錦織圭、2019年は勝負のシーズン。テニスの「29歳」という分岐点。

錦織圭、2019年は勝負のシーズン。テニスの「29歳」という分岐点。

 テニス選手のオフシーズンは短い。

 つい先日、日東ATPファイナルズの激闘が繰り広げられていた、そんな感覚だが、12月31日には早くも2019年シーズンの大会が幕を開ける。

 11月のデビスカップ決勝を戦い、開幕戦に出場するマリン・チリッチ(クロアチア)のオフはわずか5週間。そのほかほとんどの選手は8週間程度しかオフがない。

 この期間に選手がやることは多種多様だ。家族との時間を持つ者も、バカンスに出る者も、エキシビションで世界を回る者も、普段できないトレーニングに明け暮れる者もいるが、そのいずれにしても十分な時間を取れているとは思い難い。

 2019年シーズンはまだ試合こそないが、もう始まっている。このオフ期間にどれだけ準備できたかが新シーズンの序盤戦を左右すると言っても過言ではない。

シードの恩恵とタイムリミット。

 錦織圭の新シーズンがスタートした。例年であれば1月1週目のブリスベン国際からシーズンを始めることが多かったが、今回ハワイでのエキシビションに初参加。ミロス・ラオニッチ(カナダ)を破って優勝と、例年以上の早い仕上がりを見せている。

 それもそのはず、今年は勝負の1年だ。

 錦織の2018年は、まずケガで落ち込んだランキングを戻すことが最優先事項だった。結果的に、主要大会での上位進出が後押ししてトップ10復帰を決めることができた。上出来だったと言えよう。

 この結果、昨年のマドリードオープンで起こった、1回戦からジョコビッチと対戦するようなタフドローがなくなった。ようやくシードの恩恵を得られる。2019年、マスターズ、グランドスラムで優勝する準備は整いつつある。

 今年が勝負の1年になる理由はもう1つある。トップテニス選手としての1つのタイムリミットが近づいてきているからだ。

29歳という大きな区切り。

 12月29日に錦織は29歳の誕生日を迎える。つまり、20代で迎える最後のシーズンということになる。

 4年前、全米オープンで準優勝した時は「すぐにまた決勝に来られる」「次の優勝者はこの男」という声も多くあがっていたが、気がつけば時は過ぎてしまった。

 近いうちに「ベテラン」という言葉を付ける日も来る。年上のライバルたちは、ケガでランキングを落としたり、引退する者も出てきたりしている。

 テニス選手にとっての29歳は、1つの大きな区切りとなる。

 歴史上(オープン化以降)、28歳以上で初めてグランドスラム男子シングルスを制した選手は5人しかいない。2014年全豪のスタン・ワウリンカ(スイス)は28歳9カ月で優勝したが、これが5番目に年長の記録であり、優勝当時も遅咲きの優勝と評された。

30歳以上での初優勝は……。

 その他の4つの記録を振り返ってみよう。

 まず、最年長の初優勝記録は、34歳10カ月で全仏を制したヒメノであるが、これはオープン化直後の記録で、規定により20代にグランドスラムに出場できなかったことから、参考記録程度に留めておきたい。

 その次は30歳3カ月で全仏優勝のゴメスで、当時トップ10にはいたものの、これ以外のグランドスラムの最高成績はベスト8と、やや一発感のある優勝となっている。

 さらに30歳0カ月で全豪制覇のコルダは、半年後に別の大会でドーピング違反を犯しており、引退したものの現在でも疑惑の優勝として残っている。

 29歳9カ月でウィンブルドンを制したイワニセビッチは、ケガでランキングを落とし、ワイルドカードで出場して激戦をくぐり抜けた。芝コートにビッグサーブがフィットした形だった。

ズベレフら新世代が台頭中。

 このように歴史を振り返っても、30歳目前にピークを迎え、キャリア最大の大仕事をやってのけることがどれだけ難しいことかがよくわかるだろう。

 今までの事例に当てはめて、ヒメノの例を除いて30歳3カ月までがグランドスラム初優勝のタイムリミットとしよう。すると、錦織圭に残されたグランドスラム優勝のチャンスは、来年の全豪オープンまでのたった5回となる。

 そのうちの4回が今年なのだ。この1年がいかに重要かはもう説明不要だろう。大きな大会から小さな大会まで、1つ1つが大きな意味を持つことになるだろう。

 2018年の男子テニス界はノバク・ジョコビッチ(セルビア)の大復活劇が話題の中心となったが、その次に出てくる話題はアレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)を筆頭とした20歳前後の新世代の台頭だろう。

 ネームバリューや大物食いだけでなく、ついにツアーファイナルズ優勝、マスターズ優勝など、大きな大会でも最後まで彼らの名前が残るようになってきた。

 対して、25歳から29歳付近の中堅世代は伸び悩んでいる。BIG4に負け続けていたのは仕方ない、いつかは彼らの時代が来るという論調も、BIG4を倒してタイトルを手にする若手世代を見ると、もうしぼんできているように感じる。

 2019年はそんな中堅世代の逆襲に期待したい。タイムリミットが迫ってきている男たちの、がむしゃらな姿を見てみたい。錦織を筆頭に、準備はできているはずだ。

文=今田望未

photograph by AFLO


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索