久保建英がアジアで見せた放熱。「負けて下を向いては差が開く」

久保建英がアジアで見せた放熱。「負けて下を向いては差が開く」

 ジャカルタから南へ車で1時間半ほどにあるボゴールは、地元では保養地として知られる。確かに首都ほど蚊も多くない(少ないわけではない)が、夜でも歩くだけで汗が噴き出し、ミネラルウォーターを手放せない。「カメラ機能が現在高温のため利用できません」というスマホの表示も初めて見た。

 インドネシア国内にいれば少なからず違いは感じるが、五十歩百歩だ。

 11月1日、U-19日本代表が0−2で敗れたU-19アジア選手権準決勝のサウジアラビア戦。日本は初戦から14日目にして5試合目を数えていた。

 21時20分頃に試合終了の笛が吹かれると、日本の選手が次々とピッチに倒れ込み天を仰いだ。一方、サウジアラビアの選手はピッチにキスをして歓喜と感謝の祈りを捧げる。

 その中を、ラストプレーのFKを得たチャンスを作った久保建英(横浜F・マリノス)が深く考え込むように前だけを見つめ、ゆっくりセンターサークルへ向かって歩いていく。

「PKではないかと」主審に確認。

 誰よりも先に整列すると、久保より体が二回りは大きな主審に言葉を掛けた。最後にFKを得たファウルの位置がペナルティエリアに入るかどうか微妙だったので、「PKではないかと思ったんですが……」と確認したという。そのように英語で審判や相手選手、さらにインドネシアや海外メディアともコミュニケーションをとっていた。

 久保が「KUBO」としてこの大会、いろいろなところで注目を集めた所以の1つだ。

 準々決勝のインドネシア戦は2−0で勝ち、日本は来年ポーランドで開催されるU−20W杯の出場権を獲得した。今大会の最大の目標でありノルマは達成した。

 ただ、彼らはそれだけで満足することはない。準決勝はより強い相手と試合ができるチャンスでもある。しかも直前の試合で、カタールを下した韓国が先に決勝進出を決めていた。勝てば日韓によるファイナルという機会も待っていた。

 しかし日本代表は、今大会初めて試合開始から採用した3-4-3がハマらず、5-4-1のような引き気味の布陣になってしまい、前に出ていけない。そのアンバランスな態勢を突かれ、前半だけで2失点を喫してしまった。

徹底的に仕掛ける久保に……。

 ゴールを奪うしかない日本は後半開始から、久保と宮代大聖(川崎U-18)を投入した。

 久保はまず4-4-2の右MFに入った。ハーフタイム、影山雅永監督から選手たちへの指示はこうだった。

「もっとゲームをコントロールしよう。日本らしくない。ボールにもっとかかわる、顔を出してあげる、顔を上げる。その勇気を持ってやろうじゃないか。そういう姿勢から1点ずつ返すことが可能だ」

 確かに時間が経つごとに、逃げ切りを図ろうとラインを下げるサウジアラビアに対し、日本が次第に主導権を掴んでいった。71分、今大会3ゴールを決めてブレイクした17歳の斉藤光毅(横浜FCユース)が3枚目のカードで送り出される。斉藤が右MF、久保は2トップの左にポジションを移す。

 するとサウジアラビア守備陣は、ペナルティエリア内に徹底的に仕掛けてくる久保の動きに明らかに手こずる。

久保が絡むと日本の試合は動く。

 久保が仕掛けることが相手ゴール前の壁へのくさびとなる。67分、79分にもDFもGKも飛び出しにくい位置までボールを運び決定的なシュートを放った。が、わずかに枠を捉え切れない。

 さらに試合終了間際、冒頭の話に出たPKかどうかギリギリのところでFKを得たシーン。久保のキックが逆サイドに渡り、斉藤が合わせられれば1点……という場面を作り出した。

