錦織圭と伊藤竜馬、同じ我慢の時。「生き延びていかないといけない」

錦織圭と伊藤竜馬、同じ我慢の時。「生き延びていかないといけない」

 あいだに数日をはさんで同じような場面に遭遇し、小さくため息をついてしまった。

 最初はインターネットのストリーミングで見た、メキシコ・アカプルコの錦織圭。次は横浜市日吉で見た下部ツアー、慶應チャレンジャーの伊藤竜馬。錦織は緩衝材の入ったフェンスにラケットをぶつけ、伊藤はフレームが折れないように角度を加減してサーフェスに叩きつけた。

 プロフェッショナルとして決して褒められる行為ではないが、両者とも体の中にモヤモヤをため、フラストレーションのしばりから解放されたくてラケットを投げたのだろう。

 逆転負けの結果も同じだった。錦織は将来のトップ10入りが期待される18歳、デニス・シャポバロフに敗れ、ツアーレベルへの復帰第2戦は初戦敗退となった。6年ぶりのチャレンジャータイトルに王手をかけていた伊藤はランキング下位の内山靖崇に敗れ、準優勝に終わった。チャレンジャーの決勝ではこれで10連敗となった。

 伊藤は第1セットを奪い、第2セットも先に相手のサービスゲームをブレーク、主導権を握ったかに見えたが、すぐにブレークバックを許して流れを手放した。強風が吹く中での難しい試合だったが、大事な場面で果敢に攻めることができず、次第にアンフォーストエラーが増えた。

表彰式を待つ間、身動きしなかった伊藤。

 表彰式を待つ間、ベンチで視線を下向きにして身動きしなかった伊藤は、口惜しさを飲み込んでから、こう話した。

「リードした時に、アンフォーストエラーを減らしつつ、しっかり攻められるプレーをしないといけない」

 自然とノリノリになっていかなければならない場面で、逆に自分でつまずいてしまうのは、勝ち運に恵まれない選手によく見られる傾向だ。倒れかけている相手を助け起こしてしまい、なんとか巻き返そうとしても、一度傾いた流れは止められない。確かにフラストレーションの溜まる展開ではあった。

「やっぱり、今、もがいてますね」

 伊藤の自己最高ランキングは2012年10月にマークした60位。しかし、右ひじの故障もあって、このところ丸2年、四大大会の本戦から遠ざかっている。ランキングを上げるために出場している下部ツアーでも、思うように勝ち星は増えない。今季は全豪オープンの予選を含む4大会ですべて初戦敗退というスタートだった。

 試合後、伊藤に尋ねた。

――もがいている?

「やっぱり、今、もがいてますね。優勝とか決勝(進出)とか何大会も行ければ試合数も増えるし、自信にもつながってくると思うので、まずはそこを抜け出すことですね」

――メンタル的にも苦しんでいるのか、それとも、もがきながらも冷静に対処できているのかな?

「やっぱりランキングとか見てしまうことがあるので、そこの葛藤はあります。自分のプレーはいいのに勝てなかった時期もあったので、悩んでいる時期もありました。1月とか2月とか。それをちょっとずつ抜け出しているのかな、というのはあります」

我慢強くやるけど、攻撃も忘れずに。

 今年で30歳になる中堅は、否定的な言葉が口をついて出ても必ず前向きな言葉で回収していく。1人の優勝者を除き全員が負けて大会を終えるテニス選手の、それが処世術だ。否、処世術は失礼だ。正しいマインドセットと言い換えよう。そうやって1つの大会を総括し、次のトーナメントに備えるのが第一線のツアー選手だ。

 確かに、きっかけになり得る準優勝ではある。これを続ければ抜け出せる、またチャンスがやってくる、そう信じ、次戦への期待を決勝敗退の悔しさとごちゃ混ぜにして、モチベーションに変えるのだ。

 自分に何か言い聞かせながら試合をしているか、と伊藤に聞いた。

「我慢強くやることですね。我慢強くやるけど、攻撃も忘れずに、みたいな感じがぼくに合っている」

 我慢強く、か。プレーもツアー生活も……、という意味に受け取った。

「生き延びていかないといけない」

 勢いのままに60位に駆け上がった伊藤だが、我慢の時間がこのところ長引いてしまっている。我慢しきれなくなってラケットを投げるくらい、大目に見てあげてもいいんじゃないか、壊そうと思って投げてはいないのだし――だれにも言わず、心の中で、そうつぶやいた。

 錦織も、しばらくは我慢の時間が多くなるだろう。復帰は果たしたが、復調への道は平坦ではない。もちろん彼自身、そのことを覚悟しているはずだ。

「生き延びていかないといけない」

 数カ月前に本人の口から聞いたのが、この言葉だ。

 2人とも、我慢強く、そして、できることなら自分との闘いを楽しみながら、復調への道を前に進んでほしい。

文=秋山英宏

photograph by AFLO


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索