46歳でも進化するカミカゼ葛西紀明。鏑木毅も驚いた100%の「落ちろ!」。

46歳でも進化するカミカゼ葛西紀明。鏑木毅も驚いた100%の「落ちろ!」。

鏑木 先日、50歳になりました。9年前の40歳のときにモンブランのまわりを1周する「UTMB」というレースで3位になったのですが、2012年を最後にしばらくUTMBから遠ざかっていました。

 ですが、50歳になった来年の夏にもう一回チャレンジしようと決め、今は身体や心を鍛えなおしている段階です。ですから今日は葛西さんにトレーニングのこと、メンタルのことなど、聞きたいことが本当にたくさんあります。

 日本人のみならず、いやむしろ本場ヨーロッパのジャンパーたちが率先して、「レジェンド」と呼ぶ男、それが葛西紀明だ。史上最多8大会の冬季オリンピックに出場し、3つのメダルを獲得。46歳という年齢にしてなお世界のトップレベルで渡り合い、常識を覆す「カミカゼジャンパー」だ。

 一方、トレイルランニングの世界もヨーロッパ勢のレベルが高い。主要なレースのトップ10を欧州の選手がほぼ独占するなか、40歳に近い年齢から世界の舞台に出て、何度も表彰台に登った鏑木毅もまた、その世界では「レジェンド」「神」などと呼ばれてきた。

鏑木 僕は陸上からトレイルランニングへ、しかもトレイルのなかでも短距離、長距離、超長距離と主戦場を移してきました。ある意味では競技を変えてきたと言ってもいいかもしれません。

 ただ、葛西さんはずっとスキージャンプ一筋。同じ競技を続けて、次の北京で9回目の冬季五輪を目指すことになると思うんですが、そのモチベーションはどうやって維持されているんですか。

葛西 うーん、一番は好きだということですね。好きと言うより、愛しています。あとはこれだけ飛んできていても、まだまだ「難しい」っていうのが続けられる理由ですね。

鏑木 試合で飛んでいる時間に感じる高揚感はスゴイのかな、と想像する一方、その一瞬に向けてコツコツと準備をしていく過程はとても地味だと思います。その地味な練習を含めて「愛してる」んですか?

葛西 そうですね。練習はツラいんですけど、面白い。自分をイジめるのは好きですね。どれくらい強くなれるのかって。練習していないと不安になります。

鏑木 僕もランニング・ドランカーのようなところがあって、走って疲れた状態でいないとなんだか不安になるんです。似たようなところがあるのかも (笑)。40代になってからは年々衰えを感じながらも、なんとかモチベーションに折り合いをつけてやっています。スキージャンプは、踏み切りの瞬間が勝負かなと思っていますが、脚力に衰えを感じますか? それとも経験でカバーできるものなのか。

「氷の上で立ち幅跳びをする」感覚。

葛西 衰えますけど……、じつは脚力を含めたパワーはそこまで必要ないんです。そもそも踏み切りではそんなに力をいれて斜面を蹴ってないんですよ。もちろんある程度の力は必要なんですけど、その力がうまく斜面に伝わらないと飛べない。

「氷の上で立ち幅跳びをする」というのが踏み切りの瞬間の力の入れ方の感覚に近いのですが、時速90kmのスピードをだしながら踏み切れるか。少し想像してみてください。タイミングと、飛び出しの方向と、パワー。それが1箇所にポンッとハマれば飛んでいくんです。反対にいくら鍛えて強いパワーがあっても、タイミングよくスムーズに踏み切れないと水の泡になってしまう。

鏑木 僕の場合、昔はパッと脚を動かせていたのが、神経伝達のスピードがやや落ちているのか、下りのパートで岩や木の根を避けるときに足の置き場を間違えて、足首を捻ってしまうということがあるんです。葛西さんは「今ここで踏み切ろう」と思ったときに、実際の動きがコンマ何秒か遅れてしまったりということはありますか。

葛西 いや、それが無いんですよね。ただ、踏み切りのタイミングが「完璧に合った!」ということもほとんどありません。年間200本ジャンプを飛んだとして、これだと思うのは1、2本あるかないか。タイミングが完璧にあえば、今でもジャンプ台のレコードが出たりします。それは若いころも今も同じなんですよ。だから、反射神経も衰えは感じていませんね。

鏑木 ちなみに、これまで試合では何本くらい完璧なジャンプができているのですか?

