U-17W杯出場をかけた運命の一戦!“02ジャパン”と森山監督の正念場。

U-17W杯出場をかけた運命の一戦!“02ジャパン”と森山監督の正念場。

 9月20日にマレーシアで開幕したAFC U-16選手権。出場しているU-16日本代表は、このままチームとして活動が継続できるかできないかの、文字通り「命運を左右する一戦」を、いよいよ迎えることとなった。

 グループAを首位通過し、準々決勝進出を果たした森山佳郎監督率いる“02ジャパン”(2002年生まれ以降の世代で構成される代表)は、来年ペルーで開催されるU-17W杯出場権を懸けて、オマーン代表と一発勝負の戦いを迎えるのだ。

 このU-16選手権で4位以内(準決勝以上)に入ればU-17W杯出場が決まる。だから、準々決勝はたった一戦でチーム存続か消滅かが決まる残酷な一戦とも言える。

「決勝8チームで2グループに分けてリーグ戦をしたら、上位2チームに入れる力を日本は持っている。絶対に入れると思う。でも一発勝負は必ず勝ちきれるとは限らない。不確定要素が多すぎるからこそ、難しい」

 こう森山監督が語ったように、前回のチームは森山監督が率いて久保建英(横浜F・マリノス)、中村敬斗(ガンバ大阪)、菅原由勢(名古屋グランパス)ら錚々たるメンバーを擁し、アジアチャンピオンも余裕で狙える実力を持っていたにもかかわらず……苦戦したのである。

イ・スンウにズタズタにされた誇り。

 前回は特に、準々決勝のUAE戦では大苦戦を強いられ、瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)のゴールを守り切る形での1−0という辛勝だった。

 前々回のチーム(森山監督はコーチとして参加)は、堂安律(フローニンゲン)、冨安健洋(シント・トロイデン)という2人の現A代表選手を擁していたが、準々決勝で韓国を相手に0−2の敗戦。韓国のA代表としてロシアW杯に出場したイ・スンウ(べローナ)1人に守備網をズタズタにされて敗れ、U-17W杯の出場権を逃している。

 それほど実力以上の何かが働く、非常に厳しい戦いであることは間違いない。

 今回のオマーン代表との一戦で、02ジャパンは早くもこれまでの日本代表と同じ展開に身を置く形となったのだ。

グループトップの成績とはいえ……。

 グループリーグは、結果だけ見れば2勝1分けの1位通過と盤石のように映るが、その内容はかなりの綱渡りで、アクシデントの連続だった。

 初戦のタイ戦。豪雨の中の劣悪なピッチコンディションでの戦いが影響してか、選手達は立ち上がりから何度も足を滑らせてしまい、苦闘を強いられた。

「あり得ないことが起こるのがアジア。日本でずっとサッカーをしていたら、アジアで起こることを体験することは、同時に想像を上回ることを体験すること。本当にあり得ないことが起こるんです」

 アジアの戦いを知り尽くした森山監督が鳴らしていた警鐘が、いきなり的中してしまった。

 タイ代表相手に初っ端から「アジアの洗礼」を受ける中で、開始早々の2分に失点を食らう苦しい展開からスタート。

 7分にFW荒木遼太郎(東福岡高)のゴールですかさず追いつくと、その2分後には荒木のラストパスをMF近藤蔵波(セレッソ大阪U-18)が押し込んで逆転に成功した。だが、そこから雨に濡れたピッチに苦しみ、15分には再び失点を許して2−2の同点に。前半開始15分にして、シーソーゲームの様相を呈していた。

 だが、そこから選手達が意地を見せた。

 35分に荒木がMF成岡輝瑠(清水エスパルスユース)のクロスをヘッドで合わせて勝ち越しゴールを挙げると、さらに42分にはキャプテンのDF半田陸(モンテディオ山形ユース)がセットプレーのこぼれ球を蹴り込んで4−2。後半終了直前にも追加点を挙げて、初戦を勝利で飾ったのである。

