本田、麻也獲得に尽力したVVV会長。勇退決断で藤田俊哉が聞いた秘話。

本田、麻也獲得に尽力したVVV会長。勇退決断で藤田俊哉が聞いた秘話。

 VVVフェンロのハイ・ベルデン会長に「オレンジナッソー勲章」が授与された。

 これはオランダで最も権威のある勲章だという。それにタイミングを合わせるかのように、15年間にわたるクラブ会長職からの退任も発表された。勲章の授与式、退任セレモニーのどちらも盛大に行われ、ハイ会長の多大なる功績をみんなで祝った。

 とくにクラブは、リーグ戦で最も盛り上がるリンブルフダービーのハーフタイムに退任セレモニーを行う粋な計らいを見せ、満員のスタジアムで長年の感謝の意を示した。

 私もリーズからフェンロへ向かい、勲章授与式からリーグ戦での退任セレモニーまで参加した。会長のサポートのおかげで3年半クラブに在籍することができ、VVVフェンロでコーチとなるチャンスをもらえた。それだけではなく、ハイ会長は2013年5月23日に国立競技場で行った私の引退送別試合にも参加してくれた。私が今もなおヨーロッパで活動できているのも、会長がその道を開いてくれたからに他ならない。

 言葉では表現しきれないほどの大きな感謝と尊敬の念を抱き、私はこの日を迎えた。

 退任は非常に寂しいが、ハイ会長自身が幕を引き、クラブも自分も新たな時代を迎えたいと考えての決断だったという。リタイヤした後の人生プランも明確に持っているとのことで、68歳となった会長の表情は情熱的でもあった。スマートに新たなスタートを切ったあたりは、穏やかな性格の彼らしいと感じた。

本田獲得でPSVとは対照的な評価。

 セレモニーの翌日、ハイ会長は私を自宅に招いてくれた。

 綺麗に手入れされた芝生のガーデンテラスでゆっくりとした午後を過ごし、クラブと自身の今日までの活動を振り返った。

 100年の歴史を持つVVVフェンロは、過去3度のリーグ優勝経験がある。うち2回がハイ会長時代に獲得したもの。それは「非常にエモーショナルだった」という。

 本田圭佑の獲得を決めたと言われている、PSVアイントホーフェンとの練習試合の話も楽しかった。その試合、本田はFKからゴールを決めた。会長やVVVのスカウト陣は高く評価した一方で、となりにいたPSVのスカウト陣は、本田のスピードが不安要素になるとの見立てだったという。両クラブで見方が分かれたが「自分たちは彼の能力を信じていた!」と誇らしげだった。

カレン・ロバートの活躍も印象深い。

 また2011年から'13年まで所属したカレン・ロバートの活躍ぶりも印象深かったという。1部残留プレーオフでの2ゴールには本当に感謝していると当時を懐かしんでいた。

 ハイ会長は在籍選手との思い出話やプレーの特徴と性格だけでなく、彼らの現在の活動状況までも詳しく把握していた。9月からは奥様とふたり、日本全国を5週間も電車で旅して回るとのこと。その際にはJリーグ観戦もしたいと希望していた。

 数え切れないほどプロフットボールクラブがあるヨーロッパにおいて、5人もの日本人選手(本田、吉田麻也、カレン、大津祐樹、田嶋凛太郎)が在籍したクラブはVVVフェンロだけだろう。

 会長が創業した物流会社シーコン・ロジスティクスは「日本企業との取引によって大きく育ててもらった」という。そんな関係もあって始まった日本人選手との歴史。それは名古屋グランパスの元監督でもあるセフ・フェルフォーセンさんとハイ会長の強い繋がりがあってのものだ。

 グランパス監督当時のセフさんは、阿部翔平、小川佳純、本田らにヨーロッパでの可能性を感じてオランダでの挑戦を後押ししてくれた。本田がそのチャンスをものにしたわけだが、セフさんが最も可能性を感じていた選手は阿部だったという。「移籍はタイミング」ということをつくづく感じるエピソードだ。

街を歩くと「ホンダ〜ホンダ〜」。

 その後、吉田も続くなど、彼らの活躍で日本人の評価は大きく上がった。サポーターは今でもクラブの誇りとして、巣立っていった選手たちを応援し続けてくれている。フェンロの街を歩いていれば「ホンダ〜ホンダ〜」と歌いながら、親しみを持って話しかけてくれるほどに……だ。

 VVVフェンロは今や、日本にファンクラブを持つまでになっているのだから喜ばしい限りである。そんな歴史は、後に続こうとする選手の大きな助けとなっている。

 ちなみにシーコン・ロジスティクス社は、VVVフェンロ以外にも来季のエールディビジ昇格を決めたフォルトナ・シッタートへのサポートも続けている。さらには地元アマチュアクラブのほか、音楽祭やパークフェスなど文化、芸術の分野においても大きく支援。

 またクライフ財団・クライフコートの活動をサポートしていることでも知られている。それらの多大な功績が認められ、今回の勲章授与となったのだ。

海外の実力者との繋がりは財産だ。

 私はセフさんの紹介でハイ会長と縁をいただいた。その後フェンロに住むようになり、リンブルフ州における2人の偉大さ、2人の深い関係性をあらためて感じることができた。セフさんは4つのプロクラブが存在するリンブルフ州の父的な存在といわれ、この地域のフットボールに問題が発生した際の相談役として頼られている。

 グランパス退団後はPSVの監督としてリーグ優勝にも導いた。それを最後に現場からは離れているが、今なお多くのアドバイスを求められている。

 また、当時コーチを務めていたドワイト・ローデヴェーヘスは、その後はオランダで監督となり、ジェフ千葉でも指揮をとった。オランダU-20代表監督に就いた彼は、現在A代表のコーチも兼務している。

 彼ら以外にも、Jリーグには海外の多くの実力者との繋がりがある。それは素晴らしい出会いであり、貴重な財産とも言える。身近な関係性を大切にし、長く友好的な付き合いとしたい。そうなればさらに世界に挑戦するチャンスが膨らみ、それは必ず日本サッカーのレベルアップに繋がる。

 日本サッカーが培ってきたネットワークは、様々な場面で可能性を秘めている。その繋がりを大切にして更なる成長を目指したい。

文=藤田俊哉

photograph by AFLO

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索