

 スタートでは珍しくフライングを犯した。しかし、こうも感じていたという。

「雑念も入っていたので、フライングを取ってもらったときに、“あ、落ち着けってことだな”ととらえて、気持ちをリセットできた」

 あくまで冷静だった。

 号砲。序盤から快調なラップを刻み、最初の300mを25秒50で入ると、その先の2周はラップの落ちを1秒程度にとどめる力強い滑り。ラスト1周こそタイムを落としたが、最後まで全力で滑り抜け、1分54秒55でゴールした。

 レース後、ヨハンコーチと抱擁した高木美帆の目には涙が浮かんでいた。

「うれし涙というよりは悔し涙の方が強いんですけど、ここまで来ることができたという思いも、少しはあってほしいなと思います」

 日頃から自分を俯瞰する目を持っている高木美帆らしい、客観的なコメントに、喜びをにじませた。

 ヨハンコーチは、「美帆の結果は、誰もが誇りに思うべきものだ。私も誇らしい。ここは五輪。重圧の中で戦った」と称えた。

 表彰式を終えて取材エリアに来た高木美帆はすでに先のレースを見据えていた。

「(1500mでは)ブスト選手の方が強かったと思うけど、この先の1000m、チームパシュートで勝てないとは決して思っていない。2種目、チャンスがあるのがありがたい。オランダ勢も同じ人間。自分たちもできる。チャレンジャーとして戦いたい」

 銀で満足しない23歳は、力強く言った。

文=矢内由美子

photograph by Tsutomu Kishimoto/JMPA

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索