欧州で奮闘するカレン・ロバートは、なぜ木更津にクラブを創ったのか?

欧州で奮闘するカレン・ロバートは、なぜ木更津にクラブを創ったのか?

 ジュビロ磐田時代の2005年にJリーグ新人王に輝き、'10年末からはオランダへ渡った。

 現在はイングランド7部リーグのレザーヘッドでプレーするカレン・ロバートに、転機が訪れたのは'12年夏だった。VVVフェンロのプレーヤーだったカレンは、戦力外扱いになりかかった。

「ヤバイ。このままだと半年は試合に出られなくなる」

 将来のことを考える時間が増えた。そして、「千葉にサッカースクールを作ろう」と思い立った。'13年、市立船橋高時代の仲間とともに、千葉県佐倉市にサッカースクールを立ち上げた。

房総半島をターゲットに。

「僕は茨城県土浦市出身ですが、サッカーでは柏レイソルのジュニア、ジュニアユース、市立船橋でプレーし、千葉県で育てられてプロサッカー選手になることができました。一方で、僕はジュビロでプレーしたので、静岡県がどれだけ『サッカー王国』か知ってます。天然芝のピッチの数、地元テレビ局のサッカー番組、女子サッカーの強さ、市民のサッカーIQの高さ――。

 育成も『千葉は良い』と言われますが、意外と僕のように県外から来ている選手が多いんです。千葉県のことを『サッカー王国』と言う方もいますが、僕は恩返しの意味も含めて、サッカーをもっと県民にアピールして、本当の『サッカー王国』にしたい。それが僕の仕事です」

 千葉市にはジェフ千葉があり、柏市には柏レイソルがある中、カレンがターゲットにしたのが千葉県南部の房総半島だった。

「房総半島の土地は広いんですが、合わせても60万人ぐらいしか住んでおらず、船橋市の人口と同じぐらい。夢の面で弱く、若い人たちが千葉県北部や東京に出ていってしまう。また、ジェフ千葉でサッカーをしようにも、館山から片道2時間もかかってしまう。それで、木更津にサッカークラブを作ることで、房総半島各地から1時間で通えるようにし、この地域のシンボルにしたいと思ってます」

木更津には昭和の人情味が。

 現在、千葉県1部リーグに所属するローヴァーズFCは、J3を目指している。ジュニアユース1期生は、来季、高校サッカー、クラブのユースへと上がる。木更津と印西にはフットサル施設を持っている。

 フェンロのマンションで思い悩んだ日々から、わずか5年。ローヴァーズは順調に成長している。

「房総半島には結束力があると思ってます。 子どもたちを見ていても、距離感が近いのか本当に仲がいいし、よく笑う。県内北部のチームの方が強いかもしれませんが、南部の子どもたちのほうが楽しそう。さらに、ローヴァーズの子は、サッカーはまだ下手かもしれませんけど、身体能力があります。房総半島は山があり海もあって、自然の中で育っているおかげか、体が大きかったり、足が速い子が多いんです。

 大人には昭和の人情味があります。僕はあまりお酒を飲まないんですが、飲み屋さんに行くんです。すると『おお、カレン、来てるんか!』って。スポンサー絡みで飲みに行ってると思われるかもしれませんが、本当に友達感覚で楽しいんですよ。そこで人を紹介してもらって、人脈が広がっていくんです。

 あとは地元の少年団の指導者たち。野球のほうが盛んな土地ですが、サッカーの指導者として長年、熱い情熱を持って活動してきたんだと感じてます。大人と付き合い、子どもの可能性も見て、僕は房総半島で頑張ると決意しました。住居も木更津エリアに決めました」

世界とローカルを1人で網羅。

 サッカーとは、とてつもなくインターナショナルなスポーツだ。その一方で、とてつもなくローカルであることの矛盾に魅力を感じている。

 カレン・ロバートは、プレーヤーとして世界を周り、サッカークラブの代表者としては、房総半島という極めて限られた地にターゲットを絞って活動している。まさに、サッカーが持つ魅力を1人で具現化してしまったのだ。

 カレンがどんどん見知らぬ人たちの中に飛び込んで、話をしていることは、軽い驚きだった。

「知らない人と会うのは苦じゃないです。房総半島は渋滞しないし、景色は綺麗だし、その土地ごとに美味しい料理がありますし。俺、営業に向いていると思いますよ。1人でベトナムに行っちゃうし」

クラブの意味は、さすらい人。

 うむ? なぜにベトナムへ?

