西武の強さはスタメンだけじゃない。「いい仕事」の機会を待つ2人の男。

西武の強さはスタメンだけじゃない。「いい仕事」の機会を待つ2人の男。

 強いチームには必ず、派手さはなくとも、「いい仕事」をする名バイプレーヤーがいる。今シーズンのライオンズで言えば、木村文紀や斉藤彰吾、熊代聖人といった選手が思い浮かぶだろう。

 前半戦、堅実な守備でチームを支えた木村に加え、斉藤は今、強打が特色であるライオンズ打線の中で、一味違う渋い働きを見せている。熊代は一軍で活躍の場を待っているところだ。

 斉藤はプロ入り11年目。今シーズンここまで50試合に出場し、2割7分3厘の打率を残している。何より3割超えの出塁率が、自分の役割を心得ていることを表している。

 ユニホームのソックスを多く見せるオールドスタイルの着こなしからも見て取れるように、守備固めや代走での出場機会が多いが、あとになって振り返ると「あの追加点が大きかった」「あの場面の出塁が得点につながった」と、バッティングでもしっかりと仕事をしている。

 的確な守備位置と打球を追うスピードの速さで、ファインプレーをファインプレーに見せないのも「斉藤らしさ」である。

「今頃そこかよって思われるかもしれないけど」

 斉藤は言う。

「試合に出るときに心掛けているのは、今、持っている自分の力を出し切ることですね。中途半端にやって後悔するより、『これをやってだめだったらしょうがない』くらいの精神状態でいます。もちろん打てなかったら悔しいし、ミスしたら悔しいのですけど、それでも“出し切って”のプレーだったら後悔も少ないはずですから」

 物静かで、淡々として見える斉藤だが、それでも今シーズンに関しては例年に比べ「気持ちを前面に出していこう」と努めているという。

「もちろんフォームなど技術的な部分はいろいろと改良してきたんですけど、今は、気持ちがいちばん大事かなと思います。周りの人からしたら『今頃そこかよ』って思われるかもしれないけれど、ここ数年、精神面の大切さを余計感じています」

がっつくのはプレー中だけで十分。

 11年間のプロ野球人生で養われたのは、自分が今、何を求められているかを感じ取る力だ。

「他の選手とポジションを争う意識は正直なところ、あまりないんです。誰かを意識するよりは、まずは自分の持てる力をどう出せるかというのをいちばんに考えてきました。欲がないように見えるとよく言われますけど、その場その場に対応することを重視してきた結果ですかね」

 試合前の練習では、グラウンドに突き出したフィールドビューシートのフェンスに登る練習もする。ネットにボールが当たる前に、いかにして捕球するか、準備と対策に明け暮れている。

「がっつきはしますけど、それはプレー中だけでいいかな、と。プレーをするまでの間は、その場に対応すること、対応するための準備が大事だと思っています」(斉藤)

 求められる役割に、対応するための準備を怠らないことが大切だと語った。

熊代が一度も一軍に呼ばれなかった2017年。

 一方の熊代は昨シーズン、2011年にプロ入りして以来初めて、一度も一軍に呼ばれることなくシーズンを終えた。今治西高時代はエース、社会人時代(日産自動車‐王子製紙)に内野手へ転向し、西武入団後は外野手登録となった。今でも内、外野を高いレベルで守れるユーティリティプレーヤーだ。

「昨年は、とにかく自分のスキルアップ、レベルアップをいちばんに考えてやってきました。そもそも好きな野球をやっているので、腐ることなんてないんですけど、一軍から声がかからないからといって、ふてくされることもなかったですね。とにかくいつ呼ばれてもいいように、自分の準備に時間を費やしていました」

 一軍の登録や抹消の情報が一切、目に入らないくらい、自分の技術を高めることに集中したという。

「1球ミスしたらオレはおしまいや」

 外野だけではなく、社会人時代に経験した内野に再チャレンジを決めたのは、4年前。そこからはキャンプ、普段の練習の前後でノックを受け続けた。

「転向したからには、周りの見方も変わるやないですか。1球失敗したら『やっぱり』という目で見られる。もちろんミスはつきものなんですけど、自分のように守りや走塁で期待してもらっている選手は、そのミスの確率を低くしないといけない。ずっと『1球ミスしたらオレはおしまいや』という気持ちでやっています。シビアですよ」

 内野の基礎は、過去ライオンズに在籍していた奈良原浩コーチ(現中日)、二軍の黒田哲史コーチ(内野守備走塁コーチ)に教えを乞うた。

 黒田コーチは自ら段ボール箱を切り、何枚か重ねてバンドをつけた、手作りの“板グラブ”を使うことを熊代に勧めた。

「板だからボールが握れないじゃないですか。右手を添えて、しかもいいところで当てないと取れない。そういう捕る位置、感覚など基本的な練習を繰り返してきたことが今、内野をやっている中で一番生きていると思います」(熊代)

 奈良原前コーチには足さばきの大切さを学んだ。「足の使い方がしっかりできれば、力まなくてもすっと一塁へ投げられる」と手ごたえを感じている。こうした基礎練習を徹底したことで、再転向とは思えないほど守備が上達した。

「もちろん試合に出られるなら内野でも外野でもいいと、機会をねらっています。でも何よりスーパーサブというか、チームの中にいて自分の持ち味を出すことが大切だと思っています」

なんでもできる便利屋を目指して。

 最近では森友哉の指名打者解除のあと、万が一のことがあったときのために、キャッチャーの練習も視野に入れていると話す。

「内野もできる、外野もできる、なんでもできる、代走も行ける便利屋でいいんです。それでも一軍の戦力でいることが、自分の中では1つのポジションだと思っていますから。一軍登録人数の最後の1人でもいいから、チームのひとつのピースを埋められる人になるのが目標です」(熊代)

 ペナントレースは佳境を迎え、総力戦の様相を呈している。こうして活躍の場を待つ選手の動向にも注目したい。

文=市川忍

photograph by NIKKAN SPORTS


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索