天候による急なスケジュール変更。

 第2戦で当たったタジキスタン代表は、初戦で開催国のマレーシアに2−6と大敗しており、グループリーグで一番力が劣ると思われていた。この試合でスタメンを初戦から7人入れ替え、前半から圧倒的に攻め込むが、最後までゴールをこじ開けることができないまま0−0というまさかのドロー決着。

 これによりマレーシアとの最終戦は、引き分け以上でグループリーグ突破が決まるが、万が一、敗れてしまうとグループリーグ敗退が決まる可能性が高い(他の試合の結果も影響するが)、雌雄を決する一戦となってしまった。

 しかもこの一戦は9月26日に行われる予定だったが、東南アジア特有の激しい雨と雷、変わりやすい天候もあり、まずキックオフが遅れるというアクシデントとなった。

 既にスタジアム入りし、いつ試合が始まってもいいように待機をしていた日本代表だが、もうひとつの会場も雷雨がひどく、結局この日は試合中止。翌日の11時(現地時間)キックオフへと急遽変更になってしまったのだ。

ピッチ、天気、宿泊の不安要素。

 このマレーシア戦を森山監督は「決勝トーナメント1回戦」と位置づけていた。それほど気合を入れて臨んでいた選手達は、指揮官の熱い思いに、十分以上に応えてみせた。

 翌日の試合。37分にFW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)のゴールで先制すると、安定した試合運びを見せる。そして後半アディショナルタイムにMF成岡輝瑠が貴重な追加点を決めて、2−0の勝利。見事に「仮想・決勝トーナメント1回戦」を勝利し、グループリーグ突破を手にした。

「アジアは一筋縄ではいかないと言うことは、これまでの先輩達の結果を見ても分かるし、ずっとゴリさん(森山監督の愛称)を始め、多くの人たちに言われてきましたから。

 当然、ピッチや気候、ホテルでの生活など環境もそうだし、異様な雰囲気を感じることがあるかもしれないので、そこでいかに自分のプレーが出せるか。そこに集中して必ず結果を持って帰ってきたい」

 02ジャパン不動のエースストライカーであるFW西川潤(桐光学園高)が出国前にこう語っていたように、彼らはこの3戦で、しっかりアジア最終予選の厳しさを痛感できたことだろう。

「衝撃的だった」同世代のイングランド。

 そんな多くのアクシデント、苦労もすべて貴重な経験なのである。「アジアの戦いは甘くない」という先輩たちの格言を、身を以て経験したことで、彼らの闘争本能にも火が点いたはずだ。

 苦しみながらも掴んだ世界への挑戦権――前回の「00ジャパン」はインドで開催されたU-17W杯において、同世代の世界中の才能ある選手たちとガチンコ勝負ができた。そして、その経験から多くのものを学び取り、早くもJリーグの舞台で躍動している。

 特に、「00ジャパン」のメンバーが口を揃えて「衝撃的だった」と語る決勝トーナメント初戦のイングランド戦はとてつもなく大きな財産となっているようだった。

「ここからさらに差が広がっていくから」

「本気になったイングランド代表はこれまで経験してきたすべてのサッカーとは質が違うと言うか、本当に凄まじかった。

 あの時はチームとしては0−0でPK戦の末に負けましたが、個々のレベルで見たら圧倒的に相手の方が上だったと思う。

 それにここからさらに差が広がっていくからこそ、自分もあの経験を絶対に忘れないように、イングランド戦を基準にしていかないと、という危機感が芽生えたんです」(福岡慎平・京都サンガU-18)

 厳しいアジア最終予選を勝ち抜いてU-17W杯に出場したからこそ、得られた「世界レベルの経験」。若い年代でこれを得られるかどうかは、今後の成長に大きな差となって現れてくる。

 日本サッカー界の将来を担う彼らが、かけがえのない経験ができるチャンスを自ら掴みとるために――。02ジャパンの命運を懸けたオマーン戦は、9月30日の現地時間16時30分(日本時間17時30分)に決戦の火蓋が切られる。

文=安藤隆人

photograph by Takahito Ando


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索