古豪・明治大学の復活はなるか?初の連続出場、東京国際大学はシードを狙う。

古豪・明治大学の復活はなるか?初の連続出場、東京国際大学はシードを狙う。

今回で95回目を数える東京箱根間往復大学駅伝競走。2019年1月の箱根路では、23チームが健脚を競う。特色豊かな各チームが持つ、ポイントをそれぞれ紹介する。

明治大学

<予選会5位> <前回大会不出場> 2年ぶり60回目

リスタートを期す明大。
選手達に求めたい「M」のプライド。

文=生島淳

 スターティング・オーバー。

 今季は、明治大学にとって「仕切り直し」のシーズンとなった。

 前回大会は、予選会で主力のひとりである三輪軌道(当時2年)がアクシデントにより途中棄権するなど、13位に沈み、箱根駅伝出場を逃してしまった。

 誰も予想していなかった結果。この日からが明治大学の再出発になった。

 2018年4月には、旭化成のコーチを経て、2017年から長距離ブロックのコーチを務めていた山本佑樹氏が新監督に就任。

 10月13日に行われた予選会では5位に入って、2年ぶりに紫紺に「M」のユニフォームが箱根路へ戻ってくることになった。

エースの自覚が芽生える阿部。

 生まれ変わったチームの中で、エースとしての輝きを見せているのが阿部弘輝(3年)だ。関東インカレの5000mで3位、日本選手権でも5位に入るなど、いまやトラックのスピードならば学生トップレベルの走りを見せる。

 阿部はロードシーズンに入っても好調を維持。予選会でも高速の先頭集団でレースを進め、15kmまでは5kmごとのラップを14分台で刻み、個人で8位に入った。

 1年ぶりの駅伝となった全日本大学駅伝でも実力者がそろう2区を任され、区間2位でまとめて浮上のきっかけを作り、スピードだけでなく流れを変えられる強さを身につけつつある。阿部本人もエースとしての自覚が芽生えてきた。

「往路で走るのは間違いないので、全日本のように後ろの方でたすきをもらったとしても、自分から流れを作れるように、ガンガン攻める走りをしていきたいです。箱根駅伝に向けては、コンディションの管理をしっかりやっていくことが大切だと思っています」

実績ある下級生の多さも魅力。

 明治大学が楽しみなのは、高校時代から実績のある下級生が多いことだ。前田舜平(2年)は岡山・倉敷高時代に全国高校駅伝を制覇、前田自身も4区で区間賞を獲得している。

 全日本の1区を任された鈴木聖人(1年)は、茨城・水城高出身で、昨年の全国高校駅伝ではエースの集う「花の1区」で区間5位の好走を見せている。

 ポテンシャルの高い選手は多いのだが、駅伝での経験不足が悩みの種。昨年度、今年を通してチームとして駅伝を走ったのは、全日本の2回だけだ。

 特に今年は予選会を無事通過したのち、全日本では経験と自信を得るためにも、8位以内に入ってシード権を確保したいところだった。全日本は4年生1人、3年生4人、2年生2人、1年生1人という若い布陣で臨み、7区終了時点では7位。しかし、最終8区で法政大学、城西大学に逆転を許し、特に8位の城西大学にはわずか8秒及ばない悔しい9位となってしまった。

肌で感じた駅伝の厳しさ。

 レースが終わって、山本監督も複雑な表情を浮かべていた。

「正直、選手たちの走りを見て駅伝での経験とか、自信がないんだなと改めて気づかされました」

 やはり、前回の箱根駅伝に出場していないことが、微妙な影響を今年のチームにも及ぼしている。

 ただし、手ごたえも感じたと監督は話す。

「駅伝の中での争いを経験して、選手たちはその厳しさを肌で感じたんじゃないでしょうか。トラックとは違い、駅伝ならではの頑張りが必要だと分かったはずなので、それが全日本での収穫だと思いますし、これが箱根駅伝につながっていくと思います」

 箱根駅伝で目指すのは、シード権の確保。経験不足は一朝一夕には克服できないが、山本監督はハーフマラソン、記録会を通して選手に自信を植えつけていきたいという。

 古豪復活のカギは、選手たちが自分の力を信じられるかどうかにかかっている。

 Mのプライドを取り戻せるかは、1日、1日の積み重ねにかかっている。

東京国際大学

<予選会6位> <前回大会17位> 2年連続3回目

創部8年目で初の連続出場。
新興校から、常連校へ。

文=田坂友暁

 大砲がいないなかで、創部8年目を迎える東京国際大学がここまで予選会の順位を上げてくるとは、誰が予想しただろうか。

 留学生のモグス・タイタスは1時間02分42秒の総合12位と、さほど飛び抜けた結果を残したわけではなかった。それでも予選会を6位という過去最高順位で通過し、箱根駅伝本大会への初の連続出場を決めたことで、確実に“地力”がついていることを証明した。