葛西 10歳で競技を始めて35年以上になりますが、レースのジャンプで「来たっ!」と思えたのは今まで5本しかありません。例えば、1992年のフライング選手権で優勝したときや、1994年に五輪前の札幌で135.0mのレコードを出したときがそうです。ただし、いずれも1本だけで2本揃えられたことはないですね。

 最高のジャンプができたときは、踏み切った瞬間に頭の中が真っ白になります。何も考えられないんです。逆に失敗したときはすぐに「やっちゃった!」とわかるので、頭の中で「いい風吹いてくれないかな」って考えたり(笑)。

「家建てるぞ、車買うぞ、と」

鏑木 では、葛西さんの中で年齢により衰えを感じている部分はないんですか?

葛西 うーん、もちろん全体的にちょっとずつは落ちていると思うんですけど、大きく落ちたものはありませんね。

鏑木 驚異的! 何か秘訣があったら教えてください。

葛西 うーん、うまく答えになっているかわかりませんが、じつは小さい頃から鏑木さんの本業であるランニングを続けているんですよ。もちろん持久力をつけるためという面もあるんですけど、それ以上に、半年に渡る海外遠征を乗り切る基礎体力や耐える力が備わります。

 僕にとっては体力面だけでなく、精神面にも必要な時間です。走るときっていろいろなことを考えるじゃないですか。ジャンプのことはもちろん、家建てるぞ、車買うぞ、といったモチベーションにつながることとか。

鏑木 なんだか嬉しいなぁ。

葛西 一番のメンタルトレーニングじゃないかなと思います。1回30分前後。汗かくのが好きなので、サウナスーツ着て走ってます。

鏑木 いろいろな研究で実証されてきていますが、安静時に考えごとをするよりも、ポジティブなプラスの発想が出てきますよね。

葛西 遠征先のホテルの部屋でじっとしていると、昔のことばかり思い返したりしますしね。それに海外の強い選手もやっぱり走っていますよ。遠征中に早起きして外に出ると、彼らがランニングをする姿を見かけますから。でも、日本の若い選手はほとんど走ってないんです。だから、たぶん僕にはずっと勝てない(笑)。

鏑木 スポーツの世界では、野球でもサッカーでも40歳を超えると若い選手には敵わないのがいわば「常識」になっていますよね。だから46歳の葛西さんがテレビで「北京を目指す」とコメントしていたのは、失礼ながら強がりで言っているのかなと感じていたんです。ただ、まったくそうじゃないということがよく分かりました。

葛西 大丈夫ですかね、こんなこと言ってて(笑)。僕もさすがに腰とかヒザとかの関節には年齢を感じるので、トレーニングの内容やボリュームは変えています。若い頃と同じトレーニングもやろうと思えばできますが、やるとケガをしてしまう。やればやるほど自信がつくので昔はガムシャラでしたが、今は故障しないことを第一に考えています。

鏑木 わかります。経験を重ねてくると、これ以上やったらケガしそうだなと察知できるようになりますよね。僕も世界3位になったときのトレーニングというのがあって、そのときの練習日誌は心のよりどころになってますが、その練習を今そのまま実践するとケガをしてしまう。だから、どこまで若い頃のトレーニングを取り入れ、どこで我慢するか。創意工夫のしどころでもありますね。あと、話がずれますが、ケアのための温泉は欠かせません!(笑)

葛西 僕も温泉は大好きで、よく行くようにしています。海外遠征中は温泉に行けないんですけど、その代わりオフの日は観光に出かけますね。今までで1日中寝ていたという日は一日もないんです。子どものころから、朝に目が覚めたら「今日は何しよう」ってワクワクしている。

鏑木 ああ、そこに何だか葛西選手が長年第一線で活躍されているカギがあるような気がします。

鏑木「贅沢な家に生まれていたら……」

鏑木 僕は平昌のとき、スキージャンプをトレッドミルで走りながら観ていました。葛西さんの番になると、勝手に自分を重ねてしまうから、こっちまで胸が締め付けられちゃって……。僕が走る160kmのレースでは、スタートから10時間ほどたった後半にスイッチを入れればいい面もあります。でも、ジャンプは瞬間勝負ですよね。しかもオリンピックは4年に1度。やはり他の試合とは違いますか?