「木更津ではベトナム人が働いているんです。将来、労働力を移民に頼るか、それともロボットかといったら、僕は両方だと思ってます。大きな会社、都会の会社はロボット。だけど、中小企業には移民が増えると思います。木更津にはベトナム人の移民がもっと増えるでしょう。ならば、ローヴァーズの選手もベトナム人がいいかもしれない。

 だからベトナムの英雄レ・コン・ビン(元ベトナム代表キャプテン。コンサドーレ札幌でもプレー)と会って、『自分はこういう者です。ベトナムのサッカーが好きなので、将来はローヴァーズをステップアップの場に使ってほしい。日本の環境に慣れるためにも、木更津は都会じゃないし、物は揃っているし、物価も安いし、安全だし、空港にも近いから良いと思います』と挨拶に行ってきました」

 カレンはどのような思いでローヴァーズという名前をクラブにつけたのだろうか。

「英語で『さすらい人』という意味です。創設者3人を港に見立てて『みんな、どこかに行っても、疲れた時には戻って来やすいクラブにしたい』という思いを込めました。ブラックバーン・ローヴァーズが有名ですが、イギリスにはローヴァーズというクラブが多いんです。この前のFAカップの対戦相手がヘーバリル・ローヴァーズだったので、僕としてはちょっと気まずかった。6−0で勝ちましたが、申し訳なかったです。

 僕自身がさすらい人。成功を求めて長旅をし、失敗してもまた立ち上がるという意味がローヴァーにはあるんですが、僕そのまんま。僕はその姿をクラブのみんなに見せないといけない」

無所属時代に感じた楽しさ。

 イングランドに来る前の1年半、カレンは当時の代理人の“エアオファー”に翻弄され、無所属の時期が続いた。

「チームが無くて、本来ならば辛い時期だったんですよ。でも、ちょうど、その時期の2年前に、ローヴァーズ・ジュニアユースの1期生が始まったんです。最初はヘディングすらできないほど下手だったのが、1カ月、2カ月と経つうちにうまくなっていって、これまで勝てなかったチームに勝つようになった。

 そういうのを見ていると楽しくって、僕はまだ現役選手なのに、プレーすること以上に楽しいことを見つけちゃって『ヤベえ』って。この間、その子たちの最後の試合があったんです。僕はイギリスにいるから、見に行くことができず申し訳なかった」

老若男女の憩いの場に。

 さらにローヴァーズを地域密着の総合型地域スポーツクラブにするために、行政に対してプレゼンテーションしているのだという。総合型地域スポーツクラブに認定してもらうためには、3つの種目が必要。その中にバスケットやチアダンスを設けて、将来はローヴァーズを応援して欲しい。クラブハウスや合宿所も作りたい――。

 実際に、木更津市の廃校をスポーツ合宿施設にリノベーションし、地域を活性化するプロジェクトに名乗りをあげ、着々と事業の構想を練っているという。

「こういうことを考えているとめちゃくちゃ楽しいですよ。実現したら夢のショートカットになる。僕がロアッソ熊本でプレーしていた時は、まだクラブハウスが無かった(その後、完成)ですし、練習場を転々としていました。J2のクラブですら、そうだったんです。拠点ができれば、他のクラブとの差別化ができると思います。

 高齢化社会ですから、おじいちゃん、おばあちゃんの集いの場にもしたいですよね。松本山雅は、おじいちゃん、おばあちゃんの応援が多いそうです。ローヴァーズも魅力的なチームになり、子どもから年配までいるような空間を作りたい。それが理想です。脳の体操として、健康麻雀が流行っているそうですけど、どれだけ健康体でいるかが、おじいちゃん、おばあちゃんの課題でしょうから」

 カレンの話を聞いていて、天職が見つかったなと感じた。そして、彼の過去・現在・未来は綺麗につながっているなと、羨ましく思った。

文=中田徹

photograph by Toru Nakata


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索