久米一正がサッカー界に遺したもの。「情熱とビジネス感覚の両立を」

久米一正がサッカー界に遺したもの。「情熱とビジネス感覚の両立を」

 何から記していいのか、正直わからない。書き手として、こんな定まりもない状態で筆を執るのは失格でもある。

 ただ、彼がサッカー界で残してきた功績や存在感、そして個人的に彼に触れては感じてきた多くの感情や思いを考えると、やはり留まっていることはできなかった。

 11月23日。久米一正氏が大腸がんのため亡くなった。63歳だった。

 最後の役職は、清水エスパルスの取締役副社長兼GM。2003年から4年間強化部長を務めた古巣に、今年1月に返り咲いたばかりだった。

 サッカーの世界では、知らない人間は“モグリ”と言われるような有名人。今回の訃報には、これまで深く関わり合ってきた吉田麻也や岡崎慎司ら、数多くのサッカー選手たちも哀悼の意を表している。

 とはいえ世間的には知る人ぞ知る人間ではあるため、ここではこれまでの経歴を紹介しなければならない。

 静岡県浜松市出身。中央大から1978年に日立製作所に入り、サッカー部でプレーした。ちなみに同部での同級生でありチームメートが、西野朗前日本代表監督。彼との邂逅は、久米氏の人生に大きな影響を及ぼすことになる。

 左利きのアタッカーとして活躍し、1985年に引退。以降は日立で営業マンを務め、日々コンピューター機器などを売り歩く生活を過ごした。数年後、再び日立サッカー部にマネージャーとして戻り、チームの再興に貢献する。

 そして1991年日本サッカー協会に出向し、川淵三郎氏などとともに1993年Jリーグ開幕に向けて精力的に働いた。開幕時は初代Jリーグ事務局長でもあった。

 '90年代中盤には、柏レイソル(日立サッカー部が前身)の強化担当・GMに就任。1996年アトランタ五輪でブラジルを破るマイアミの奇跡で西野監督が一躍有名人になった頃だった。

柏で体験した栄光と蹉跌。

 しかし、大会後の日本サッカー協会の西野監督に対する評価が思いのほか低かったことで、久米氏はかつての同僚に「こっちへ戻ってきたらどうだ」と誘う。そして西野監督は柏のコーチに就き、翌年には監督に就任。ここから1999年のナビスコカップ制覇や2000年のリーグ優勝争いなど、久米・西野のタッグはJリーグのメインステージへと上り詰めていった。

 しかし翌2001年、チームの成績は急降下。西野監督は解任されることになった。それを告げたのは、長く同じ釜の飯を食べてきた久米氏だった。奇しくも、今年久米氏と会食した際に、当時の裏話を明かしてくれた。

「西野はあのシーズン、日立の役員の前で優勝宣言をした。優勝の二文字は、重たい。それを言ったことで、クラブのフロントの期待とともにその言葉に対する責任を重ねたわけで。

 しかし、結局1stステージの成績が振るわなかった。開幕戦から躓いたと記憶しているけど、あの時は岡田(武史)が率いていたコンサドーレ札幌と、高知で大雨の中の試合だった。カウンター一発で失点して敗戦。そこからガタガタと転落してしまった。

 そうなると、だんだんフロントや役員も『優勝』という言葉をもとにプレッシャーをかけてくる。そんなに悪い成績ではなかった。でも優勝に比べると劣る。結局上からのお達しで、西野は解任になった。西野は古くから日立にいた人間なので、社内でも賛否両論あった。ただ自分は当時、立場上では彼を切る側にいたからね……」

西野氏に言われた「久米、お前はいいよな」。

 この時、監督を退く西野氏から言われた一言が、久米氏の人生を動かすことになる。

「久米、お前はいいよな。会社という帰るところがあって(当時久米氏は日立からの出向)。俺はプロだから、そうはいかない」

 愚痴っぽくも聞こえるが、それはむしろGMと監督という乾いた関係性ではなく、同級生・同僚として西野氏が思いを吐露した瞬間でもあった。数年後、その言葉を起点に久米氏は発起する。

