フィギュアとカーリングに吉報!関西地区の通年アイスアリーナ新設。

フィギュアとカーリングに吉報!関西地区の通年アイスアリーナ新設。

 関西で、ウインタースポーツに関連する大きな動きが進んでいる。2つのスケートリンクの建設だ。

 1つは、関西国際空港の対岸にあたる「りんくうタウン」の「関空アイスアリーナ(仮称)」。10月4日に地鎮祭が開かれ、2019年12月の開業を予定している。もう1つは、京都府宇治市の府立山城総合運動公園内に設立の「京都アイスアリーナ(仮称)」で、こちらは2019年春のオープンを予定している。

 どちらも、1年を通して利用できる通年型の施設だ。これで大阪府内での通年スケートリンクは、関西大学たかつきアイスアリーナ、臨海スポーツセンター、浪速アイススケート場に続き、4つ目。また京都府内には現在、通年で利用できる施設はなく、オープンすれば唯一の通年型リンクとなる。

2カ所ともカーリングレーンを併設。

 フィギュアスケートが大きな注目を集め、選手の活躍が際立つ今日でも、拠点とするリンクが通年型ではない選手は少なくない。例えば三原舞依や坂本花織が所属するクラブの拠点は季節に応じてスケートリンクとして営業するため、それ以外の時期は他のリンクでの練習を余儀なくされる。

 彼女たちのように国内外で活躍するスケーター以上に、スケートを始めて上達したいと考える子どもたちなどの若いスケーターにとっては、なおさら練習環境に困る局面があった。

 そういう意味で通年営業のリンクが2カ所増えることは、普及や強化において重要性を持つ。

 ことはフィギュアスケートに限らない。というのは、2カ所のスケートリンクには、カーリングレーンも併設される予定だからだ。

各地に拠点があった女子の台頭。

 関空アイスアリーナに併設されるレーンは、スケートリンクと同様、年間を通して使用できることになっている。西日本の施設としては初めてのことだ。もともとの計画段階では、カーリングレーンの設営は予定されていなかった。しかし平昌五輪でLS北見が銅メダルを獲得する活躍を受けて話が持ち上がり、併設が決まったという。

 そのLS北見が銅メダルを獲得するに至った背景には、もちろんチーム、そしてチームに所属する選手たちの努力は大きい。それと同時に、環境の変化も少なからずあった。

 歴史を振り返れば、女子はチーム青森と北海道銀行がそれぞれ青森、札幌のカーリング場、さらに中部電力は軽井沢を拠点に台頭して、切磋琢磨が生まれた。

 それもLS北見の銅メダルにつながっているだろう。そして2013年に、LS北見が拠点とするアドヴィックス常呂カーリングホール、軽井沢が拠点とする軽井沢アイスパークと、2つの通年型のカーリング場ができたことも、強化に貢献している。

本橋麻里が語っていた環境面。

 年間を通してカーリングができる場所がある意義。かつて本橋麻里はこう語っていた。

「海外、特にカナダなどでは年中、カーリングができる環境があって、それが強さにも、普及にもつながっていると思います。日本にもそんな場所がたくさんできていけば」

 各地でカーリングに打ち込む条件が整うことは、未来へ向けての好材料となる。特に西日本では、カーリングに年間を通して打ち込むのは簡単ではなかった。冬季に営業するカーリング場はあっても、それ以外の季節は他の地域に出向いて合宿を敢行するなど苦労していた。そうした環境が改善される一助となるだろう。

軽井沢クラブの選手が異なる場へ。

 こうした話があるさなか、男子では今シーズン、新たな動きが広がっている。

 特に長年メンバーを固定し、強さを培ってきた平昌五輪代表のSC軽井沢クラブの選手たちが他チームに移ったり、両角友佑はフリーの立場で競技を続けている。各々が進路を選び、異なる場で活動することを決めたのは代表的な例だ。

 強豪チームの戦力分散により、一時的に、男子のトップの力が低下する可能性もある。女子も各地域で本格的な強化を目指すチームが増えた時に「選手の分散がトップのレベルの低下を生む」との懸念の声が挙がった。しかしそれを覆すように、それぞれのチームがレベルアップを図ったことで、五輪でのメダル獲得へと至った歴史がある。

 それを思えば、決して悲観する材料ではないし、カーリングレーンの新設とともに、男女ともども、また一歩次へと進む契機ともなる。

 西日本から強豪チームが現れる――そんな未来のきっかけになるかもしれない。

文=松原孝臣

photograph by Getty Images


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索