1回戦の頂上対決で大阪桐蔭に惜敗。挑戦者に徹した作新学院の積極戦術。

1回戦の頂上対決で大阪桐蔭に惜敗。挑戦者に徹した作新学院の積極戦術。

 いつもは淡白な敗戦後の指揮官のインタビューが違ってみえた。

 1回戦屈指の好カードと注目された第2試合は、春の覇者・大阪桐蔭が2年前の夏の覇者・作新学院を3−1で競り落として2回戦進出を決めた。作新学院の指揮官・小針崇宏から感じられたのは、好ゲームを戦えたことへの充実感だった。

「勝負というのは戦力以上のものが出る。高校野球は何が起きるか分からない中でのぶつかり合いだなと感じたゲームでした。1球でどちらに勝敗が向かうか分からないゲームをしたい、できるんだと思って臨んで、選手たちはイメージ通りの試合をしてくれた」

 試合に臨む以前から、小針監督には並々ならぬ思いがあった。この1戦を「決戦」と銘打つほど意気込んでいた。

「今日の決戦に向けて、選手たちのモチベーションはあがってますし、集中力も高まってきています。一発勝負という戦いの中、準備はできたと思います」

 指揮官の「決戦」への思い入れは、先発オーダーからも感じることができた。

 県大会ではメンバー外だった1年生の横山陽樹を1番に起用、「いまのうちのチームで一番いい攻撃ができるオーダー」を敷いてきたのである。

県大会から犠打を使わない戦術。

 そしてその横山は、プレイボール直後の初球を一閃、左翼前へとはじき返した。王者・大阪桐蔭に対して「攻めていくぞ」、そんなメッセージの伝わるスタートだった。

 作新学院はその後も果敢に攻める。もともと県大会から犠打を使わない積極果敢な戦術を得意とするチームだ。2番の篠田大輔は中飛に倒れたものの、2死から4番の沖龍が左翼前でつなぎ一、二塁の好機をつくった。無得点に終わったが、積極性が感じ取れた1回の攻撃だった。

 2回裏に大阪桐蔭の5番・根尾昂の三塁打と7番・山田健太の犠牲フライで1点を許したものの、小針監督の仕掛けは止まらなかった。3回表、先発・高山陽成のところに代打を送ると、その裏からは左腕・佐取達也を投入した。

 この起用が当たる。

 佐取は3回から5イニングを2安打無失点に抑える好投を見せ、試合を引き締めたのだ。

次々に先手を打ってピッチャーを投入。

 小針監督は継投についてこう語っている。

「目先を変えるのは試合前から考えていた事でした。投手はそれぞれ投球の感覚が異なりますし、先発の高山は右投手で佐取は左。バッターの狙いを難しくすることも考えて、右、左という順番にしました。佐取は思ったより長いイニング踏ん張ってくれた」

 相手先発の柿木蓮が1人で好投を見せた大阪桐蔭に対し、なんとか起用法で状況を打開していく。小針監督は先手を打つことで試合を動かそうとしていたのである。

 8回表、2死を取られたところで、小針監督は好投の佐取に代打を送った。

 その裏の大阪桐蔭の攻撃は上位打線だったが、「ワンアウト、ツーアウトからでも走者が出ればワンチャンスで流れが変わるかもしれない」と積極策に出たのだった。

 しかしこの攻撃が無得点に終わると、8回裏は大阪桐蔭に上手く攻められた。

 交代でマウンドにあがった林勇成が先頭の宮崎仁斗に四球を与えると、犠打と捕邪飛で2死二塁とするも、4番の藤原恭大に右翼前安打を浴びた。

 作新学院の右翼手・横山は猛チャージをかけて本塁の補殺を狙いにいったが、ボールを後逸。打者走者の藤原が生還し、2失点を喫したのだった。

2年前の夏の覇者として。

 8回も左腕の佐取を続投していれば……横山が慎重な守備を進めていれば……。

 結果からはいろんなことを語れるが、小針監督が試合前から「決戦」と覚悟を決めて攻める采配をしてきたことを考えれば、責められるものではないだろう。

 8回表の佐取への代打は流れを変えようとしたものであったし、横山の失策も彼は本塁を刺しに行こうと積極性を出したものだ。そもそも1回表に、横山はいきなり左翼前安打を放つことでこの試合の空気ができあがったともいえる。

 作新学院vs.大阪桐蔭は大会屈指の好カードなのはもちろんのこと、2年前の夏の覇者とセンバツ連覇中の両校の戦いは、いまの高校野球界をリードするチーム同士の対決でもあった。

 どちらが王者で、どちらが挑戦者なのかもわからない両者の関係の中で、チャレンジャーの立場に回った作新学院の果敢な仕掛けがこの好カードを一段と面白いものにしたのだ。

最後の最後まで大阪桐蔭を追い詰める。

「大阪桐蔭を相手にするならば、攻めていかないと勝てないだろうなと思っていました。2年前に日本一になりましたが、毎年の甲子園が終わると次のチームと考えてきた。どのチームも1年の頑張りを成果として出そうとしてきました。その中で、全国で戦えると思えるときもあれば、そうでない時もあります。今年はそうでない方に近かったかもしれませんが、その中でも今日の試合ではお互いが日本一を意識するチームというなかで、非常にやりがいを感じることができた試合でした」

 0−3の9回表、作新学院は反撃に出た。

 先頭の1番・横山が初球をたたいて、中前安打で出塁すると、2番の篠田も三遊間を破って一、二塁の好機をつくった。最終的には沖のタイムリーで奪った1点のみで反撃は終わったが、最後まで勝利を目指した戦いは、この試合の価値を一層高めた。

 小針監督はいう。

「8回裏、藤原君のタイムリーヒットの際、二塁走者が少し早くスタートを切っていました。藤原君に素晴らしいバッティングをされましたし、これが1球の勝負強さの戦いなのだと思います。1球の勝負を甲子園で学ぶことができた」

 いくばくかの悔しさはあるのだろう。

 だが、小針監督の表情は勝利以上の大きなものを選手たちとともに得られた充実感に満ちていた。

文=氏原英明

photograph by Kyodo News


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索