「あの言葉は、当時からずっと耳にこびりついている。でも西野の一言で『俺も何かあったときはスパッと辞めて、サッカーの道一本で食べていく』という思いにさせてくれた」

 2003年、久米氏は故郷静岡の清水エスパルスの強化部長に、プロ契約で就任した。親会社やスポンサー企業からの出向者ではない。のちに日本有数の“プロの強化屋”と呼ばれる久米氏の誕生である。

初優勝で見せたクシャクシャな表情。

 低迷していた清水に、どんどん新鮮な風を送り込んでいく。2005年にはクラブOBの長谷川健太を監督に招聘し、さらに毎年大学・高校の注目株の選手を次々と呼び寄せていく。岡崎慎司を高卒で清水に加入させたのも、久米氏だった。

 その後2008年には、手腕を評価される形で名古屋グランパスのGMに就任する。時はクラブのレジェンド、ドラガン・ストイコビッチ監督体制が始まるシーズンで、現場をピクシーが、フロントを久米氏が担当してクラブは上昇気流に乗った。

 2010年。名古屋にとって初となるリーグ優勝は、久米氏にとっても念願の初制覇だった。柏、清水時代もあと一歩のところで届かなかった戴冠。クシャクシャな表情で笑いながら祝杯をあげる、あの時の久米氏の姿が忘れられない。

 その後は日本サッカー協会の技術委員も任され、2014年には西野氏を名古屋の監督に招き入れ、再タッグを結成した。さらに2015年には名古屋の社長に。トヨタ自動車出身以外の人間では初めてのことだった。最後は成績が下降し、チームのJ2降格が決定した2016年末で名古屋を退団。昨年1年の休養を経て、今年から再び清水の要職を任されていた。

 西野氏とのドラマや経歴を振り返るだけでも、太くて濃いサッカー人生を歩んできたことがわかる。

 ではなぜ、久米氏がここまでの大きな存在感を発揮し続けることができたのだろうか。

闘莉王を心酔させた“人たらし”。

 その理由は、いくつもあると思う。私が思うに、彼にとってこの仕事は天職だったのではないだろうか。

 まず、話術に長けている。口八丁という意味ではない。硬軟織り交ぜながら、時に近づき、時に牽制しては絶妙な距離で相手を説いていく。

 私が久米氏と出会ったのは、サッカー専門新聞『エルゴラッソ』の名古屋担当を務めていた2008年。当時駆け出しの記者だった自分は、百戦錬磨の久米氏にとってはどこの馬の骨かもわからない単なる若輩者だった。ただ、最初は緊張しっぱなしだったものの、若気の至りでどんどん久米氏に近づいていくと、いつしか1人の記者として扱ってもらえるようになった。

 親子程の年の差である。事実、久米氏と私の父は同じ昭和30年生まれだ。そんな記者に対しても、柔らかい表情を見せ、扱い注意のネタなどが話題の時には鋭い眼光でこちらを覗いてくる。その真剣さは、誰とでもわけ隔てなく膝を突き合わせて、真正面で話す準備と姿勢を持ち合わせていたことの裏返しだった。

 久米氏に口説き落とされた有名選手は数多い。後に、当時の話をいろいろな選手に聞いてみると、「久米さんは熱いし、人をよく見ている。そこに惚れてしまった」、「久米さんは、“人たらし”だと思う」といった声が並ぶ。

 2010年に浦和から名古屋に加入し、見事優勝に導いた田中マルクス闘莉王。彼が最初の会見で、「名古屋にタイトルをもたらすために、そして久米さんを男にするためにここに来た」と言い放ったのが懐かしい。

数字に強い、という特殊能力。

 話し上手だけではない。久米氏の武器は、数字に強かったことだ。

 選手獲得や年俸交渉。そうしたデリケートな舞台で、久米氏はすぐに頭の中を巡らせ数字を叩き出していく。いわゆる、即座にそろばんを弾ける人間である。

 また評価を数値やデータで明示する彼の方法は、選手側からすれば金銭交渉の場などではなかなか異議を唱えることが難しいぐらいにスキがないものだった。

 それまでは、イメージや印象評価で自身の価値をつけられることが多かった選手も、プレー面だけでなく日々の行動や生活面もすべて点数化して見せていく久米氏のやり方に、戦々恐々としていたこともあった。