葛西 2010年のバンクーバーまでは「五輪はすごい舞台だ」というのが潜在意識に刷り込まれ、縮こまった気持ちだったんです。でもソチに向かうころから、自分自身が五輪に合わせていくんじゃなくて、五輪が俺に合わせているんだ、という大きい気持ちで戦えるように変わりました。

鏑木 いい形で歳と経験を重ねて、いろんな状況をワイドな視点で見られるんですね。若い選手にはわからない境地だろうなぁ。とはいえ緊張はしますよね、さすがに。

葛西 もちろん。緊張で気持ち悪くて、気持ち悪くて、飛ぶ前には心臓が口から飛び出そうなくらいです。自分の番になって、ゲートの前でいざというときはその場所から逃げ出したくなります。寝る前にメンタルトレーニングの一貫として、当日の細かい動きをイメージしたりもするんですが、やっぱりイヤですよ、あの緊張は。

鏑木 それを聞いて少し安心しました(笑)。ジャンプ界のなかでもメンタルが強いと言われているんですか。

葛西 忍耐力や我慢する力は備わっているのかなと思います。僕は小さい頃はすごく貧乏で、お小遣いはもらえなかったし、オモチャもなかった。我慢が多い生活でした。そんな生活の中で母親が強い人だったので、それを間近に見て身についたのかな。

鏑木 僕も家が農家で、自給自足のような生活でした。おやつは乾燥イモで。そういう生活を経験していたから、月間1000km以上というトレーニングもこなせている気がします。

葛西 走るというのは耐えなきゃダメですよね。

鏑木 贅沢な家に生まれていたら耐えられなかったかもしれません。

「落ちろ!」「転べ!」という嫉妬の形。

葛西 1998年の長野五輪、日本は団体で金メダルをとりました。岡部(孝信)さん、齋藤(浩哉)さん、原田(雅彦)さん、船木(和喜)。日本中が歓喜していましたよね。でも、僕はまったく喜べなかった。他の日本選手よりも僕の方が数段、体力やフィジカルが上だったし、それは他のメンバーも感じていたと思います。だけど、4年に一度のあのタイミングでは、団体に選ばれた他の4人の方が調子がよかったんです。

鏑木 だからこそ悔しかったんですね。

葛西 自分の人生で一回だけであろう自国開催の五輪で、前の年にはお母さんが亡くなっていて、妹も病気で、絶対に金メダルを取りたいという思いが強かった。それなのに自分以外の日本人選手が金メダルを獲った、というのが悔しかったんですよね。外国人選手だったら諦めがついていたかもしれません。でも、その悔しさがなかったら、ここまで飛び続けていなかったのかもしれません。

鏑木 僕は早稲田大学で箱根駅伝を目指していたのですが、坐骨神経痛の影響でメンバーに選ばれず、途中で退部しています。僕らが4年生のときに同期の連中が何十年ぶりかの総合優勝を成し遂げるんですけど、「頑張れ!」という思いと、「活躍されるのは嫌だな」という思いが半々でぐるぐるしていました。すごく自己嫌悪に陥りましたけど。だから、何かの記事で読んだ、長野の団体のときに「落ちろ!」と思ったという葛西さんの気持ちはよく分かります。

葛西 やっぱりそういうのあるんですね。僕は半々どころじゃないですよ、100%の気持ちで「落ちろ、転べ!」って(笑)。

鏑木 ハハハ。アスリートって、たとえそう思っていても隠す人が多いけれど、葛西さんはストレートですよね。素敵だなぁ。

葛西 長野に出場できなかった原因はその前のシーズンの怪我でした。実は練習の合間にバレーボールをやっていてケガをしてしまって。何でも勝ちたくなって本気でやっちゃうんですよね(苦笑)。さすがに今はそんな無理はしませんが。

鏑木 でも、その長野五輪の経験があるから今の自分がある、と。今となっては、あれはあれでよかったと思いますか?

葛西 はい、ちょこっと思いますね。だから2022年の北京ももちろん目指します。まだ4年もあるので、いろいろなチャレンジをする余裕が残されているのが、楽しみです。誰もが驚くような新しい飛び方を発明できるかもしれませんしね。

鏑木 力強い。北京五輪で、葛西さんの「完璧なタイミングのジャンプ」を期待しています。

鏑木毅(かぶらきつよし)

1968年生まれ。早稲田大学競走部で箱根駅伝を目指すもケガのために断念。28歳のときにトレイルランニングのレースに出場し、花開く。40歳のときにプロへと転向し、主に100km以上のウルトラトレイルの国際レースで活躍。とくに世界最高峰のレース「UTMB」では4度も表彰台に登る。現在は2019年の夏に50歳で再びUTMBへと挑戦する「NEVERプロジェクト」に取り組んでいる。

葛西紀明(かさいのりあき)

1972年生まれ。北海道出身。16歳のころから国際大会の舞台で活躍し、五輪出場8回を誇る。2014年のソチ五輪ではラージヒル個人銀メダル。同ラージヒル団体銅メダル、1994年リレハンメル五輪ラージヒル団体銀メダル。他にも数多くの最多記録、最年長記録を持つ。現在は土屋ホームに選手兼監督として所属。

文=礒村真介

photograph by Shin Hamada


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索