一軍を経験し「このままじゃだめ」。西武・金子一輝が痛感した走塁力。

一軍を経験し「このままじゃだめ」。西武・金子一輝が痛感した走塁力。

 5月22日のソフトバンクホークス戦。スタンドに飛び込んだ打球に気づいた金子一輝は、大きな目を丸くしながらダイヤモンドを一周した。プロ初ヒットを初ホームランで飾る派手なデビューを飾った金子一輝は、そのときをこう振り返った。

「あれは本当にたまたまですよ。奇跡ですって。あの球が来て、あのタイミングで打っていなかったらホームランにならなかった。あの打席はプロに入って初めての試合で、だから自分のスイングをしようとしか考えていなかったので」

 金子一輝は現在、再昇格を目指して二軍で自分の課題と向き合っている。

 初めての一軍昇格、一軍の試合、一軍の投手との対戦を経験したからこそ、わかった課題も多いと目を輝かせて語る。

「攻走守、すべての面において課題が見つかりました。今はその課題をひとつひとつ、つぶしているところです。まず打撃で感じたのは、甘いボールが来ないのでとにかく1球で仕留めることが大事です。

 以前までは2ストライクを取られた後も、それまでと同じように何も変えずに振っていたんです。特に意識をしなくても対応はできていたので、それを続けていました」

一軍を経験し「このままじゃだめだな」。

 今年、金子一輝はイースタンリーグの開幕からヒットを量産し、一時は首位打者に躍り出る時期もあった。

「でも一軍の打席を経験して、自分の中で意識の変化がありました。どう対応していくかということを考えるようになりました。プロ入り最初の打席でフォークボールを三振したんです。当たると思って振ったら当たらなかったんです。このままじゃだめだなって思いましたね。

 一軍の投手の変化球の精度や切れを考えて、追い込まれてからは、少し右方向を意識するようになりました。そういう意識の変化を持たないと、追い込まれてしまったらもうヒットを打てないな、と」

一時的に三振が増えるとしても。

 一軍の一線級の投手は失投が少ない。2ストライクを取って打者を追い込んでから、簡単に甘いところにはボールを投げてこないと知った。フォーク、スライダー、チェンジアップなど、それぞれの球種にも切れがあり、空振りを取れる。そのレベルの差を金子一輝は感じた。

 右打者の金子一輝が右方向へ打球を打とうと意識すると、手元までボールを引きつけることになる。

「それを今、試しながらやっています。二軍に落ちてきてから実は三振が多いんですけど……。ボールを長く見ようと思うと、真っすぐがズバっと来たときに手が出なかったりしますし。

 でも“ボールを長く見る”という意識を持って、感覚をつかみたいと思っています。右方向を意識するのか、もしくは変化球をねらうのか、どうやったら自分が長くボールを見ることができるか今、いろいろ考えてプレーしている最中です」

 今すぐに結果は出なくても、もう一度一軍でヒットを打つための準備だと考えているという。

盗塁のレベルすら二軍とはまったく違う。

 もうひとつ、レベルの高さを痛感したのが一軍の選手たちの走塁力だ。

「盗塁は上(一軍)で1個、企画して失敗しました。そう簡単には成功しなかったですね。スタートの仕方、走り出すタイミングは佐藤(友亮・外野守備走塁)コーチにつきっきりで教えていただきました。

 それを今も忘れず、毎日練習を積んで自信にしていけたらいいなと思います。一軍の先輩方の走塁のレベル、高いです。自分との違いを痛感しました。(金子)侑司さんはもともと持っている身体能力はもちろんですけど、スタートの切り方、リードの取り方など、足が速いだけじゃなくて、その脚力を生かしています。そういう技術的なことを吸収できればと思って練習しています」

大きくリードをとる秋山や金子侑司との違いは?

 今シーズンの開幕前、秋山翔吾、水口大地らとともに行った自主トレーニングの際に、金子一輝自身もリードの改善を試みている。

「秋山さん、水口さんと話しているときに『もっと大きく取った方がいい』とアドバイスをいただいて、だいぶリードを大きくしたんです。結果、イースタンリーグでは盗塁をかなり決められた。大きくしてよかったと思っています」

 相手バッテリーの力量や、投手のけん制のうまさ。さまざまな状況でリードの大きさは変わる。

「大きく(リードを取って)出られてる人はいます。そのほんのちょっとの距離は、脚の速さは関係なくて、やはり反応だと思いました。だから、まずは実際に大きく出られている人の場所まで出てみよう、と」

 思い切ってリードを広げてみても、けん制球の際、意外と一塁に戻れることがわかった。

「やっぱり次の塁に近ければ近い方がいいじゃないですか。秋山さん、侑司さんなど、走塁のお手本となってくださる選手と一緒に試合を経験できたのが自分にとっては大きかったですね。

 もちろんいい経験だし、なんていうか、心強い感じでした。これだけ成功率の高い選手がいるんだから、僕は思い切っていくだけ。実際に秋山さんも『思い切って行け』と言ってくれましたから」

一軍の野球は「新しい野球」。

 練習後、吹き出る汗をぬぐいながら質問に答えてくれた。

「刺激的な一軍経験? そうですね。今までやってきた野球とは違う、新しい野球という感覚でしょうか。楽しいって言っていいのかわからないけど、やっていてワクワクするような緊張感がありました。あそこでしか味わえないものだと思います。

 まずは自分の課題をひとつひとつつぶしてから、一軍に上がりたい。今は毎日、試合や練習があるのでその中でひとつひとつ課題を克服していくつもりです」

記念ボールは両親に渡せた?

 そういえば、「両親に渡したい」と話していたプロ初ホームランの記念ボールはどうなったのだろうか。

「まだ両親に会えていないので、家に置いたままなんですよ」

 父親の金子敏和氏は元バレーボール選手。1996年からはNECブルーロケッツの選手兼監督としてチームを率い、その後、監督に専任した。8シーズンに渡り指揮を取り1998年にはリーグ優勝を果たしている。

「父はそんなにたくさんしゃべる人じゃないし、特に野球の話はしないですね。初出場のヤフオクドームには来ていなかったけど、僕が試合に出なかった日のメットライフドームの試合は見に来てくれたようです。

 基本的に、父は子供にいろいろと言うのが嫌いな人なので、僕にバレーボールをやらせなかったのも、あれこれ言うのが嫌だからみたいです。『つい言っちゃうからバレー以外の競技をやってほしかった』と聞いたことがあります。

 あまり野球の話はしませんが、僕が調子が悪くて悩んでいるときには『ここが前とちょっと違ってるんじゃない?』と言ってくれます。いいときと比べて“前とここが違うよ”と指摘してくれることはありますね」

後半戦は厳しい内野手争いへ。

 そんな父に一日も早く、再び一軍で活躍する姿を見せたい。

 7月12日に開催されるフレッシュオールスターゲームへの出場も決まっている。

「とにかく今までやってきたことを精いっぱいやるだけです。元気を出して、積極的なプレーをするのが目標です。フレッシュオールスターという舞台、経験できない人もいますから、自分の中でひとつの大きな経験として、あとあとまで残るようにしたい。思い切ってプレーしたいと思います」

 フレッシュオールスターゲームをきっかけに、後半戦は一軍の厳しい内野手争いに挑む。

文=市川忍

photograph by NIKKAN SPORTS


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索