 日本サッカー協会の技術委員時代の話である。2015年2月に八百長疑惑によりハビエル・アギーレ元日本代表監督が解任されると、技術委員会はすぐに後任探しに奔走することになった。結局、周知の通り後任にはヴァイッド・ハリルホジッチ元監督が就くことになったが、当時メディアでも情報が錯綜した様々な監督候補について、技術委員だけが集まって議論した夜があった。

 都内の料理店で集まり、シビアな話が続く中、1人数字に強い久米氏は候補者それぞれの想定年俸をその場で叩き出し、全員に比較させていったという。

「例えばこの監督を呼ぶとなれば、こんな高額の給料を払わないといけない。こんなの現実的ではない」

 そんな風に説得力を持った言葉で話す姿が簡単に想像できる。

面と向かって伝えられた最後の言葉。

 久米氏の体調がすぐれないという噂を、最近はよく耳にしていた。私自身も、実は久米氏の変化に少しずつ気づいてはいた。

 今年のはじめ、名古屋で馴染みにしていたレストランでばったり遭遇した時に、その表情にはあまり英気がないように見えた。思わず「体調大丈夫ですか」と聞いたものの、久米氏はいつものように「何いってんの、ちょっとだけ休んでいたけどもう元気だから!」とこちらの心配をはねのけた。

 最後にゆっくり時間を過ごしたのは、ロシアW杯直前のことだった。西野氏が代表監督として戦うことになり、あらためて静岡まで話を聞きに行った。コーヒーを飲み、その後中華料理屋に移り話し続けた久米氏。ただ、いつもは生ビールに焼酎と大好きだったお酒も、ビール瓶から注がれた小さなグラス一杯しか口にしなかった。運ばれてくる料理も、少し食べては箸を置く。

 たくさんの楽しい話といつもの心遣いに感謝の思いだったが、明らかに以前の姿ではなかったことに、とても胸が詰まる思いがこみ上げてきたことを覚えている。もちろん、病気のことをこちらから切り出すことなど、できなかった。

「ホテルまで送るから」と言われ、同じ車に乗り込んだ。雑談も10分ほどして、すぐに到着。車を降りた。窓越しに言われた一言。「西ちゃん、これからもいい記事頼むよ。また行こうね」。これが、久米氏から面と向かって伝えられた最後の言葉だった。

情熱とビジネス感覚の双方が必要なのだ。

 個人的な話も交じってしまったが、どうかお許しいただきたい。なにせ、実は私の結婚式にも出席していただいた、感謝のたえない人物でもある。選手や監督と違い、普段世間には出ない立場の人間。

 だからこそ、故人のご冥福をお祈りする記事であると共に、我々記者や関係者とどんな接し方をしてきたかを紹介することで、読者の皆さんに久米氏の人間らしさが伝われば幸いである。

 チームを強化する。選手を獲得する。そこにさまざまな競争や駆け引きが存在するのは、どの世界も変わらない。勝負の世界には、清濁両方が隣り合わせ。濁ってばかりでは、勝利の女神は微笑まない。清く突き進むばかりでは、強豪ひしめく戦いを制することはできない。

 久米氏は愚直で、したたかだった。清濁併せ呑む。その両面がしっかりと相交わっていたからこそ、サッカー界におけるプロGMの先駆者に成り得た。優しくて、強い。そんな人間に、人は集まってくる。彼が以前記した著書の題名は、『人を束ねる』。まさに、生き方そのものだった。

「優れた後任を育てたい」という熱意も持っていた。最近ではサッカー畑しか知らずにフロント職に就く者もいる。ビジネス界での常識だけを携えてサッカー界に移る者もいる。

「サッカー人としての情熱。そしてビジネスマンとしての感覚。どちらが欠けても、この仕事(GM)は成功しない。この世界は、そんなに簡単じゃない」

 あまりにも早すぎる最期を迎えた久米一正が、後世のサッカー界に遺したかった言葉だったように感じている。

文=西川結城

photograph by AFLO


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索