「スポーツの本質は遊びでしょう?」ラグビー伝説の名将・春口廣の今。

「スポーツの本質は遊びでしょう?」ラグビー伝説の名将・春口廣の今。

 笑顔で再スタートを切っている。1997年度から10季連続で大学選手権ファイナルに進出し、6度の大学王者を経験した関東学院大学ラグビー部の春口廣(はるぐち・ひろし)元監督。

 2015年に同大学を定年退職したのち、現在は週に1度、子ども達を指導している。

「来年のワールドカップ後のことを考えると、やっぱり子どもじゃないですか。子どもにラグビーを嫌いになってもらっちゃいけないよね」

 理事長を務めるNPO法人「横濱ラグビーアカデミー」は、毎週土曜日、横浜市金沢区の海の公園で活動している。

 参加する子どもは5人程度と小規模。だから春口さん、副理事長の櫻井勝則さん、そして保護者も一緒になって楕円球と戯れる。春口さんはメニューを進行しつつ、みずからもボールを抱き、楽しげに駆けていた。

「やっぱりラグビーするのが好きだから。自然と楽しくなるよね。学生のときもそうだった。ヘラヘラしていたら、『なに笑ってんだ』ってブン殴られてさ(笑)。ラグビーをしているときが一番楽しかったから」

清宮克幸監督とはライバル関係。

 1949年、静岡県に生まれた。日本体育大学を卒業後、1974年、当時リーグ戦3部にいた関東学院大ラグビー部監督に就任した。

 アカデミー副理事長の櫻井さんが4年生だった1982年、1部に昇格。関東学院大で監督も務めた櫻井さんは「当時は神奈川の出身者だけで、部員は26、7人でした」と当時を懐かしむ。

 そして箕内拓郎(元日本代表主将)を擁した1997年度、悲願の大学王者に。2006年度まで清宮克幸監督(現ヤマハ発動機監督)率いる早稲田大学とライバル争いを繰り広げながら、大学ラグビー界を牽引した。

1対1ではじまったラグビーアカデミー。

 横濱ラグビーアカデミーは、そんな監督時代の2003年、地域総合型スポーツクラブとして設立。主にラグビーの普及を目的として、タックルの代わりに腰ヒモを取るタグラグビーなどを行った。

「タグラグビーを普及させようとしている方がいて、『グラウンドがない』というので、提供しようと。ラグビーを普及させるには、より安全にプレーできるタグラグビーがいいと思ったんだよね」

 春口監督は関東学院大の釜利谷グラウンドを開放。大規模大会も定期開催した。しかし2015年、春口さんの関東学院大の定年退職にともない、アカデミーの活動拠点がなくなった。

 グラウンドがなければプレーはできない。プレーができなければ子どもたちはやってこない。それでもアカデミーは2015年、再スタートを切った。

「ある男の子と1対1で、もう一度始めたんですね。でもラグビーは1人じゃできないでしょう。それで仲間を増やそう、となってね」

「日本のスポーツが育たないのは」

 少しずつ子どもは増えた。ただ3年が経った現在も練習拠点は見つかっておらず、現在は海の広場の隅を個人として使用している状況だ。

 大人数で走り回るスペースが確保できないため、積極的な生徒募集をすることができない。アカデミーの参加人数が5人程度にとどまっているのはそのためだ。

「日本のスポーツが育たないのはフィールドだよね。場所の取り合いで、ケンカなんか見ちゃうとね……。学校の校庭だってひとつしかなくて、砂混じりで、転んだら怪我しちゃうでしょう。国立競技場を立派にするのもいいんだけど……。我々に必要なのは、整備されていて、いつでも使える場所」

 監督時代の春口さんは、積極的に釜利谷グラウンドを開放した。いま逆の立場となって、かつての自分のような存在は稀有だと知ることになった。

「スポーツの本質は遊びでしょう?」

 それでも3部チームを大学王者に育てた人は強靱だ。「アカデミーの最終的な夢は、クラブチームを作ること」と意気込んでいる。

 1974年の監督就任当時、部員はわずか8人だった。Hポールすらないグラウンドから伝説を始めた。

 今度は専用グラウンドもないところからの再スタートだけれど、春口さんの行くところには笑顔がある。アカデミーのポリシーは楽しむことだ。

「エンジョイラグビー。いろんな人に楽しんでもらう。そこがベースだね。スポーツの本質は遊びでしょう? 基本的に、そこに笑顔がなきゃね」

 その笑顔と同じくらい、春口さんの言葉はキラキラと輝いている。

文=多羅正崇

photograph by Masataka Tara


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索