横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。ゴール後、左腕にキスをする理由。

横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。ゴール後、左腕にキスをする理由。

 上位争いとは無縁のまま、秋を迎えた横浜F・マリノス。だがこのチームには、気になる男がいる。ポルトガルからやって来たストライカー、ウーゴ・ヴィエイラだ。

 外見に際立った特徴はない。

 屈強な肉体があるわけでもなく、スピードに恵まれているわけでもない。華麗なボールタッチを見せるわけでもない。

 だが、点は取る。ペナルティエリアの死角に身を潜め、チャンスになると不意に現われてボールを押し込む。ゴールの多くはワンタッチシュートから生まれている。

 横浜のGKコーチ、松永成立は、キーパー目線から見たウーゴの怖さを次のように解説する。

「彼がゴールを決められるのは、ゴールへの意識が強いから。そして技術があるというよりも、とにかく冷静なんです。キーパーから見ると、緊迫した場面でも落ち着きが見える選手は、ほんとうにいやなものなんですよ」

ラモン・ディアスとウーゴの共通点。

 現役時代、多くの名手と対峙した松永は、そういって厄介なストライカーの代表に、かつての僚友ラモン・ディアスを挙げた。栄えあるJリーグ初代得点王である。

「チームの練習でディアスのシュートで鍛えられていたので、代表に行っても不安なくプレーできました。あれだけのストライカーはそうそういないですからね。ディアスの怖いところは、振りがとにかく速いこと。

 振りが速いので、コースがわかってもタイミングが読みづらい。すぐにずらされてしまいますから。キーパーはタイミングをずらされるのが、いちばんいやなんですよ」

 実はウーゴも、このタイミングをずらす術に長けている。

 松永が続ける。

「彼は駆け引きが上手く、いいポジションを取ってワンタッチシュートを決める。ワンタッチというのは、キーパーとしてはタイミングが取りづらいんですよ」

チャンスに落ち着いていられる。

 たしかに、考えてみればその通りだ。

 ワンタッチシュートというのは、飛んできたボールの軌道や速さが不意に変わるということ。一度ボールを止めて蹴ったシュートよりも、キーパーとしてはタイミングを合わせにくい。

 ウーゴは、キーパー泣かせのいやなヤツなのだ。

 この見立てを張本人にぶつけたところ、ウーゴはうれしそうにしゃべり出した。

「俺のいちばんの強みは、ゴール前で冷静でいられるところかな。ゴールはサッカーでもっとも美しい瞬間。だから、チャンスを迎えて慌ててしまう選手は少なくない。でも冷静な俺は、チャンスに落ち着いていられるんだ。

 俺はあらかじめ、どこにボールが飛んできて、どれくらいの時間がもらえるかがわかる。加えて右足でも左足でもシュートできて、ヘディングだって苦手じゃない。だから相手をしっかり見て、落ちついてプレーすることができるんだよ」

 ゴール前では落ち着くことが大事。だれにでもわかることだが、実際にやるのは難しい。かくいうウーゴも、ゴールを決めることが簡単だとは思っていない。

「ストライカーはゴールを決めなきゃいけないポジション。でも、それは難しい。ポルトガルにいたころも、屈強なディフェンダーに削られ続けた。でも削られてイライラするのは、いいことなんだ。イライラするほど、俺は力を出せるからね」

 削られるほど、燃える。それがウーゴという男。生まれつき、逆境が好きなのだ。

ウーゴのせいで負けたと言ってくれ。

 ストライカーは、つねに数字が求められる厳しい役目。無得点でチームが負けると、真っ先に槍玉に上げられる。だが、この決めて褒められ、外して叩かれる宿命を、なによりも愛している。

「この落差の大きさがいいんだよ。ストライカーというのは、いうなれば崖っぷちを歩くようなもの。このスリルに生きる感覚が、なんともいえずいいんだよ。

 だから俺は、サポーターのみんなに伝えたい。俺が決められずにチームが負けたら、遠慮なく“ウーゴのせいで負けた”と言ってほしい。そうしたら俺は奮起するよ。落ちたら死んでしまう崖っぷちに生きることで、俺は自分の力を最大限出し切ることができるんだから」

 ウーゴは生まれながらのストライカーだった。

 好んで崖っぷちを歩く度胸の持ち主だから、チャンスになっても慌てないのだ。

左の腕に口づけする理由。

 ウーゴの芯の強さを語るとき、忘れてはいけない人がいる。

 それは2015年1月24日、ガンで亡くなった愛する前妻エディナ。彼女がガンを発病したのは、ウーゴが着実に結果を出し、キャリアを築きつつあったときだった。

「闘病中の彼女を病院で励まし、眠れない夜をたくさん過ごした。食事がのどを通らないときもあった。もちろん、それでは結果は出ない。だからファンやメディアに叩かれたよ。でも俺はプライベートなことだから、彼女のことは語らなかった。

 その後、俺は彼女の近くにいるために、故郷のクラブに戻った。彼女が俺がプレーすることを望んだから、看病をしながら試合に出続けたけど、そこでも結果を出せず、批判は限界まで高まった。そこであるときついに、すべてをメディアに語ったんだ。彼女が亡くなったときは、ほんとうにつらかったな……」

 ウーゴはピッチに入るとき、いつも左の腕に口づけをする。そこには自分と彼女の指でつくったハートと、ふたつの婚約指輪のタトゥーが彫られている。

 ウーゴはボックスの中で存分にスリルを味わいながら、今日もゴールを狙う。亡くなった、彼女の人生をも生きるかのように。

文=熊崎敬

photograph by J.LEAGUE


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索