湘南・松田天馬に漂うスターの予感。曹監督も期待する“状況判断の鬼”。

湘南・松田天馬に漂うスターの予感。曹監督も期待する“状況判断の鬼”。

 いつの時代もスター選手は前触れもなく、突然輝きを放つものだ。

 湘南ベルマーレの松田天馬は今、その輝きを強烈に放ちつつある。

 開幕戦のV・ファーレン長崎戦でいきなりJ1スタメンデビューを果たし、アシストで先制点を生んだ。

 2戦目の川崎フロンターレ戦ではセットプレーから右足で押し込み、同点ゴールを決めた。

 2試合で1ゴール1アシスト。

 鹿屋体育大学から今季入団した(昨季は特別指定選手)ルーキーだが、曹貴裁監督のスタメン起用の期待に応え、まだ2試合ながらしっかりと結果を出した。どれだけ才能を持っていても、なかなか結果につなげることができない選手が多い中で、松田が持っている運の強さと将来性が感じられる。しかも結果の内容も良い。

 アシストは、キレキレのドリブルから生まれた。右サイドでボールを受けた時、最初は味方の上がりを待とうと思っていたという。だが、相手を見て「イケると思ったので」とドリブルを仕掛け、翁長聖と田上大地のふたりをサッとかわして突破した。

 そして、「GKとDFの間に早いボールを入れようと思ったんですが相手が対応して間に合わないし、中を見たらうしろに(味方が)2人いたんでマイナスに入れました」と、冷静に状況を判断し、イ・ジョンヒョプの初ゴールに結びつけた。

 初ゴールは、コーナーキックから生まれた。アンドレ・バイアがペナルティボックスの中央で競り合うと、松田の足元にこぼれてきた。「中にポジションを取るのは初めてだったんですけど、うまく足元に入ってくれた」とそのまま蹴りいれた。

 自分の判断でポジションを変えて決めた貴重な同点ゴールだった。

ボールに絡みながら、状況を判断する。

 松田の良さはこの結果から見て取れるように、高い技術をベースにしたアグレッシブな姿勢と状況判断の良さにある。

 ポジションはボランチ、シャドーと試合によって異なるが「ボールに常に絡む」ことを意識してプレーしており、それが松田の積極性を生んでいる。曹監督からは「ゴールに向かってチャレンジしろ」と言われているそうで、松田も「それが常に頭の中にあって」と指揮官の教えを忠実に守っていることがいい結果につながっているようだ。

東福岡仕込みの攻撃と、大学時代に磨いた守備。

 松田の攻撃的なプレーの源泉は東福岡高校時代にある。

 サイドハーフやシャドーでプレーする中で、ドリブルやパスセンス、フィニッシュの感覚を磨いて行った。高校3年の時は10番を背負って自らの攻撃力でチームを引っ張り、全国高校選手権に導いた。

 守備は鹿屋体育大学時代にボランチにコンバートされ、かなり鍛えられた。「大学ではボール奪取の部分が一番成長しました」というように、164cmの小兵ながらボールを狩るのがうまく、相手へのチェックも体幹がしっかりしているので当たり負けしない。

 クロスボールは高さでは勝負できないが、長崎戦では体をしっかりと相手に寄せて自由にさせないようにプレーしていた。

 攻撃だけ、守備だけというプレーではなく、松田は現代サッカーの申し子らしく攻守両面に深く関わり、チームに貢献する。

 それゆえ監督に「使いたい」と思わせる選手になっている。

曹監督の松田への要求は高い。

 もちろん、まだ足りない部分はある。

 守備では球際にもっと激しくいく余地があるし、攻撃ではもっとシュートを打ってもいい。試合から消えている時間もある。曹監督も「もっとリーダーシップを取って、攻撃守備どの場面でも存在感のある選手になってほしい」と松田への要求は高い。

 今は対戦チームが松田のプレーをよく把握していないので自由にやれているところもあるが、今後試合を重ねていけば研究され、マークも厳しくなるだろう。

 その壁を突破するのに苦労するだろうが、一流の選手ほどそういう壁を乗り越えてさらに成長し、違いを見せてくれるようになる。

 さいわい、松田は非常に研究熱心でうまくなることに貪欲だ。

 必ず自分の試合を見直して、そこから課題を抽出、練習でトライし、次の試合に活かしている。試合中も川崎戦では中村憲剛や大島僚太のプレーを見て、いいところを盗もうとしていた。

 海外サッカーも良く見ており、世界で戦うために必要なプレーを研究するのはもちろん、コウチーニョ、イスコら個の優れた選手のプレーに刺激を受け、自分のスタイルの中に取り込んでいこうとしている。

見つづける価値のある選手である。

「自分がゲームメイクをして、チームを引っ張りたい」

 こうありたいという理想、高い向上心も持っている。

 優しい声や当たりの良い口調からは、まだまだルーキーの初々しさが感じられるが試合を重ね、自分にさらに自信を持てるようになれば、雰囲気も変わってくるだろう。

 開幕から2試合連続で結果を出し、“持っている”ところを見せた。名刺代わりのあいさつとしては十分なインパクトを残した。湘南というチームがこれから完成度を高めていく中で、個人としてどのくらい成長していくのか。

 松田は、見つづける価値のある選手である。

文=佐藤俊

photograph by J.LEAGUE PHOTOS

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索