ディープ1強に新種牡馬が挑戦状?億超え続出のセレクトセール詳報。

ディープ1強に新種牡馬が挑戦状?億超え続出のセレクトセール詳報。

 生後数カ月の愛らしい仔馬に数千万円、ときには1億円を超える値がつき、さらに競り上げられていく。高額馬の落札を告げるハンマーの音が響くと拍手が沸き起こる。そして、購入したオーナーは、「おめでとうございます」と、売り手以上に祝福される――。

 日本最大の競走馬のセリ市「セレクトセール2018」が、7月9日(月)と10日(火)、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。

 2日間で464頭が上場され、416頭が落札された。落札率は89.7%、落札総額は179億3200万円(税抜き、以下同)、1頭平均は4311万円と、いずれも過去最高を更新。1億円オーバーは39頭となり、昨年の32頭を上回った。

 2日とも雨に降られて肌寒かったのだが、セール会場は例年以上に活発なセリで熱く盛り上がった。

ディープ以外にも1億以上の産駒が次々。

 初日の1歳馬セッションでは233頭が上場され、211頭が落札された。

 最高価格は父ディープインパクトの牡馬「キングスローズの2017」で2億5000万円。「ダノン」の冠号で知られる野田順弘氏(名義は株式会社ダノックス)が落札した。

 この馬を含め、23頭が1億円オーバーだった。これまでは億超えというとディープインパクト産駒ばかりが目立っていたが、今年は他の種牡馬の仔も高く評価された。1億オーバーの1歳馬の内訳は、次のようになる。

 ディープインパクト産駒が11頭、キングカメハメハ産駒とハーツクライ産駒が4頭ずつ、ジャスタウェイ産駒、ブラックタイド産駒、アメリカンファラオ産駒、スクリーンヒーロー産駒が1頭ずつ。

 それに関して、日本競走馬協会理事の吉田勝己ノーザンファーム代表はこう話す。

「今までと傾向が異なり、種牡馬はあまり関係なかったですね。ディープインパクト産駒ではなくても、馬がよければいい値段がつくようになった。健全なマーケットになったと言えますね」

日本のバイヤーが外国勢に競り勝つ展開。

 今年は、イギリス2000ギニー(日本の皐月賞にあたる)をサクソンウォリアー、フランスダービーをスタディオブマンが制するなど、ディープ産駒がヨーロッパで活躍していることもあり、外国人バイヤーの姿も目立った。

 しかし、アメリカ在住のウィリアム・ギャロ氏が父スマートファルコンの牡馬「シラユキの2017」を3600万円、タイのクリット・チタセンニ氏が父ロードカナロアの牡馬「シャドウストリームの2017」を3200万円で落札した以外は、ほとんどが日本のバイヤーによる取り引きとなった。

「外国の方も競ってはいたのですが、高すぎて買えなかったようです。それでも、いらしていただいたのはよかったと思います」と吉田氏。

 前出のギャロ氏はJRAにも馬主登録しているのだが、世界一賞金の高い日本で走らせるという前提でなければ、手を出しづらいのだろう。

 そう書いたそばから矛盾したことを言うようだが、「サトノ」の冠号で知られる里見治氏(名義は株式会社サトミホースカンパニー)は、この日1億8000万円で落札したディープ産駒の牡馬「ドバウィハイツの2017」をイギリスの厩舎に預けるプランも考えているという。

ドゥラメンテ、モーリスはかなりの高評価。

 2日目の当歳馬セッションでは231頭が上場され、205頭が落札された。最高価格は父ディープインパクトの牡馬「リアアントニアの2018」で、里見オーナーにより2億9000万円で落札された。母はブリーダーズカップジュベナイルフィリーズの勝ち馬という超良血。栗東・池江泰寿厩舎に預けられる予定だ。

 1歳馬同様、1億円オーバーの馬を種牡馬ごとに見ていくと、こうなる。

 ディープインパクト産駒が5頭、キングカメハメハ産駒とハーツクライ産駒とロードカナロア産駒が2頭ずつ、ドゥラメンテ産駒、モーリス産駒、ブラックタイド産駒、ジャスタウェイ産駒、フランケル産駒が1頭ずつの16頭。

 新種牡馬のドゥラメンテの産駒(20頭上場、19頭落札)とモーリスの産駒(14頭上場、13頭落札)が、初年度から高く評価されているのがわかる。ミッキーアイルの産駒も上場された4頭がすべて落札され、億超えこそ出なかったが、平均2950万円となかなかだった。

ノーザン数十年の結晶ドゥラメンテ。

 やはり楽しみなのは、ノーザンファーム生産のドゥラメンテ産駒だ。今回は6頭が上場され、すべて落札された。

 なかでも、今年の当歳で2番目の高値の1億8000万円で株式会社NICKSに落札された牡馬「アイムユアーズの2018」の血のクロスは、ノーザンファームならではの、驚くべき豪華さだ。

 ドゥラメンテ自身もノーザンファームで生産された。4代母シャダイフェザーにノーザンテーストを付けて3代母ダイナカールが誕生し、それにトニービンを付けて祖母エアグルーヴが生まれ、それにサンデーサイレンスを配合して母アドマイヤグルーヴが誕生し、そこにキングカメハメハを付けて自身が生まれた。

 つまり、ノーザンファームが数十年にわたって大切にしてきた基幹牝馬にリーディングサイアーの血を投入しつづけて誕生した結晶がドゥラメンテなのだ。

 そのドゥラメンテを、同じダイナカールの牝系から出たアイムユアーズに付けて生まれたのが、この「アイムユアーズの2018」である。その結果、サンデーサイレンスとキングマンボが3×4(血統表の3代前と4代前に同じ馬がいるという意味)となったばかりか、ダイナカールも4×4というインブリード(近親交配)になった。

 このぐらいの種牡馬のインブリードは珍しくないが、繁殖牝馬のインブリードとなるとそう多くない。

ノーザンテーストも牝馬インブリードだった。

 繁殖牝馬のインブリードで日本のファンにもっともなじみ深いのは、11年連続JRAリーディングサイアーとなったノーザンテーストがレディアンジェラの3×2であることか。

「アイムユアーズの2018」は、そうした血統面のほか、馬体のバランスと動きも高く評価されている。

 ほかのノーザンファーム生産のドゥラメンテ産駒は、8400万円、8000万円、6000万円、5400万円、4400万円の値がついた。ノーザンファームとしては、名門の威信をかけて、集大成と言えるドゥラメンテを種牡馬として成功させないわけにはいかないだろう。

超高額馬は減ったが、それでも過去最高。

 21回目を迎えたセレクトセールは大盛況のうちに幕をとじた。

 日本競走馬協会会長代行の吉田照哉社台ファーム代表は笑顔でこう話した。

「去年が驚異的な数字だったので、それを超えるか心配していたんですけど、非常に活発な取り引きになりましたね。当歳馬の落札額の合計が去年に及ばなかったのは、1頭で5億円といった高額馬が出なかったぶんでしょう。

 ディープインパクト産駒だけじゃなく、いい馬を幅広く探していただける、いいセリになったと思います。参加するみなさんも慣れてきて、少し間隔をあけてからまた競るなど、テクニックを使う方も出てきたりと、見ていて面白いですよね」

 来週は「日高のセリ」として知られるセレクションセールが開催される。

 夢の売買たけなわ、である。

文=島田明宏

photograph by Kyodo News


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索