 久保の左足から3度、日本のビッグチャンスが生まれたのだ。

 拳を固めて歓喜を爆発させた北朝鮮戦での鮮烈な直接FK、イラク戦での相手を蹴散らすようなペナルティエリア内に切れ込んでの滝裕太(清水)への先制アシストと田川亨介のゴールにつなげたスルー、猛烈な豪雨のなかで突き抜けたインドネシア戦での宮代へのアシスト。

 今大会、日本の試合が大きく動いたとき、いつも久保がゴールに絡んでいた。サウジアラビア戦も、アタッカー陣でシュートを放ったのは久保だけだった。

「連動していければ勝てた」

 試合を重ねるごとに、攻撃の中心としての存在感は増していった。

 サウジアラビア戦のあと、久保は次のように振り返った。

「勝てない相手なんていないと思うので、どこかから糸口を見つけなければいけないと思っていました。今日はそれを完全には見つけられず敗れてしまった。前半から(試合終盤のように)しっかりみんなで連動していければ勝てたかなと。もちろん、もう一度やってもどちらが勝つか分かりませんし、たら、れば、になってしまうのですが。でも、次にやるときが来れば、必ず勝てるように、みんなとしっかり話し合っておきます」

 インドネシアには勝てた。ただ、日本と同じく4連勝で勝ち上がってきた中東の雄には、あらゆる面で上回られてしまった。17歳の久保はその現実を言葉にしながら整理していた。

「勝ったチームはもう当然上を向いて次に進んでいる。負けたチームが下を向いたら、今ある差が開いていくだけです。負けたからこそ、しっかり自分たちと向き合い、もっとポジティブにいければ、その差は少しでも縮まっていくんじゃないかなと思います」

 悲観ばかりする必要はない。彼は前を向いた。何より、すぐに戦いは待っているから。

マリノスで力になるために。

 久保は横浜F・マリノスに合流する。レンタル移籍の身であり、天皇杯はすでに敗れているため、残されたリーグ3試合に集中する。

 横浜では加入直後に抜擢され、リーグ24節のヴィッセル神戸戦(◯2−0)では技ありトラップからのハーフボレーも突き刺している。ただ、今大会の直前、久保は出場機会を思うように得られずにいた。

 それだけに、彼はインドネシアで掴んだ自信を、横浜の戦いに還元する。力になりたくてうずうずしていた。

「みんながすごく調子が良くて、自分も出られないなか、いろいろな想いはありました。ただそこは代表チームとはまた異なる1つのクラブチームであり、選手全員で戦っているわけで、自分が出られないからどうこうってことはないです。自分も調子は悪くないと思っているので、練習でまた一からアピールして、チームの勝利に少しでも貢献したいです」

現地の少年も「クボ、クボ」。

 気候も街も人もあらゆる熱量に溢れていたインドネシアの地で、久保は熱いプレーで応えてみせた。「結果」を残し、少なからず自信は得た。

「今回を貴重な経験にしていかなければいけない。負けてしまったのは仕方ないことでもあるので、前を向いて。ただ前を向くだけではなく、この負けをどう捉えていくか。それが大事になっていくと思います」

 U-20W杯の出場権を獲得し、「次があることをプラスに受け止めています」と視線を先に向ける。むしろ負けた借りをその世界の舞台で返したいという覚悟も伝わってくる。

 準決勝前のボゴール近郊での日本の練習会場に、インドネシア人の少年2人が訪れていた。「クボ、クボ」と彼を見に来たという。

「日本対インドネシアのサッカーの試合は観たの?」と翻訳機能を介してスマホを見せたら、よく分からん、という反応を示された。言葉足らずだったのか、翻訳が不十分だったのか、それとも字が読めないのか。それはさておき、久保の名前は確かに知っていた。

 些細なことかもしれないが、久保はインドネシアでそんな心に訴える熱をも発していた。これもまたサッカーに国境はないということだろう。

 ジャカルタのカフェでやせ細った野良猫にすり寄られながら原稿を書きつつ、久保の放熱がどのように広がっていくのか、さらに楽しみになった。

文=塚越始

photograph by Masahiro Ura


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索