曹監督「勝てないのは楽しくないよ」湘南は勝つためにスタイルを貫く。

曹監督「勝てないのは楽しくないよ」湘南は勝つためにスタイルを貫く。

 湘南スタイルは、ついに第2章へ突入した。

 2012年にヘッドコーチから昇格した曹貴裁監督のもとで、湘南ベルマーレはくっきりとした個性を身に付けていった。豊富な運動量を土台に数多くの選手が攻守に関わり、試合終了のホイッスルを聞くまでアグレッシブな姿勢を貫くサッカーは、Jリーグ黎明期に“湘南の暴れん坊”と呼ばれたベルマーレ平塚当時の遺伝子を取り戻すものであり、いつしか湘南スタイルと呼ばれるようになった。

 他クラブと一線を画すベルマーレのサッカーは、対戦相手の監督や選手にも評価されるものである。観る者を惹きつける引力は、J1の強豪にも決して見劣りしない。

 それだけに、歯がゆかったはずである。

 曹監督とともに初めてJ1に挑んだ'13年は16位でJ2降格となり、1年でJ2へ逆戻りしてしまった。2度目のJ1昇格を果たした'15年は8位に食い込むものの、翌年は17位に沈んだ。

 湘南スタイルは勝つための手段だ。試合内容がどれほどスリルに満ちていても結果が伴わなければ、曹監督は、選手たちは、満足することができない。チームの戦いぶりを評価するファン・サポーターを、心の底から喜ばせることもできない。

「勝てないのは楽しくないよ」

 3度目のJ1挑戦となる'18年こそ、湘南スタイルを結果へ結びつける──。

 シーズンインを告げる1月の新体制発表会見で、曹監督は明確なメッセージを発信した。

「勝利を究極に追求するチームにしたいですし、選手たちには『勝てないのは楽しくないよ。湘南はこういうスタイルで見ている人たちがわあって騒いでくれても結局は勝ってないでは、究極の喜びにはつながらないよ』という話をしたんです」

 リーグ戦ではスタートダッシュをかけられず、優勝争いにも絡めなかった。その一方で、J2降格やJ1参入戦のゾーン=16位以下まで順位を下げたことは一度もない。

苦手の相手から次々と勝点3。

 成長を感じさせる勝利もつかんだ。4月7日の第6節で、鹿島アントラーズに2−1で競り勝った。'16年のJ1で連敗を喫し、通算でも7勝1分16敗と大きく負け越していた相手から、勝点3をもぎ取った。

 4月25日の第10節では、J1リーグ戦で過去8戦連続未勝利(1分7敗)だったガンバ大阪を1−0で下した。2点目を取りきれないとの課題は残ったものの、しぶとくつかんだ勝点3である。

 3日後の第11節でも、劣勢のデータを覆す。J1リーグ戦で'97年から1分12敗の浦和レッズを、1−0で退けたのである。

 レッズはオズワルド・オリヴェイラ監督が就任したばかりで、チームの再建途中だった。相手のチーム状況は良くなかったが、ベルマーレからすると予想の立てにくい試合だった、と言うことができる。レッズには11月の再戦でも2−1で勝利し、4月の勝利が時機に恵まれただけではなかったことを証明してみせた。

湘南スタイルはタテだけじゃない。

 リーグ戦と並行して行われたルヴァンカップでは、頂点まで駆け上がった。ヴィッセル神戸、サガン鳥栖、V・ファーレン長崎とのグループステージを2位で勝ち抜くと、ノックアウトステージではベガルタ仙台を2試合合計4−3、前年覇者のセレッソ大阪を同5−2で退け、柏レイソルとの準決勝はPK戦の末に勝利をつかんだ。

 横浜F・マリノスとのファイナルは、前半36分の得点を守りきった。「湘南スタイルと言われるものはタテに速いだけじゃなくて、最後しっかり身体を張って相手のシュートをブロックするということも含めて包括的なもの、もしくはもっと原則的なものだと思っています」とは試合後の曹監督だが、クラブ創立50周年の節目を彩る24年ぶりの3大タイトル獲得は、サッカーの原理原則を徹底的に突き詰めた結実と言うことができた。

 2018年はオフザピッチの環境整備も進んだ。4月にRIZAPグループが経営に参画し、ダイエット事業で培われたノウハウが選手のパフォーマンスやコンディション向上に生かされている。'18年からの3年間で少なくとも10億円の投資も約束されており、資金的にもJ1で継続的に戦っていける準備が整ってきた。

曹体制はマンネリとは無縁。

 その結果として今オフは、J1定着の阻害要因となっていた主力の流出を避けながら、即戦力の補強を進めている。清水エスパルスからブラジル人センターバックのフレイレを、ジェフ千葉から195cmの長身CF指宿洋史を完全移籍で獲得し、レッズから武富孝介を期限付き移籍で迎え入れた。また、'16年から期限付き移籍でプレーしてきた岡本拓也も、レッズからの完全移籍が発表されている。

 '19年は曹監督とともに戦う8度目のシーズンとなる。J1の18クラブでは反町康治監督(松本山雅FC)と並んで最長となるが、ベルマーレはマンネリズムと無縁だ。

 日々のトレーニングに全力で取り組み、チームメイトと互いを高め合いながら成長していくことが、湘南スタイルの本質だからである。魅せるだけでなく結果を残すことへのこだわりを育み、実際にタイトルを手にしたチームは、新たな野心を胸に秘めてシーズンインを待つ。

文=戸塚啓

photograph by J.LEAGUE


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索