拝啓、プロ野球の編成部の皆様。メジャーの大物獲得チャンスです!

拝啓、プロ野球の編成部の皆様。メジャーの大物獲得チャンスです!

 拝啓、日本プロ野球の各球団編成部の皆様。

 今こそ、現役バリバリの大リーガーを獲得するチャンスです。

 史上まれにみるフリーエージェント(FA)市場の冷え込みによって、3月になっても大物選手が売れ残っています。オープン戦が始まっても所属先が決まっていないのですから、選手たちだって心中、穏やかではないでしょう。

『今年1年は日本でプレーして、来オフ、またFAになってメジャーリーグに戻るのもいいかな?』

 なんて思う選手もいるのではないでしょうか。残りの野球人生を日本プロ野球に捧げるような長期契約なんて必要ないのです。来年、大リーグに復帰することを前提の単年契約でいいのです。とりあえず、「今年だけ、日本でやってみないか?」と声をかけてみてはどうでしょうか?

 かつてオーナーたちの共謀に巻き込まれてメジャーリーグにおける働き場所を失ったボブ・ホーナー(『君はボブ・ホーナーを知っているか? 野茂、イチローらMLB新人王の系譜。』http://number.bunshun.jp/articles/-/824592)は、ヤクルト入りを決断してデビュー戦から2日で4本塁打を放って「ホーナー旋風」を巻き起こし、外国人選手初の「規定打席未満での30本塁打以上(31本塁打)」達成者となりました。

 あまりの人気にホーナーはテレビCMにも出演したぐらいですから「大物メジャーリーガー獲得」は、集客効果バツグンだと思いますよ。

サイヤング賞投手が取れるかも。

 たとえばジェイク・アリエッタ投手。

 2015年にカブスで22勝を挙げてナ・リーグの最優秀投手=サイヤング賞を獲得した先発投手です。ダルビッシュより5カ月ぐらい年齢は上ですが、メジャー通算88勝で4年連続二けた勝利を記録している実力者です。

 去年の年俸は約15億6000万ドル(1ドル110円換算で約17億円。以下同様)で、ダルビッシュがカブスと交わした6年総額1億2600万ドル(138億6000万円)に近い契約を狙っていると言われています。それが成立しないのはどの球団もその額では契約する意思がないと考えられます。

 ならば、1億2600万ドルの6分の1にあたる単年2100万ドル(23億1000万円)の契約をオファーすれば、「日本行き」と考えてくれるかも知れません。

昨季41セーブの絶対守護神も未定。

 たとえばグレッグ・ホランド投手。

 昨季、ロッキーズでナ・リーグ最多の41セーブを挙げたメジャー通算186セーブの絶対的な守護神です。右ひじの手術をしたこともあって、去年の年俸は600万ドル(6億6000万円)でしたが、自身に選択権があった1500万ドル(16億5000万円)の来季オプションを破棄し、球団が提示したクオリファイング・オファーの1740万ドル(19億1400万円)も蹴ってFAになりました。

 来季オプションの約16億にもクオリファイング・オファーの約19億にも届かない契約しかできない可能性もあることから、もしかしたら単年16億円で契約できるかも知れません。

 日本プロ野球の最高年俸が福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手の年俸5億5000万円(推定)だとしたら、19億も16億も超破格の値段です。でも、球団の最大の収入源である観客動員数では決してメジャーリーグに引けを取らない日本プロ野球なのですから、何とかやり繰りすればその大金を絞り出せるのではないでしょうか。

5億前後で獲得できそうな一流選手も。

 そんな高額年俸を捻出するのは「前例がないから」無理かもしれません。それは理解しています。では、もっと現実的な話をしましょう。

 実はアリエッタ、ホランドほどではないにしろ、他にも現役バリバリのメジャーリーガーが売れ残っているのです。「間もなく所属先が決まりそう」という噂が流れている先発のアレックス・コブ投手やランス・リン投手のことではありません。

 ムネリンこと川崎宗則内野手の元同僚でメジャー通算331本塁打の元本塁打王ホゼ・バティースタと通算131本塁打のメルキー・カブレラ両外野手、通算215本塁打&117盗塁のカルロス・ゴンザレス外野手、通算130本塁打のニール・ウォーカー二塁手、通算210本塁打のブランドン・フィリップス内野手らのことです。

 中には2007年、レッドソックス時代に松坂大輔投手(現中日)の同僚としてノーヒッターを達成した通算81勝のクレイ・バックホルツ投手なんていう「掘り出し物」になりそうな選手もいます。彼らの多くはマイナー契約になっても不思議じゃないので、日本プロ野球の最高レベルである単年5億円や6億円を提示すれば、あっさり獲得できるかも知れません。開幕直前になっても売れ残っていれば、2億円前後で契約できる可能性だってあります。

バース、クロマティー級の活躍をするかも。

 アリエッタやホランドは投手なので「ホーナー旋風」のような社会現象は起こせないかも知れませんが、バティスタやカブレラらは打者なので、ほぼ毎日試合に登場することができます。時間的にはほんの数カ月だった「ホーナー旋風」どころか、主要打撃タイトルを獲得してチームの優勝に貢献した元阪神の「三冠王」バースや巨人のクロマティー、元近鉄のローズのような活躍をするかも知れません。

 今こそ、大枚を叩いてメジャーリーグの大物選手、現役バリバリの選手たちを獲得するチャンスなのです。これを機会に一度、真面目に考えてみてはいかがでしょうか?

敬具

追伸、大物選手や現役バリバリのメジャーリーガーだからと言って、必ずしも日本プロ野球で活躍できるとは限りません。多大な損失になる可能性もありますので、選手の選定の際には細心の注意を払うことをおすすめします。

文=ナガオ勝司

photograph by Getty Images

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索