 チームがここまで成長したことについて、指揮を執る大志田秀次監督はこう話す。

「経験値がチームに蓄積されてきていることが大きいと思います。今回で予選会を経験した選手が10人になりましたし、今回は箱根を走った経験を持つ選手が6人います。そういった選手たちが『本当にまたあの舞台で走りたい』という気持ちを持って練習し、試合に臨んでくれました」

 予選会で上位に入った3年生の相沢悠斗、伊藤達彦はハーフマラソンの自己記録を大きく更新。特に伊藤は入学当初からエースとして期待されていた選手ながら、2年生で出場した前回の箱根駅伝でエース区間の2区を任されたものの、区間15位と振るわなかった。そのことが自身の、そしてチームの原動力になったことは間違いない。

部員3人から7年後の連続出場。

 東京国際大学の駅伝部は、2011年2月に部員3人とマネージャー1人でスタート。1964年の東京五輪にも出場した横溝三郎氏を総監督に据え、大志田監督とともにチームをいちから立ち上げた誇り高い部員たちだ。そのなかのひとり、池田大樹は2013年まで予選会を走り、最後までチームを牽引し続けた。2年目に入ると関竜大や小針旭人といった、のちにチームを箱根駅伝本大会へと導いた選手たちが入学し、徐々に力をつけていった。

 そして2015年に9位で予選会を突破して、創部から5カ年計画を謳った言葉通りに箱根路への道を切り開いたのである。初の本大会では往路を12位で走り切るも、復路ではさすがに厳しい戦いとなったが、それでも17位でフィニッシュして爪痕を残した。

 翌年は予選会で留学生のシテキ・スタンレイが走れず15位で落選するも、2017年には30歳で1年生となった渡邊和也の入部もあって再び箱根駅伝の舞台に返り咲き、そして今回は初の連続出場を果たすまでに成長を遂げた。

『PDCA』サイクルでの練習。

 チームを率いる大志田監督は“社会で通用する人材となることを目指す”ことをチームポリシーとして指導を行う。この方針は、創部当初から一貫している。

『自分で考え、自分で動く』

 目標に対して計画を立てて実行してみて、次に反省をしたら、次に何をどうすれば良いのか改善するためのプランを立て直す。まさに社会人で言うところの『PDCA』サイクルを教え込んでいるのである。

 それが今、本当の意味で実を結んだのかも知れない。大志田監督も「練習には目的と狙いがあります。それを選手たちは理解してトレーニングを積んできてくれました」と話す。

 自分たちが悔しい思いをした箱根駅伝の舞台でもう一度戦いたい。そのためには、自分たちが何をすべきかを考え、選手たちが自発的に行動してきたからこそ、予選会で6位という結果を残すことができたのだ。

いつまでも新興校ではいられない。

 横溝総監督も「選手との信頼関係を築きつつ、しっかり指導をできるのが大志田監督」と太鼓判を押す。その大志田監督は3回目の本大会に向けて、自分たちのチームの課題をこう話した。

「予選会を戦って、ある程度の成果が出ました。でも、予選会はチームで戦えますが、箱根本大会では選手一人ひとりが個人で戦わなければなりません。そのために、10000mや20kmの個々の力をつけていくことが大切。だからこそ本大会までの間も、自分にどういう練習が必要なのか、どういう練習をやりきらなければならないのかを考え、行動していくことが本大会の結果につながると思っています」

 3年生エースの伊藤、留学生のモグス・タイタスといった10000m28分台のふたりに加え、同じ3年生の相沢、真船恭輔、2年生の佐伯涼に渡邊ら、10000mで29分台の選手が揃う東京国際大学。本大会への出場が続けば、次の目標は“シード権”になることは必然だ。その大きな目標のためには、いつまでも新興校ではいられない。創部から8年で連続出場を果たすまでに急成長した東京国際大学は、今回の箱根路で彼らを中心に暴れ回ってほしいところだ。

文=箱根駅伝2019取材チーム

photograph by Yuki Suenaga


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索