再戦は慎重に……。那須川vs.堀口、“世紀の他流試合”の緊張感と余波。

再戦は慎重に……。那須川vs.堀口、“世紀の他流試合”の緊張感と余波。

“世紀の一戦”を制した男の出で立ちは、スーツにサンダルだった。「RIZIN.13」(9月30日、さいたまスーパーアリーナ)一夜明け会見での那須川天心である。

 この大会で、デビュー以来無敗の“神童”那須川はMMAの世界的強豪、堀口恭司と対戦した。ルールは3分3ラウンドのキックボクシング。堀口はこれが初のキックルールだが、MMAでも伝統派空手をベースとした打撃を武器にしている。

 パンチ、蹴りしか使えないルールでも、堀口はめっぽう強いだろうと容易に想像できた。むしろ幅の狭いルールで対戦することで、MMAとは違う“他流試合”“異種格闘技戦”としての妙味が生まれたとも言える。

 簡単に言えば、想像力を刺激してくれるのだ。

 打撃だけの堀口はどれだけ強いのか。それは那須川をも凌駕するほどなのか。キックボクシングの“最高傑作”の1つが負ける場面を見てしまっていいのか。

 とはいえ堀口が負けるのも、今や“事件”だ。

“現在進行形の伝説”が激突!

 大会チケットは売れに売れ、増席を繰り返した。27208人の観客数はRIZIN旗揚げ以来最高。PRIDE全盛期の数字に戻ってきたとも言えるが、もちろん観客にはPRIDEを知らない世代、那須川や堀口やRENAが掘り起こしてきた若いファンも多かった。

 いわばこの試合は“現在進行形の伝説”がぶつかり合うもの。「歴史の証人になるために」と言ってしまうとものほしげな感じもするが、そういう気持ちがなかったと言うのもまた嘘になる。

台風で揺れた当日のスケジュール。

 加えて試合当日は関東地方に台風24号が接近していた。

 JRは午後8時以降の運休をアナウンスしていた。RIZINは午後3時開始で、那須川vs.堀口は全13試合のメインイベント。午後8時からの地上波放送で生中継されることになっていた。

 お目当ての試合を見たら帰れなくなるのか? そんな心配をするファンも多かったはずだ。

 そんな中、主催者は大会開始直前に3試合(ミルコ・クロコップvs.ロッキー・マルティネス、アンディ・ウィンvs.山本美憂、那須川vs.堀口)の試合順前倒しを発表する。

 右往左往と言うのか一喜一憂と言うのか、こんな特殊なシチュエーション、忘れようにも忘れられないだろう。

 非日常中の非日常。観客のテンションは、もはや「おかしなことになっていた」くらいのことを言ってもいいのではないか。この日、RIZINに初参戦したジェイク・ヒューンは、観客の沸き方を「控室にいたけど、雷が落ちたのかと思ったよ」と語っている。

堀口には蹴りが“見えて”いた。

 ただ試合そのものに関しては、雷が落ちたような“衝撃的フィニッシュ”にはならなかった。そうなるには、お互いレベルが高いところで噛み合いすぎたということだろう。

 一夜明け会見での那須川がサンダル姿だったのは、蹴りをブロックされて足を傷めたからだ。つまり堀口には、那須川の蹴りが“見えて”いたということになる。

 堀口は試合前から落ち着いた、柔和と言ってもいいような表情を見せていた。時には笑顔にすらなっている。組み付かれることがないためMMAよりも近い距離で闘ってもいた。

 打撃が届きやすい距離は、もちろん打撃をもらいやすい距離でもあるのだが、そこに躊躇なく入っていけるのが堀口の底知れなさだろう。2ラウンド中盤、至近距離で両者がパンチと蹴りを繰り出し、よけ合ったのは最大の見せ場の1つだった。

勝負を決めた大技、胴回し回転蹴り!

 堀口とは対照的にこわばったような表情だった那須川も、試合後半には緊張感を振り切ったのか攻撃のテンポを上げていった。

 勝敗を決めたのは3ラウンドにヒットさせた胴回し回転蹴りだ。

 ここでこの大技が出るか、と誰もが驚いたはずである。中村優作戦では胴回しでダウンを奪っているが、その時の小さな縦回転ではなく、今回は大きく横に振ってくる蹴り。その使い分けがまた非凡だ。

 動きが止まった堀口は反則のタックルで那須川の追撃を潰さざるを得ない。それでも那須川がラッシュを続け、パンチとミドルキックでボディも効かせたように見えた。

 この攻撃がものを言って、試合は那須川の判定勝ちとなった。それは終盤になって、ようやく少しの差がついたということでもある。試合後の那須川は、堀口を「獣のようだった」と語っている。堀口は中盤にあった金的へのローキックの影響を否定こそしなかったが「負けは負けなんで」。

一瞬、試合中止さえ願った那須川の緊張。

 試合中、笑顔を見せたのは「駆け引きが分かって、凄く面白かった」からだそうだ。「フェイント入れたらこうくるな、とかが分かったんで」と堀口。那須川も、駆け引きの濃密さを語っている。そして堀口が唯一、読めなかったのが胴回しだったと言う。おそらく両者とも、実際の攻防以上に脳内で“手数”を出していたのではないか。観客の盛り上がりは、それを皮膚感覚で察知したからではないか。

 KO決着ではなく、ダウンもなく、しかし恐ろしく充実した試合だった。見ているだけで疲れる試合だったとも言える。

 那須川は台風による試合順変更の際「このまま試合がなくならないかな」と思ったそうだ。無敗の“神童”がそれくらいナーバスになっていたのだ。

リマッチがすぐにできないレベル。

 もともとこの試合は、RIZINキックトーナメントでの対戦が想定されていた。しかし両者の合意で(ノーダメージで闘える)ワンマッチとして行なわれることに。試合が終わると、榊原信行実行委員長はトーナメントの開催自体をゼロから考え直したいとコメントした。

「安直に(トーナメント枠に)那須川と堀口を入れてもう一回でいいのか、と」

 リマッチ自体、すぐに組むつもりはないようだ。それほど軽いマッチメイクではないと、試合を見てあらためて感じたということではないか。

 僅差の判定だったから“完全決着マッチ”の余地は残されているが、だからと言って「安直」にビジネスにできるレベルではないのだ、那須川天心と堀口恭司の闘いは。

文=橋本宗洋

photograph by Susumu Nagao


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索