ガンバの逆襲は「簡単ちゃう」。今野と遠藤の後継者を今度こそ。

ガンバの逆襲は「簡単ちゃう」。今野と遠藤の後継者を今度こそ。

 新たに招いたブラジル人監督による低迷と、火中の栗を拾う格好で急遽、監督に就任したクラブのOB。クラブ史上初のJ2降格という、究極のバッドエンドに終わった6年前のストーリーをなぞるような形で進んだ2018年のガンバ大阪だったが、結末だけは対照的な形で、2度目の悲劇は免れた。

 クラブタイ記録となる9連勝を飾った11月24日の長崎戦は、激動のシーズンにおけるホーム最終戦。パナソニックスタジアム吹田では、サポーターへの感謝を伝える恒例のセレモニーが行われていた。

 大ブーイングで迎えられた山内隆司社長のあと、マイクを握った宮本恒靖監督は「我々は来シーズン、このピッチでもっとレベルの高いことをやります」と力強い口調で言い切った。

「約束ごとなし」「戦力なし」「体力なし」というないない尽くしの中でチームの指揮を託された若きレジェンド監督は、9月以降、今野泰幸の戦線復帰とアジア大会で不在だったファン・ウィジョの再合流を追い風に、見事にチームを立て直す。

 Jリーグ史上例を見ない熾烈な残留争いの中で、ガンバ大阪は21年ぶりとなる9連勝を達成。当時首位を走っていた広島や、川崎、浦和など上位陣をことごとく打ち破って積み上げたタイ記録が、ケチのつけようがない快進撃だったのは事実である。

「そんな簡単ちゃうと思います」

 しかしながら、宮本体制での2年目に、今季のスローガンだった「奪還」を期待するのは時期尚早というものだ。

 12月2日の解団式後、番記者たちに今季の手応えを問われた若き指揮官は、いわば「火事場の馬鹿力」的な勢いに後押しされた9連勝についても、浮つくことなく、こう言い切った。

「残留に向けて皆がパワーを持って1つの方向を向いてやったからこそ出たものもある。来シーズンはまた違うものになる」

 そして、自らに言い聞かせるように、大阪弁でこう続けるのだ。

「(来季は)そんな簡単ちゃうと思います」

今野と遠藤のバックアップが急務。

 2015年の宇佐美貴史を最後にエースストライカーが不在だったが、今季は2年目のファンが16ゴールを叩き出し、ベストイレブンにも選出。待望の絶対的エースの座を確立したのは来季にとっての希望である。と同時に、レヴィー・クルピ前監督が頭を悩ませ続けた懸案事項に対し、チームが未だに道筋をつけられていないのも事実である。

「今野が帰ってくること、それ自体が選手やチームに安定感をもたらす」と指揮官が手放しで今野を評価するのは無理もないことだ。しかし、そのバックアッパー不足がチームのアキレス腱になっているのはクルピ政権当時から変わりはない。

 8月から強化の最前線に立つ松波正信強化アカデミー部長兼アカデミーダイレクターもボランチへのテコ入れを示唆していた時期があったが、現状では今野と遠藤保仁の代役として期待されるのは仙台からのレンタルバックが決定した矢島慎也と「宮本チルドレン」の1人、高宇洋のみである。

今野と遠藤の大きすぎる存在。

「今ちゃんが復帰してから、ヤット(遠藤)さんのパフォーマンスが上がった」(オ・ジェソク)

 今野の戦線復帰に伴って、本来の組み立て役に専念した遠藤も随所でハイパフォーマンスを披露したものの、来年の1月で今野は36歳、遠藤に至っては39歳を迎えることになる。

「僕のキャリアで最大の怪我。治らなかったら引退するしかないと思っていたし、そりゃ、今季は悩みましたよ」と、手術した右足首の痛みと戦いながら体を張り続けた今野。そして、毎年「オレ流」の調整で尻上がりに調子を上げる遠藤。

 ガンバ大阪という枠組みを超え、Jリーグ史に名を残すであろう鉄人たちから即ポジションを奪うのが至難の業であるのは事実だが、2人に代わりうる選手の台頭はもはや、不可欠だ。

高「今さんと僕とでは何が違うのか」

 とりわけ守備重視のプリメイロ(第1)・ボランチとして期待がかかるのはプロ3年目を迎える高である。

「トップで一緒にやらせてもらって、改めて今さんとヤットさんの凄さが分かりました。ただ、僕にとっても来年は勝負の年。あの2人を脅かさないといけない」と言い切るその目はギラついていた。

 一向にチャンスをもらえなかったクルピ前監督に「自分に何が足りないのか教えてほしい」と直訴したり、遠藤とコンビを組んだ際には「今さんと僕とでは何が違うのか」と尋ねたり、向上心と野心の塊である高の独り立ちは、来季のガンバ大阪の鍵を握っている。

「瞬間最大風速」を超えるために。

 クルピ前監督時代は不当な評価を受け続けた矢島にとっても、真価を見せるべきシーズンになるはずだ。遠藤のバックアッパーとして期待されている彼にとり、幸いなのは宮本監督の存在である。

 ブラジル人指揮官からは戦力にならないと早々に見なされ、ガンバ大阪U-23のオーバーエイジ枠としてJ3のピッチに立ち続けた。奇しくも高とボランチコンビを形成した5月6日の沼津戦は、2人がそれぞれの持ち味を存分に出した一戦だった。

 リーグ最少失点の沼津に対して3−0で快勝。ボランチのポジションで絶妙な縦パスを連発した矢島について指揮官は「ボランチでやっているときのボール奪取であったり、ゲームを動かす力であったり、IQというか、サッカー感覚の良さが出ると改めて感じた」。

 浦和から大阪へやってきた直後、矢島は「ガンバはビッグクラブ。ここで試合に出ながら、成長したい」と決意表明していた。

 ガンバ大阪は、前線に多士済々のアタッカーを揃え、生命線である2列目についてもブレークした小野瀬康介や、新加入の田中達也など層の厚みを見せ始めている。

「瞬間最大風速」の凄みは9連勝中に証明済みだが、長丁場のシーズンを乗り切る上でやはり、鍵を握るのはボランチ陣の底上げである。

 36歳の守備の達人と、39歳のパス職人におんぶに抱っこでは、「奪還」はとてもおぼつかない。

文=下薗昌記

photograph by J.LEAGUE


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索