W杯と日本代表と本田圭佑を観てたら阪神タイガースが頭に浮かんだ。

W杯と日本代表と本田圭佑を観てたら阪神タイガースが頭に浮かんだ。

 名残り惜しい。サッカーのワールドカップ・ロシア大会が終わりに近づいている。

 祭りの夜が更けてきて、次第に人波が減り、笛や太鼓の音が小さくなっていく。それに似た寂しさがある。

 1日の終わりと始まりを高揚感で満たしてくれた、4年に一度の幸せな1カ月間。そのハイライトとなっていた日本代表の戦いぶりを観ていた時、ある人の言葉が頭に浮かんできた。

「本田圭佑が脇役になるくらいでないと、日本は世界一になれない。そう思いませんか?」

 これは本田圭佑の実兄で、本田や家長昭博ら多くのサッカー選手の代理人を務める弘幸氏の言葉だ。

 これを聞いたのは、ワールドカップが始まるよりも随分と前のことで、まだメンバーすら決まっておらず、ハリルホジッチ監督が指揮を執っていた頃だった。ただ、それから数カ月が経って、いざ本番と、フタを開けてみると、その言葉がまるで「予言」だったかのような響きをもってよみがえってきた。

上が譲るわけではなく、ガチンコで奪い取る。

 兄が指摘した通り、長らく日本のエースとして君臨してきた金髪のスターは、ロシアの地でスターティングメンバーから外れ、脇役となり、その役割を演じきった。

 そして、日本は勝った。

 ただ、がむしゃらに勝つのではなく、自分たちと相手の状況を冷静に見つめ、勝負の厳しさとも向き合いながら、世界のトップと伍した。それは明らかに今までの勝利とは違っていた。

 こんな時代がきたのか。

 充足感の中で印象に残ったのは、前述したような日本代表の美しき世代交代だった。

 本田圭佑が脇役に――。

 弘幸氏の発言の真意は、単なる年齢による世代交代ではない。体力や技術の逆転だけでもない。これまでのエースは、あくまで「俺が日本を優勝させる」と主張し、その座を譲らず、それをガチンコで他の選手が奪い取る。つまり、本田圭佑以外に、本田がかすむくらいに勝敗を背負える選手が出てくれば……という意味だった。

 それが現実に起きた。だから、あのチームは美しかったのではないだろうか。

ひるがえって、阪神タイガースである。

 ひるがえって、阪神タイガースである。極北ロシアのピッチから、いきなり甲子園の芝の上へと移るのは突飛かもしれないが、実は大阪の入気球団にも、長らく同じ命題が横たわっているのだ。

 近年、球団フロントからはこんな言葉が聞こえていた。

「福留はすごいよ。頼りになる。でも、いつまでも頼っていたらあかんやろ。ああいうベテランから奪うぐらいの選手が出てこんとなあ……。だから、うちは育成が下手だって言われてしまうんや」

 タイガースの若手は一軍の舞台へとやってきても、すぐにまた二軍へ逆戻りしてしまう。自然、実績のあるFA選手やベテランばかりに頼ることになる。それが世間の見方だった。そういう新陳代謝のなさを打破すべく、3年前、金本知憲監督に就任を要請した。

 顔ぶれはかなり変わった。代謝は促され、血の入れ替えは大幅に行われたと言っていいだろう。ただ、それでも相変わらず、勝敗を背負う選手というのは変わらない。ここに長らくタイガースが抱えるジレンマがあるようだ。

レアルやバルサより多いと言われる番記者。

「うちは世界一のスポーツマスコミに囲まれている。これは間違いないやろ。それが良い面もあるし、いろいろ難しくしている部分もある」

 球団フロントが自虐的に、しかし、どこか誇らしげに言うのは、おそらく真実だ。

 常時、40人に迫ろうかという番記者の数は、「レアル・マドリーやバルセロナより多い」と言われている。365日、タイガースを追うメディアの報道が、その何倍もの賛否を呼び、それが球団や選手へと跳ね返ってくる。

 良ければ天までのぼらされ、悪ければ地の底にたたきつけられる。そういうジェットコースターのような環境の中を、新たなスターは這い上がっていかなければならない。

 3億円助っ人のロサリオがまったく浮上せず、糸井嘉男が離脱している今、4番を打つのは5年目の陽川尚将だ。

タイガースの選手に降り注ぐ膨大な視線。

 じつは彼も長らく批判の対象になっていた。2013年のドラフト3位。当時、その順位であれば、広島カープの連覇に貢献し、侍ジャパンにも選ばれている田中広輔(JR東日本)が指名できた。

「なんで田中を獲らんかったんや」

 球団内部では議論になった。その後、赤いユニホームで田中が躍動すればするほど、陽川との明暗がはっきりすればするほど、論争に拍車がかかった。

 彼はそういう中で、じっと力をつけ、ようやく、ここまで来たのだろう。

 これは私見だが、おそらくタイガースの選手たちは、海外のリーグに挑戦しているサッカー選手たちの何倍もの視線と報道に晒されている。その中をまるで鯉の滝のぼりのように遡上して、天国と地獄が同居する大甲子園で結果を出し、強面のベテランを蹴落とさないといけないわけだ。

 厳しいのは百も承知だ。ただ、もし、それが成れば、猛虎にもロシアの日本代表のような劇的な変化が訪れるのでは……。ピッチに転がるサッカーボールを眺めながら、なぜかそんなことを考えてしまっている自分がいた。

文=鈴木忠平(Number編集部)

photograph by Kyodo News


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索